○稲城市まちをきれいにする市民条例

平成12年3月31日

条例第14号

わたしたち市民は、清潔で美しいまちづくりをめざし、市民及び市を訪れる人々がさわやかに気持ちよくすごすため、市民一人ひとりの環境美化に対する意識が向上することを願って、自らの意見、提案によってこの条例を制定する。

(目的等)

第1条 この条例は、稲城市内(以下「市内」という。)において市民、事業者及び土地所有者(以下「市民等」という。)並びに市が協働して、市内における空き缶等、吸い殻及び一般ごみ等の散乱の原因となる投棄(以下「ポイ捨て」という。)、犬・猫のふん及び簡易広告物の放置並びにたん・つばの吐き出しを防止するため、市民等の創意による主体的な行動を推進する上で必要な事項について定め、もって清潔で美しいまちづくりを進め、安全で快適な生活環境の確保・維持に寄与することを目的とする。

2 この条例は、前項に規定する目的を達成するためにのみ適用するものであって、その適用に当たっては、本来の目的を逸脱してこれを濫用し、市民等の権利を不当に侵害するようなことがあってはならない。

(通則)

第2条 市内におけるポイ捨て、犬・猫のふん及び簡易広告物の放置並びにたん・つばの吐き出しの防止に関しては、法令に定めるもののほか、この条例の定めるところによる。

(定義)

第3条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 市民 市内に居住し、若しくは滞在する者、又は通過する者をいう。

(2) 事業者 市内で事業活動を行う者をいう。

(3) 土地所有者 市内に土地を所有し、占有し、又は管理する者をいう。

(4) 空き缶等 飲食物を収納し、又は収納していた缶、びん、ペットボトル、紙パックその他これらに類する容器をいう。

(5) 吸い殻 たばこの吸い殻をいう。

(6) 一般ごみ等 紙くず、不要となった雑誌、チューインガムのみかすその他これらに類する物のうち、空き缶等及び吸い殻以外のものをいう。

(7) 簡易広告物 はり紙、はり札、立看板等簡易に表示できるものをいう。

(8) 回収容器 空き缶等を回収する容器をいう。

(9) 公共の場所 道路、河川、公園、広場その他公の場所をいう。

(稲城市まちをきれいにする市民協議会)

第4条 市内の美化に関する啓発、指導、簡易広告物の撤去その他の活動を市とともに推進するため、稲城市まちをきれいにする市民協議会(以下「協議会」という。)を置く。

2 協議会は、その活動を推進するため、関係機関及び市民等の協力を求めることができる。

3 協議会は、市民その他関係者のうちから市長が委嘱する委員をもって組織する。

4 協議会の委員の任期は、3年とし、委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

5 前4項に規定するもののほか、協議会の委員の定数その他必要な事項は、規則で定める。

(協働の責務)

第5条 市民等及び市は、協働して、ポイ捨て、市民が飼育し、又は管理する犬・猫のふん及び簡易広告物の放置並びにたん・つばの吐き出しの防止に努めることにより、清潔で美しいまちづくりの推進を図らなければならない。

2 市民等は、自ら進んで市内の美化の推進に努めるとともに、市内の美化の推進のための活動(以下「美化活動」という。)に関する施策に協力するものとする。

(市の責務)

第6条 市は、この条例の目的を達成するため、清潔で美しいまちづくりを推進するうえで必要な施策(以下「施策」という。)を実施するものとする。

2 市は、当該施策に関する市民等の自主的な活動に対し、必要な支援を行うものとする。

(市民の責務)

第7条 市民は、市内の美化を推進するため、地域の美化活動に積極的に参加するよう努めなければならない。

2 市民は、自ら生じさせた空き缶等、吸い殻及び一般ごみ等を排出するときは、市が定める排出基準を守らなければならない。

3 市民は、犬を散歩させ、又は運動させるときは、ふんを処理するための用具を携行し、その犬が排せつしたふんを自宅に持ち帰らなければならない。

4 喫煙をしようとする者は、吸い殻入れが設置されている場所以外で喫煙するときは、吸い殻入れを携行し、これを使用しなければならない。

5 市民は、公共の場所において、たん・つばを吐き出さないよう努めなければならない。

6 市民は、公共の場所において、第12条に規定する簡易広告物を発見したときは、関係機関へ連絡するよう努めなければならない。

(事業者の責務)

第8条 事業者は、事業所及びその周辺地域においてポイ捨ての防止及び美化活動に努めなければならない。

2 ポイ捨ての原因となるおそれのある物の製造、加工、販売等を行う者は、購入者その他当該事業活動に関わる者に対し、ポイ捨ての防止に関する意識の啓発その他必要な措置を講じなければならない。

3 容器入り飲食物の販売をする者は、ポイ捨て防止を図るため、当該販売をする場所に回収容器を設置し、空き缶等の資源化に努めなければならない。

(土地所有者の責務)

第9条 土地所有者は、その所有し、占有し、又は管理する土地において、ポイ捨て並びに犬・猫のふん及び簡易広告物の放置を防止するため必要な措置を講ずるよう努めなければならない。

(市民の禁止行為)

第10条 市民は、公共の場所及び他のものが所有し、又は管理する場所にポイ捨てをしてはならない。

2 市民は、犬を散歩させ、又は運動させるときは、その犬が排せつしたふんを放置してはならない。

(事業者の禁止行為)

第11条 容器入り飲食物の販売をする者は、当該販売する場所に回収容器を設置することを怠ってはならない。

(簡易広告物の表示の禁止)

第12条 何人も、公共の場所において、青少年の健全育成及び市内の美観並びに交通の安全その他清潔で美しいまちづくりを阻害するおそれのある簡易広告物を表示してはならない。

(営利を目的としない簡易広告物の表示等)

第13条 何人も、公共の場所において、規則で定める営利を目的としない簡易広告物(以下「非営利簡易広告物」という。)を表示する場合は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 非営利簡易広告物には、当該非営利簡易広告物を表示する者の住所、氏名及び表示期間を明示し、当該表示期間を経過したときは、表示する者の責任においてすみやかに除却すること。

(2) 非営利簡易広告物を表示することにより、工作物等を傷つけ又は汚さないこと。

(3) 交通の安全の確保を阻害しないこと。

(非営利簡易広告物等の除却勧告及び命令)

第14条 市長は、第13条第2号又は第3号の規定に違反する非営利簡易広告物があるときは、当該非営利簡易広告物を表示した者に対し、これらを直ちに除却するよう勧告することができる。

2 市長は、前項の規定による勧告を受けた者が正当な理由がなくその指導に従わなかったときは、その者に対し、期限を定めて除却するよう命令することができる。

(簡易広告物の除却)

第15条 市長は、第12条の規定により表示してはならないとされる簡易広告物及び第13条第1号の規定により明示することとされる事項が記載されていない非営利簡易広告物があるときは、これらを除却することができる。

(報告及び調査)

第16条 市長は、第8条第3項に規定する容器入り飲食物を販売する者に対し、回収容器の設置及び資源化の状況について報告を求め、並びに職員をしてこれらを調査させることができる。

2 前項の規定による調査をする職員は、別に定める職員証を携帯し、関係者の求めに応じ、これを提示するものとする。

(指導、勧告及び命令)

第17条 市長は、第10条の規定に従わない者に対し、必要な指導及び勧告をすることができる。

2 市長は、前項の規定による勧告に従わない者に対し、改善するよう命令することができる。

3 市長は、前条第1項の規定による調査の結果、第11条の規定に違反する者に対し、改善するよう勧告することができる。

4 市長は、前項の規定による勧告に従わない者に対し、期限を定めて改善するよう命令することができる。

(公表)

第18条 市長は、第14条第2項又は前条第4項による命令を受けた者が正当な理由がなくその命令に従わないときは、あらかじめ当該公表をされるべき者にその理由を通知し、その者が意見を述べ、証拠を提示する機会を与えた上で、その旨を公表することができる。

(罰則)

第19条 市長は、第17条第2項の規定による命令に従わなかった者に対し、2千円以下の過料に処する。ただし、市長が指定する美化活動に参加した場合は、この限りでない。

2 市長は、第17条第4項の規定による命令に従わなかった者に対し、3万円以下の過料に処する。

(委任)

第20条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

付 則

この条例は、平成12年10月1日から施行する。

付 則(平成14年条例第23号)

(施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

稲城市まちをきれいにする市民条例

平成12年3月31日 条例第14号

(平成14年9月30日施行)