○稲城市立保育園処務規程

昭和61年4月1日

訓令第2号

(事務の範囲)

第1条 稲城市立保育園(以下「保育園」という。)は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)に基づき、保育に欠ける乳幼児(以下「児童」という。)の保育に関する事務をつかさどる。

(職員)

第2条 保育園に必要に応じて次に掲げる職員を置く。

(1) 園長

(2) 副園長

(3) 主任保育士

(4) 保育士

(5) 看護師

(6) 栄養士

(7) 用務員

(8) 給食調理員

2 前項のほか、市長は必要な職員を置くことができる。

(職員の職務)

第3条 園長は、保育園を管理し、所属職員を指揮監督する。

2 副園長は、上司の命を受け、園長の職務を補佐するとともに児童の保育に従事する。

3 主任保育士は、上司の命を受け、園長及び副園長の職務を補佐するとともに児童の保育に従事する。

4 保育士は、上司の命を受け、児童の保育に従事する。

5 看護師は、上司の命を受け、施設及び児童の保健衛生の業務に従事する。

6 栄養士は、上司の命を受け、乳児の離乳食指導、献立及び調理業務に従事する。

7 用務員は、上司の命を受け、保育園の管理に必要な業務を中心に従事する。

8 給食調理員は、上司の命を受け、給食調理に従事する。

(報告事項)

第4条 重要又は異例に属する事項については、その都度上司に報告しなければならない。

(簿冊の整理)

第5条 園長は、次に掲げる帳簿等を備え、常に整理し、業務が円滑に行われるようにしなければならない。

(1) 職員名簿

(2) 出勤簿

(3) 保育事務日誌

(4) 入園者名簿

(5) 入園者健康診断書綴

(6) 児童票(保育所児童保育要録)

(7) 保育日誌

(8) 保育指導計画綴

(9) 保育週案綴

(10) 給食献立表綴

(11) 食品受払簿

(12) 消耗品受払簿

(13) 備品台帳

(14) 保健日誌

(15) 給食日誌

(16) その他必要な簿冊

付 則

この訓令は、昭和61年4月1日から施行する。

付 則(平成3年訓令第1号)

この訓令は、平成3年4月1日から施行する。

付 則(平成8年訓令第1号)

この訓令は、平成8年4月1日から施行する。

付 則(平成12年訓令第6号)

この訓令は、平成12年10月1日から施行する。

付 則(平成14年訓令第4号)

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

付 則(平成26年訓令第12号)

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

様式 略

稲城市立保育園処務規程

昭和61年4月1日 訓令第2号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和61年4月1日 訓令第2号
平成3年4月1日 訓令第1号
平成8年3月25日 訓令第1号
平成12年9月25日 訓令第6号
平成14年3月29日 訓令第4号
平成26年3月31日 訓令第12号