○稲城市の市道における沿道区域の指定の基準に関する条例

平成25年3月28日

条例第6号

(趣旨)

第1条 この条例は、道路法(昭和27年法律第180号)第44条第1項の規定に基づき、市道の沿道区域として指定することができる区域の基準を定めるものとする。

(沿道区域指定の基準)

第2条 市道の沿道区域として指定することができる区域は、次の各号のいずれかに該当する場合を除き、市道に接続する区域の各一側について、その路面総幅員の2分の1の範囲内とする。

(1) 道路の屈曲部であって、その中心半径が10メートル未満である場合

(2) 並木又は密生した樹木が路傍にある場合

(3) 道路に隣接して高擁壁又は特に危険な場所がある場合

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認める場合

付 則

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

稲城市の市道における沿道区域の指定の基準に関する条例

平成25年3月28日 条例第6号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第1章 土木・建築
沿革情報
平成25年3月28日 条例第6号