○稲城市あき地の環境保全に関する条例施行規則

昭和50年3月31日

規則第3号

(勧告書)

第2条 条例第4条の規定に基づく勧告は、危険な状態の除去に関する勧告書(様式第1号)によるものとする。

(命令書)

第3条 条例第5条の規定に基づく命令は、危険な状態の除去命令書(様式第2号)によるものとする。

(履行期限)

第4条 条例第5条の規定に基づく危険な状態の除去の履行期限は、命令の日から30日以内とする。

(身分を示す証明書)

第5条 条例第7条第2項に規定する身分を示す証明書は、あき地立入調査員証(様式第3号)によるものとする。

(委託)

第6条 所有者等は、自ら雑草等の除去ができないときは、市長はこれを委託することができる。この場合においては、所有者等は、雑草等除去委託申請書(様式第4号)により申請しなければならない。

(費用)

第7条 前条の規定による雑草等の除去に係る委託費は、そのつど市長が定める。

付 則

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成元年規則第21号)

この規則は、公布の日から施行する。

様式第1号

 略

様式第2号

 略

様式第3号

 略

様式第4号

 略

稲城市あき地の環境保全に関する条例施行規則

昭和50年3月31日 規則第3号

(平成元年9月11日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 環境保全
沿革情報
昭和50年3月31日 規則第3号
平成元年9月11日 規則第21号