○稲城市立視聴覚ライブラリーの設置及び運営に関する規則

昭和60年3月28日

教委規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、稲城市の学校教育及び社会教育における視聴覚教育の振興を図るため、稲城市立視聴覚ライブラリー(以下「視聴覚ライブラリー」という。)の設置及び運営に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 稲城市立中央公民館に視聴覚ライブラリーを置く。

(事業)

第3条 視聴覚ライブラリーは、学校教育及び社会教育において視聴覚手法を活用し、学習効果を高めるため、次の事業を行う。

(1) 学校、社会教育施設、官公署、社会教育団体、市民等に対し視聴覚機材、教材(以下「機材等」という。)を供給すること。

(2) 機材等の利用に関する解説資料等を作成し、及び配布すること。

(3) 機材等の利用に関する研修を実施すること。

(4) 機材等の利用に関し相談に応じること。

(5) 機材等を収集し制作し又は補修すること。

(6) その他、視聴覚教育に関する機関、団体との連絡、協力等に関すること。

(使用期間)

第4条 機材等は、同一人が3日を越えて使用することはできない。ただし、館長が特別の理由があると認めるときは、この限りではない。

(使用料)

第5条 機材等の利用は、無料とする。

(利用の制限)

第6条 次の各号の一に該当する場合は、機材等を利用することができない。

(1) 視聴覚ライブラリーの運営上支障がある場合

(2) もっぱら営利又は宣伝のために利用すると認められる場合

(3) その他、この規則の目的に反する場合

(利用手続)

第7条 機材等を利用しようとする者は、別に定める利用手続きによらなければならない。

(損害賠償)

第8条 利用した機材等を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(雑則)

第9条 この規則の他に必要な事項は、稲城市立中央公民館長が別に定める。

附 則

この規則は、昭和60年4月1日から施行する。

稲城市立視聴覚ライブラリーの設置及び運営に関する規則

昭和60年3月28日 教育委員会規則第1号

(昭和60年3月28日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和60年3月28日 教育委員会規則第1号