○稲城市教育委員会職員の職名に関する規則

平成6年4月1日

教委規則第4号

(目的)

第1条 この規則は、稲城市教育委員会(以下「委員会」という。)が所管する市費負担職員(地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第2項に規定する職員とし、臨時的に任用された職員を除く。以下「職員」という。)の職名に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(職名の構成)

第2条 職員の職名は、職層名及び職務名による。

(職層名)

第3条 職層名は、次のとおりとする。

(1) 参事

(2) 副参事

(3) 主査

(4) 主事

(職層名の適用区分)

第4条 職層名の適用区分は、次に定めるとおりとする。

(1) 参事は、部長の職又はこれに相当する職にある職員の職層名とする。

(2) 副参事は、統括課長の職、課長の職又はこれらに相当する職にある職員の職層名とする。

(3) 主査は、係長の職若しくはこれらに相当する職、次席、副係長又は主任の職にある職員の職層名とする。

(4) 主事は、前3号に定める職員を除く職員の職層名とする。

(職務名)

第5条 職務名は、別表のとおりとする。

(法令職名)

第6条 法令に定めるところにより特別な職名を必要とする職にある職員については、この規則に定めるもののほか当該職名を使用することができる。

付 則

1 この規則は、平成6年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現に在職する職員は、第3条第5条及び別表に規定する職名を有するものとする。

3 稲城市教育委員会職員の職の設置に関する規則(昭和48年稲城市教育委員会規則第2号)は、廃止する。

付 則(平成14年教委規則第7号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

付 則(平成16年教委規則第5号)

この条例は、平成16年4月1日から施行する。

付 則(平成28年教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の稲城市教育委員会職員の職名に関する規則の規定は平成28年4月1日から適用する。

別表(第5条関係)

区分

職務名

1

事務系

一般事務、保育士

2

一般技術系

土木技術、建築技術

3

業務系

作業員、用務員、給食調理員

4

その他

委員会が指定する職員の職務名については、委員会が指定する名称をもって1の項から3の項までの職務名に代えるものとする。

稲城市教育委員会職員の職名に関する規則

平成6年4月1日 教育委員会規則第4号

(平成28年11月18日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
平成6年4月1日 教育委員会規則第4号
平成14年12月18日 教育委員会規則第7号
平成16年3月23日 教育委員会規則第5号
平成28年11月18日 教育委員会規則第4号