○稲城市地域保健協議会設置要綱

昭和49年10月5日

市長決裁

(設置)

第1条 市民の医療、保健問題を協議するため、稲城市地域保健協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

(所掌事項)

第2条 協議会は、次に掲げる事項について、市長の諮問に応じて審議し、答申するものとする。

(1) 健康増進事業

(2) 予防接種事業(結核予防接種を含む。)

(3) 母子保健事業

(4) その他市民の医療及び保健に関する事項

2 協議会は、前項各号に掲げる事項について、市長に意見を述べることができる。

(組織)

第3条 協議会は、委員13人をもって組織する。

2 委員は、次に掲げる者のうちから、市長が委嘱する。

(1) 稲城市医師会の推薦する医師 5人

(2) 稲城市歯科医会の推薦する歯科医師 2人

(3) 稲城市薬剤師会の推薦する薬剤師 1人

(4) 一般市民(自治会連合会、みどりクラブ連合会及び健康に係わる団体の推薦する者各1人) 3人

(5) 東京都南多摩保健所長 1人

(6) 市副市長 1人

(任期)

第4条 委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長)

第5条 協議会に会長を置き、会長は委員の互選によって定める。

2 会長は協議会を代表し、会務を総理する。

3 会長に事故があるとき又は欠けたときは、あらかじめ会長が指名する委員がその職務を代理する。

(会議)

第6条 協議会は、会長が招集する。

2 協議会は、委員の過半数以上が出席しなければ会議を開くことができない。

3 協議会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

(関係者の参加)

第7条 会長は、必要があると認めるときは、関係者を協議会に出席させることができる。

(庶務)

第8条 協議会の庶務は、福祉部健康課において処理する。

(委任)

第9条 この要綱に定めるもののほか、協議会の運営に関し、必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この要綱は、昭和49年10月5日から施行する。

付 則(昭和51年11月1日)

この要綱は、昭和51年11月1日から施行する。

付 則(昭和52年10月1日)

この要綱は、昭和52年10月1日から施行する。

付 則(昭和58年7月1日)

この要綱は、昭和58年7月1日から施行する。

付 則(昭和59年4月1日)

この要綱は、昭和59年4月1日から施行する。

付 則(平成2年4月2日)

この要綱は、平成2年4月2日から施行する。

付 則(平成2年8月1日)

この要綱は、平成2年8月1日から施行する。

付 則(平成8年7月31日)

この要綱は、平成8年8月1日から施行する。

付 則(平成9年5月14日)

この要綱は、平成9年5月14日から施行する。

付 則(平成13年3月28日)

この要綱は、平成13年4月1日から施行する。

付 則(平成18年11月21日)

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成20年3月31日)

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

稲城市地域保健協議会設置要綱

昭和49年10月5日 市長決裁

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章
沿革情報
昭和49年10月5日 市長決裁
昭和51年11月1日 種別なし
昭和52年10月1日 種別なし
昭和58年7月1日 種別なし
昭和59年4月1日 種別なし
平成2年4月2日 種別なし
平成2年8月1日 種別なし
平成8年7月31日 種別なし
平成9年5月14日 種別なし
平成13年3月28日 種別なし
平成18年11月21日 種別なし
平成20年3月31日 種別なし