○稲城市国民健康保険高額療養費資金貸付条例施行規則

昭和52年3月31日

規則第15号

(目的)

第1条 この規則は、稲城市国民健康保険高額療養費資金貸付条例(昭和52年条例第4号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めることを目的とする。

(貸付申込み)

第2条 条例第5条の規定に基づく貸付けの申込みは、別記第1号様式の申込書に医療機関の発行した、療養費の内訳がある請求書又は領収書の写を添えて、市長に申込まなければならない。

2 前項による貸付け申込みの際には、稲城市国民健康保険被保険者証を提示しなければならない。

3 貸付け申込みは、高額療養費の支給申請と同時に行うものとする。

(貸付額の端数の取扱い)

第3条 条例第6条の規定に基づく貸付金の額1,000円未満の端数があるときは、これを切捨てる。

(貸付決定通知)

第4条 市長は、第2条に規定する貸付けの申込みがあったときは、貸付けの資格要件等について審査の上貸付けの可否を決定し、別記第2号様式の通知書により申込者に通知する。

(資金の交付)

第5条 前条の規定に基づき貸付決定の通知を受けた申込者は、別記第3号様式の借用証書に、別記第4号様式の高額療養費受領委任状を添えて、市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の借用証書等の提出があったとき資金を交付する。

(貸付金の精算)

第6条 条例第8条第3項に規定する貸付金を精算する場合は、市長は不足又は超過する金額を借受人に通知するものとし、不足額については、借受人は指定期限までにその不足額を納付しなければならない、また超過額については、借受人に返還するものとする。

(届出事項)

第7条 借受人(本人死亡の場合は相続人)は、次の各号の一に該当するときは、速やかに市長に届け出なければならない。

(1) 借受人が住所又は氏名を変更したとき。

(2) 借受人が死亡したとき。

(報告)

第8条 市長は、必要と認めたときは、借受人に報告を求めることができる。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この規則は、昭和52年4月1日から施行する。

付 則(昭和62年規則第28号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和62年10月1日から適用する。

付 則(平成元年規則第21号)

この規則は、公布の日から施行する。

第1号様式(第2条関係)

 略

第2号様式(第4条関係)

 略

第3号様式(第5条関係)

 略

第4号様式(第5条関係)

 略

稲城市国民健康保険高額療養費資金貸付条例施行規則

昭和52年3月31日 規則第15号

(平成元年9月11日施行)