○稲城市押立ふれあい会館設置条例施行規則

平成18年3月16日

規則第9号

稲城市押立ふれあい会館設置条例施行規則(平成10年稲城市規則第11号)の全部を改正する。

目次

第1章 総則(第1条―第4条)

第2章 一般使用(第5条―第9条)

第3章 葬祭使用(第10条―第16条)

第4章 指定管理者による管理(第17条―第22条)

第5章 雑則(第23条)

付則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規則は、稲城市押立ふれあい会館設置条例(平成9年稲城市条例第12号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(会館の使用方法等)

第2条 葬祭を目的として使用する場合以外の稲城市押立ふれあい会館(以下「会館」という。)の使用(以下「一般使用」という。)における使用方法等は、第2章に定めるとおりとする。

2 葬祭を目的として使用する場合の会館の使用(以下「葬祭使用」という。)における使用方法等は、第3章に定めるとおりとする。

(使用の制限)

第3条 条例第6条第2項第5号に規定する会館の管理上支障があると認められるときとは、宗教活動において不特定多数の者に対して布教をする行為を含むものとする。

(遵守事項)

第4条 会館を使用するものは、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 施設内を不潔にしないこと。

(2) 印刷物を掲示し、又は配布しようとするときは、市長の承認を得ること。

(3) 物品を展示し、若しくは販売し、又は寄附金その他の募集行為をしようとするときは、市長の承認を得ること。

(4) 所定の場所以外で喫煙をし、又は火気を使用しないこと。

(5) 騒音、暴力その他の他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(6) 会館の使用を終了したときは、使用した部屋、便所、湯沸室及び施設周辺を清掃し、持ち込んだ荷物及びごみ類をすべて持ち帰ること。

第2章 一般使用

(使用の申請)

第5条 条例第6条第1項の規定により会館の使用の許可を受けようとするものは、使用する日の1月前から前日までに市長に申請をしなければならない。

(使用の許可)

第6条 会館の使用の許可は、申請の順による。ただし、当該申請が同時のときは、協議又は抽選によるものとする。

(使用の変更等)

第7条 会館の使用の許可を受けたものが、許可を受けた事項を変更し、又はその使用の取消しをしようとするときは、直ちに市長に届け出なければならない。

(使用料)

第8条 会館の一般使用の使用料は、無料とする。

(車両の制限)

第9条 催物等における資機材等の搬入を除き、会館へ車両を乗り入れてはならない。

第3章 葬祭使用

(葬祭の使用時間)

第10条 条例第4条第2項の葬祭で使用する場合の使用時間は、通夜及び告別式を含む連続する2日以内で、初日の午後2時から翌日の告別式終了の2時間後までとする。

(葬祭使用の申請)

第11条 葬祭使用を目的として会館を使用の許可を受けようとする者は、使用する日の前日までに稲城市押立ふれあい会館葬祭使用申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(葬祭使用の許可)

第12条 市長は、前条の申請があったときは稲城市押立ふれあい会館葬祭使用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

2 市長は、前条の申請があった場合において、既に第6条の規定による一般使用の許可をしているときは、前条の申請を行った者と一般使用の許可を受けた者との協議により、一般使用の許可を受けた者が稲城市押立ふれあい会館使用(変更・取消し)(様式第3号)を提出した場合に前条の申請を許可するものとする。

(葬祭使用の取消し等)

第13条 葬祭使用の許可を受けた者が、使用する日を変更し、又は使用の取消しをしようとするときは、直ちに市長に届け出なければならない。

(使用料の減免)

第14条 条例第10条の規定による使用料の減免は、次に定めるところによる。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)に基づく扶助を受けている者が使用する場合 免除

(2) 市長が特に理由があると認めた場合 減額又は免除

2 使用料の減免を受けようとする者は、稲城市押立ふれあい会館使用料減免申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(葬祭使用の遵守事項)

第15条 第12条の葬祭使用の許可を受けた者は、会館の使用に当たり次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 通夜における読経等は午後8時までに終了すること。

(2) 通夜及び告別式における読経等に拡声器その他の音響機器を使用しないこと。ただし、出棺時は、この限りでない。

(3) 霊柩車その他の葬儀に必要な車両を除き、会館へ車両を乗り入れないこと。

(4) 来客者の駐車場を確保すること。

(5) 会館の周辺には交通整理をする者を配し、交通安全に努めること。

(6) 霊柩車は普通型(洋型)を使用すること。

(7) 会館に常夜灯等の装飾をしないこと。

(8) 会館の装飾は生花のみとし、花輪は置かないこと。

(9) 告別式の終了から2時間以内に片付けを終了し、市長の確認を受けること。

(10) 葬祭使用に当たっては、市長の指示に従うこと。

(会館での宿泊)

第16条 会館での宿泊は、原則として認めない。ただし、通夜を行う日における近親者の宿泊について市長の承認を得たときは、この限りでない。

2 前項ただし書の規定により宿泊する者の寝具等は、会館を使用する者が用意するものとする。

第4章 指定管理者による管理

(指定申請書等)

第17条 条例第14条第2項に規定する申請書は、指定管理者指定申請書(様式第5号)とする。

2 条例第14条第2項の規則で定める書類は、次に掲げるものとする。

(1) 会館又はこれに類する施設の管理に関する業務実績を記載した書類

(2) 定款、寄附行為、規約又はこれらに類するもの

(3) 法人にあっては登記事項証明書

(4) 申請日の属する事業年度の直前の事業年度に係る事業報告書及び決算書又はこれらに類するもの

(5) 貸借対照表及び損益計算書又はこれらに類するもの

(6) 団体の組織、沿革その他事業の概要を記載した書類

(7) その他市長が必要と認める書類

(事業報告書)

第18条 指定管理者は、次に掲げる事項を記載した事業報告書を作成し、毎年度終了後60日以内に市長に提出しなければならない。ただし、年度の途中において条例第17条第1項の規定により指定を取り消されたときは、その取り消された日から起算して30日以内に事業報告書を提出しなければならない。

(1) 管理業務の実施状況

(2) 管理施設の利用状況

(3) 使用拒否の件数及び理由

(4) 管理に係る経費の収支状況

(5) 前各号に掲げるもののほか、管理の実態を把握するために必要なものとして市長が認める事項

(選定結果通知書等)

第19条 条例第16条の規定により指定管理者の選定をしたときは、選定されたものに対しては指定管理者選定結果通知書(様式第6号)により、選定されなかったものに対しては指定管理者不選定結果通知書(様式第7号)により、それぞれ通知するものとする。

(指定通知書)

第20条 条例第16条の規定による指定管理者の指定をするときは、指定管理者指定通知書(様式第8号)により通知するものとする。

(指定の取消し等)

第21条 条例第17条第1項の規定により指定の取消し又は管理業務の停止を命ずるときは、指定管理者指定取消通知書(様式第9号)又は指定管理者業務停止命令書(様式第10号)により、指定管理者に通知するものとする。

(指定管理者に関する読替え)

第22条 条例第12条の規定により会館の管理を指定管理者に行わせる場合においては、第4条第5条第7条第11条第12条第13条第15条及び第16条中「市長」とあるのは「指定管理者」と読替えるものとする。

第5章 雑則

(委任)

第23条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成26年規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。

付 則(平成28年規則第14号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

様式第1号(第11条関係)

 略

様式第2号(第12条関係)

 略

様式第3号(第12条関係)

 略

様式第4号(第14条関係)

 略

様式第5号(第17条関係)

 略

様式第6号(第19条関係)

 略

様式第7号(第19条関係)

 略

様式第8号(第20条関係)

 略

様式第9号(第21条関係)

 略

様式第10号(第21条関係)

 略

稲城市押立ふれあい会館設置条例施行規則

平成18年3月16日 規則第9号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第7節 地区会館等
沿革情報
平成18年3月16日 規則第9号
平成26年2月5日 規則第1号
平成28年3月29日 規則第14号