○稲城市民生委員推薦会規則

昭和54年6月4日

規則第9号

(目的)

第1条 この規則は、民生委員法施行令(昭和23年政令第226号)第7条の規定に基づき、稲城市民生委員推薦会(以下「推薦会」という。)に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(委員の定数等)

第2条 推薦会の委員の定数は、7名以内とする。

2 推薦会の委員の委嘱については、民生委員法(昭和23年法律第198号)第8条第2項の定めるところによる。

(副委員長)

第3条 推薦会に副委員長を置く。

2 副委員長は、あらかじめ推薦会が指定する委員をもってあて、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

(招集)

第4条 推薦会は、市長の要請により委員長が招集する。

(会議の非公開)

第5条 推薦会の会議は、公開しない。

(幹事及び書記)

第6条 推薦会に係る民生委員法施行令第6条の幹事及び書記は、それぞれ福祉部生活福祉課長が指名する者をもって充てる。

(庶務)

第7条 推薦会の庶務は、前条の幹事及び書記が処理するほか、福祉部生活福祉課において処理する。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、推薦会に関し必要な事項は、福祉部長が定める。

付 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則施行の際、現に委嘱してある推薦会の委員は、この規則により委嘱されたものとみなす。

付 則(平成25年規則第42号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(令和2年規則第22号)

この規則は、公布の日から施行する。

稲城市民生委員推薦会規則

昭和54年6月4日 規則第9号

(令和2年3月31日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和54年6月4日 規則第9号
平成25年10月1日 規則第42号
令和2年3月31日 規則第22号