○稲城市福祉事務所嘱託医設置規程

昭和46年11月1日

規則第25号

(設置)

第1条 生活保護法(昭和25年法律第144号)による医療扶助の適正を期するため稲城市福祉事務所に嘱託医2人を置く。

(身分及び委嘱)

第2条 嘱託医は、非常勤とし、市長が委嘱する。

(勤務日数)

第3条 嘱託医は、月1回以上出勤して、職務に従事する。

(職務)

第4条 嘱託医の職務は、次のとおりとする。

(1) 診療並びに給付、要否意見書の内容の審査及び指導

(2) 支払済診療報酬請求明細書の内容の検討及び指導

(3) 医療内容に関する指定医療機関との連絡調整

(4) (被)保護者の処遇に関する専門的助言、判断及び指導

付 則

この規程は、公布の日から施行する。

付 則(昭和61年規則第23号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和61年4月1日から適用する。

付 則(平成3年規則第31号)

この規則は、公布の日から施行し、平成3年4月1日から適用する。

稲城市福祉事務所嘱託医設置規程

昭和46年11月1日 規則第25号

(平成3年8月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和46年11月1日 規則第25号
昭和61年7月31日 規則第23号
平成3年8月1日 規則第31号