○稲城市体育施設条例

平成25年3月28日

条例第12号

稲城市立公園に設置する体育施設の管理運営に関する条例(昭和63年稲城市条例第14号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この条例は、スポーツ、レクリエーションその他の社会教育の振興を図り、もって市民の心身の健全な発達に寄与することを目的とする。

(設置)

第2条 稲城市体育施設(稲城市立公園条例(昭和63年稲城市条例第13号)に基づく市立公園に設置する体育施設を含む。以下「体育施設」という。)別表第1に掲げるとおり設置する。

(管理)

第3条 体育施設は、市長が管理する。

(使用時間等)

第4条 体育施設の使用時間並びに休館日及び休場日は、別表第2に掲げるとおりとする。ただし、体育施設の管理のため市長が必要と認めるときは、臨時に使用時間若しくは休館日若しくは休場日を変更し、又は休館日若しくは休場日を設けることができる。

(使用の申請)

第5条 体育施設を使用しようとするものは、別に定めるところにより、あらかじめ市長にその旨を申請し、承認を受けなければならない。

(使用の承認)

第6条 市長は、前条の申請を受けたときは速やかにこれを審査し、同条の承認(以下「承認」という。)の当否を決定しなければならない。

2 市長は、前項の審査に際し、申請が次の各号のいずれかに該当する場合は、これを承認してはならない。

(1) 公の秩序又は善良の風俗に反するおそれがあると認められるとき。

(2) 体育施設を破損又は汚損するおそれがあると認められるとき。

(3) 体育施設の管理に支障を及ぼすおそれがあると認められるとき。

(4) 集団的又は常習的に暴力その他不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が適当でないと認めるとき。

(承認の条件)

第7条 市長は、体育施設の適切な管理のため必要と認めるときは、その必要の限度において、承認に条件を付することができる。

(承認の取消し等)

第8条 市長は、承認を受けたもの(以下「使用者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、承認に付した条件を変更し、承認を取り消し、又は使用の停止を命ずることができる。

(1) この条例及びこの条例に基づく規則並びに関係法令等に違反したとき。

(2) 承認に付した条件に違反したとき。

(3) 偽りその他不正な手段により承認を受けたとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が適当でないと認めるとき。

2 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用者に対し体育施設の使用を停止させ、若しくは制限し、又は承認を取り消すことができる。

(1) 公益の確保のため、やむを得ない理由が生じたとき。

(2) 天候、災害その他の市及び使用者の責めに帰さざる理由により、体育施設の機能が失われたとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、体育施設の管理上特に必要と認められるとき。

3 市長は、前2項の措置により使用者が被った損害について、その責めを負わない。ただし、特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(使用料)

第9条 使用者は、その使用に係る料金(以下「使用料」という。)を前納しなければならない。この場合において、市長は、当該承認の日から当該使用の時までの間で、当該使用料を納めるべき期限を指定することができる。

2 前項の使用料の額は、使用時間を基礎として、別表第3に掲げるところにより算定する。

(回数使用券)

第10条 市長は、前条の規定にかかわらず、体育施設を使用しようとする者に対し、別表第4に定めるところにより、回数使用券を発行することができる。

(使用料の減免)

第11条 市長は、特別の理由があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の還付)

第12条 使用者が既に納付した使用料は、原則として還付しない。ただし、市長が相当の理由があると認めるときは、この限りでない。

(一般開放日)

第13条 市長は、第9条の規定にかかわらず、稲城中央公園総合グラウンドについて一般開放日を指定し、これを無料で市民に開放することができる。

(使用権の譲渡等の禁止)

第14条 使用者は、体育施設の使用に係る一切の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(変更の禁止)

第15条 使用者は、体育施設に特別の設備を付し、又は変更を加えてはならない。ただし、あらかじめ市長の書面による承認を受けたときは、この限りでない。

(指定管理者による管理)

第16条 市長は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第3項の規定により、体育施設の管理を法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(指定管理者が行う業務)

第17条 指定管理者は、次の各号に掲げる業務(以下「業務」という。)を行うものとする。

(1) 体育施設の維持管理及び修繕に関する業務

(2) 第5条から第8条までに規定する体育施設の使用に関する業務

(3) 第9条及び第10条に規定する体育施設(稲城長峰スポーツ広場の駐車場を除く。)の使用料等の徴収に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認める業務

(指定管理者の公募等)

第18条 市長は、指定管理者を指定しようとするときは、当該指定を受けようとするものをあらかじめ公募するものとする。ただし、この条例の目的を特に効果的に達成することができると認められる法人その他の団体があるときは、この限りでない。

2 指定管理者の指定を受けようとするものは、あらかじめ別に定める申請書に事業計画書その他必要な書類を添付して市長に提出しなければならない。

(欠格事由)

第19条 次の各号のいずれかに該当するものは、指定管理者の指定を受けることができない。

(1) 議員又は市長、副市長、教育長、法第180条の5の規定により市に設置する委員会の委員若しくは委員が代表者その他の役員となっているもの(市が出資している法人及び公共的団体等を除く。)

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が別に定めるもの

(指定管理者の指定)

第20条 市長は、第18条第2項に規定する申請があったときは、次に掲げる基準を満たすもののうちから最も適当と認めるものを選定し、議会の議決を経て、指定管理者として指定するものとする。

(1) 事業計画書の内容が市民の平等な利用を確保するものであること。

(2) 事業計画書の内容が体育施設の効用を最大限に発揮するとともに、効率的な管理ができるものであること。

(3) 事業計画書に沿った管理を安定して行う能力を有すること。

(指定管理者の指定の取消し等)

第21条 市長は、指定管理者が次の各号のいずれかに該当するときは、当該指定管理者に対し、指定を取り消し、又は期間を定めて業務の全部若しくは一部の停止を命ずることができる。

(1) 体育施設の管理又は経理に関する市長の指示に従わないとき。

(2) 前条に掲げる基準を満たさなくなったと認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、体育施設の管理を継続することが適当でないと認められるとき。

2 市長は、前項の措置により指定管理者が被った損害について、その責めを負わない。ただし、特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(指定等の公表)

第22条 市長は、第20条の規定により指定管理者を指定し、又は前条第1項の規定によりその指定を取り消し、若しくは業務の全部若しくは一部の停止を命じたときは、遅滞なくその旨を告示しなければならない。

(管理の基準等)

第23条 指定管理者は、この条例及びこの条例に基づく規則並びに関係法令等の定めるところに従い、体育施設を適正に管理しなければならない。

2 市長は、体育施設の管理に関し必要な事項について、指定管理者と協定を締結するものとする。

(個人情報の取扱い)

第24条 指定管理者は、体育施設の管理に関し知り得た個人に関する情報を取り扱うときは、漏えい、滅失又は毀損の防止その他当該情報の適切な管理のため、必要な措置を講じなければならない。

2 指定管理者及び体育施設の業務に従事している者(以下「従事者」という。)は、体育施設の管理に関し知り得た個人に関する情報をみだりに他人に知らせ、又は不当な目的に利用してはならない。指定管理者の指定の期間が満了し、若しくは指定を取り消され、又は従事者が業務を退いた後においても、同様とする。

(原状回復の義務)

第25条 指定管理者は、その指定の期間が満了したとき又は第21条第1項の規定によりその指定を取り消され、若しくは期間を定めて業務の全部若しくは一部の停止を命ぜられたときは、速やかに体育施設を原状に回復しなければならない。ただし、市長が回復の必要がないと認めるときは、この限りでない。

2 使用者は、体育施設の使用を終了したとき(第8条第1項及び第2項に規定する措置により使用を停止したときを含む。)は、速やかに当該体育施設を原状に回復しなければならない。ただし、市長が回復の必要がないと認めるときは、この限りでない。

3 前2項の場合において、指定管理者又は使用者が正当な理由なく相当の期間内に体育施設を原状に回復しないときは、市長は、当該指定管理者等に代わって体育施設を原状に回復することができる。この場合において当該指定管理者等は、当該回復に要した費用を負担しなければならない。

(損害賠償の義務)

第26条 指定管理者及び使用者は、故意若しくは過失により体育施設を損壊又は滅失し、市に損害を与えたときは、これを賠償しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、当該賠償を減額し、又は免除することができる。

(稲城長峰スポーツ広場の駐車場の管理等)

第27条 稲城長峰スポーツ広場の駐車場に駐車できる自動車は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 道路交通法(昭和35年法律第105号)第3条に規定する普通自動車のうち、車体の長さが5メートル以下であり、幅が2メートル以下であり、かつ、高さが2.1メートル以下であるもの

(2) 消防用自動車、救急用自動車又は道路交通法施行令(昭和35年政令第270号)第13条に規定する緊急自動車

(3) 市、国その他官公庁の職員が公務を執行するに当たり使用する自動車

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が駐車すべき特別の事由があると認める自動車

2 稲城市立公園駐車場の管理等に関する条例(平成24年稲城市条例第2号)第5条第7条第8条第10条から第13条まで及び第15条の規定は、稲城長峰スポーツ広場の駐車場について準用する。

(委任)

第28条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この条例は、平成25年4月1日から施行する。

(処分、手続等の効力に関する経過措置)

2 この条例の施行前に稲城市立公園に設置する体育施設の管理運営に関する条例の規定によってした処分、手続その他の行為であって、この条例の規定に相当の規定があるものは、この規定によってした処分、手続その他の行為とみなす。

付 則(平成26年条例第17号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の稲城市体育施設条例の規定は、平成26年7月1日以後に施設の使用者が納付する使用料について適用し、同日前に当該使用者が納付する使用料については、なお従前の例による。

付 則(平成26年条例第33号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年1月10日から施行する。

(準備行為)

2 この条例による改正後の稲城市体育施設条例に規定する稲城長峰スポーツ広場の管理及び運営に関し必要な行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

付 則(平成27年条例第27号)

(施行期日)

1 この条例は、平成28年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 この条例による改正後の稲城市体育施設条例に規定する稲城長峰スポーツ広場の管理及び運営に関し必要な行為は、この条例の施行の日前においても、行うことができる。

付 則(平成28年条例第28号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年3月1日から施行する。

(準備行為)

2 この条例による改正後の稲城市体育施設条例に規定する南多摩スポーツ広場多目的広場の管理及び運営に関し必要な行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

付 則(平成30年条例第22号)

(施行期日)

第1条 この条例は、公布の日から施行する。

付 則(平成31年条例第1号)

(施行期日)

第1条 この条例は、平成31年4月1日から施行する。

(稲城市体育施設条例の一部改正に伴う経過措置)

第5条 この条例の施行の日前に前条の規定による改正前の稲城市体育施設条例の規定により稲城市教育委員会に対してなされた申請その他の行為又は稲城市教育委員会がした承認その他の行為であって同日以後において市長が管理し、及び執行することとなる事務に係るものは、同日以後においては、それぞれ同条の規定による改正後の稲城市体育施設条例の規定により市長に対してなされた申請その他の行為又は市長がした承認その他の行為とみなす。

別表第1(第2条関係)

名称

位置

稲城中央公園総合体育館

稲城市長峰一丁目1番地

稲城中央公園総合グラウンド

稲城市長峰一丁目1番地

稲城中央公園野球場

稲城市向陽台四丁目1番地の1

多摩川緑地公園野球場

稲城市矢野口3750番地先

多摩川緑地公園ソフトボール場

稲城市矢野口3750番地先

多摩川緑地公園多目的広場

稲城市矢野口3750番地先

多摩川緑地公園ゲートボール場

稲城市矢野口3750番地先

稲城北緑地公園テニスコート

稲城市東長沼2997番地先

大丸公園テニスコート

稲城市大丸1097番地

城山公園テニスコート

稲城市向陽台四丁目6番地

若葉台公園テニスコート

稲城市若葉台一丁目19番地の1

若葉台公園多目的広場

稲城市若葉台一丁目24番地の1

稲城長峰スポーツ広場

稲城市長峰三丁目10番地の1

大丸第2公園プール

稲城市大丸3111番地の1

ふれんど平尾体育館

稲城市平尾一丁目9番地の1

ふれんど平尾グラウンド

稲城市平尾一丁目9番地の1

南多摩スポーツ広場多目的広場

稲城市大丸1452番地の1

別表第2(第4条関係)

体育施設の名称

使用時間

休館日又は休場日

稲城中央公園総合体育館

午前9時から午後9時30分まで

(1) 第2月曜日及び第4月曜日(当該第2月曜日又は第4月曜日が休日に当たるときは、その日以後においてその日に最も近い休日でない日とする。)

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで

稲城中央公園総合グラウンド

午前9時から午後5時まで

(1) 第2月曜日及び第4月曜日(当該第2月曜日又は第4月曜日が休日に当たるときは、その日以後においてその日に最も近い休日でない日とする。)

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで

稲城中央公園野球場

午前8時45分から午後6時45分まで

(1) 第2月曜日及び第4月曜日(当該第2月曜日又は第4月曜日が休日に当たるときは、その日以後においてその日に最も近い休日でない日とする。)

(2) 12月29日から翌年の3月31日まで

多摩川緑地公園野球場

午前6時から午後6時まで

12月29日から翌年の1月3日まで

多摩川緑地公園ソフトボール場

午前6時から午後6時まで

12月29日から翌年の1月3日まで

多摩川緑地公園多目的広場

午前6時から午後6時まで

12月29日から翌年の1月3日まで

多摩川緑地公園ゲートボール場

午前6時から午後6時まで

12月29日から翌年の1月3日まで

稲城北緑地公園テニスコート

午前6時から午後6時まで

12月29日から翌年の1月3日まで

大丸公園テニスコート

午前8時から午後6時まで

12月29日から翌年の1月3日まで

城山公園テニスコート

午前7時から午後9時まで

12月29日から翌年の1月3日まで

若葉台公園テニスコート

午前6時から午後10時まで

12月29日から翌年の1月3日まで

若葉台公園多目的広場

午前9時から午後9時まで

(1) 第2月曜日及び第4月曜日(当該第2月曜日又は第4月曜日が休日に当たるときは、その日以後においてその日に最も近い休日でない日とする。)

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで

稲城長峰スポーツ広場

午前9時から午後9時まで(管理棟に隣接する駐車場にあっては午前8時から午後9時30分まで、芝生広場及びこれに隣接する駐車場にあっては午前9時から午後7時までとする。)

12月29日から翌年の1月3日まで

大丸第2公園プール

午前9時30分から午後5時まで

7月1日から8月31日までを除く日

ふれんど平尾体育館

午前9時から午後9時まで

12月29日から翌年の1月3日まで

ふれんど平尾グラウンド

午前9時から午後9時まで

12月29日から翌年の1月3日まで

南多摩スポーツ広場多目的広場

午前8時から午後6時まで

12月29日から翌年の1月3日まで

備考 この表において「休日」とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。

別表第3(第9条関係)

1 総合体育館

名称

種類

単位時間等

使用料

稲城中央公園総合体育館

メインアリーナ

貸切 2時間50分

8,640円

個人

大人2時間50分

210円

子ども2時間50分

100円

ウエルネスアリーナ

貸切 2時間50分

4,320円

個人

大人2時間50分

210円

子ども2時間50分

100円

レクリエーションルーム

貸切 2時間50分

2,060円

個人

大人2時間50分

210円

子ども2時間50分

100円

トレーニングルーム

個人 大人3時間

310円

ランニング走路

個人

大人3時間

210円

子ども

無料

柔道場

貸切 2時間50分

1,340円

個人

大人2時間50分

210円

子ども2時間50分

100円

剣道場

貸切 2時間50分

1,340円

個人

大人2時間50分

210円

子ども2時間50分

100円

弓道場

貸切 2時間50分

1,230円

個人 大人2時間50分

210円

ちびっこプレイルーム

個人 子ども2時間50分

100円

ミーティングルーム(1)

貸切 2時間50分

1,230円

ミーティングルーム(2)

貸切 2時間50分

620円

放送室

貸切 2時間50分

1,030円

備考

1 この表において、「子ども」とは中学生以下の者を、「大人」とは「子ども」以外の者をいう。ただし、ちびっこプレイルームにおいて「子ども」とは小学生以下の者をいう。

2 市内に在住、在勤又は在学する者の人数が過半数に満たない団体の使用料は、この表に定める使用料の2倍の額とする。

3 単位時間に満たない端数は、単位時間とみなす。

4 使用者が、入場料その他これに類する料金を徴収して使用する場合において、当該使用者が支払うべき使用料は、この表に定める額の5倍の額とする。

5 トレーニングルーム及び弓道場は「大人」に限り、ちびっこプレイルームは小学生以下の者に限り、それぞれ使用することができる。

6 メインアリーナ、ウエルネスアリーナ、レクリエーションルーム及びミーティングルーム(1)については、これを2分の1又は3分の1に区分して使用することができる。この場合における使用料は、この表に定める額にそれぞれ2分の1又は3分の1を乗じた額とする。

7 トレーニングルームとランニング走路を併せて使用する者については、ランニング走路の使用料は、無料とする。

2 総合グラウンド

名称

種類

単位時間等

使用料

稲城中央公園総合グラウンド

競技場

貸切 1時間

2,370円

個人

大人1回

100円

子ども及び高齢者

無料

放送室

1時間

510円

記録室

1時間

210円

備考

1 この表において、「大人」とは中学生以上65歳未満の者を、「子ども」とは小学生以下の者を、「高齢者」とは65歳以上の者をいう。

2 市内に在住、在勤又は在学する者の人数が過半数に満たない団体の使用料は、この表に定める使用料の2倍の額とする。

3 単位時間に満たない端数は、単位時間とみなす。

4 使用者が、入場料その他これに類する料金を徴収して使用する場合において、当該使用者が支払うべき使用料は、この表に定める額の5倍の額とする。

3 野球場

名称

種類

単位時間等

使用料

稲城中央公園野球場

野球場

大人2時間

3,500円

子ども2時間

1,750円

本部室

2時間

1,030円

備考

1 この表において、「子ども」とは小学生以下の者のみを選手として構成した団体を、「大人」とは「子ども」以外の団体をいう。

2 市内に在住、在勤又は在学する者の人数が過半数に満たない団体の使用料は、この表に定める使用料の2倍の額とする。

3 単位時間に満たない端数は、単位時間とみなす。

4 テニスコート

名称

種類

単位時間等

使用料

稲城北緑地公園テニスコート

砂入り人工芝コート

1面2時間

1,030円

大丸公園テニスコート

砂入り人工芝コート

1面2時間

1,030円

城山公園テニスコート

ハードコート

1面2時間

720円

夜間照明

1面1時間

510円

若葉台公園テニスコート

砂入り人工芝コート

1面2時間

1,030円

夜間照明

1面1時間

510円

備考

1 夜間照明の使用料は、夜間照明を使用する場合に限り加算する。

2 市内に在住、在勤又は在学する者以外の者が使用する場合の使用料は、この表に定める額の2倍の額とする。

3 単位時間に満たない端数は、単位時間とみなす。

5 多目的広場

名称

種類

単位時間等

使用料

若葉台公園多目的広場

野球場

大人2時間

2,470円

子ども2時間

1,230円

サッカー場

大人2時間

2,470円

子ども2時間

1,230円

夜間照明

野球場1時間

2,980円

サッカー場1時間

1,340円

稲城長峰スポーツ広場

サッカー場

大人2時間

8,000円

子ども2時間

4,000円

フットサル場

大人2時間

6,000円

子ども2時間

3,000円

多目的室1

2時間

800円

多目的室2

2時間

800円

芝生広場

2時間

300円

サッカー場夜間照明設備

1時間

2,000円

フットサル場夜間照明設備

1時間

500円

駐車場(括弧内は大型自動車及び中型自動車の料金)

1時間未満の場合

無料(無料)

1時間以上2時間以内の場合

200円(600円)

2時間を超える場合

200円に、当該超える時間について1時間までごとに100円を加算した額(600円に、当該超える時間について1時間までごとに300円を加算した額)

24時間当たりの駐車料金の額が1,200円を超える場合(24時間当たりの駐車料金の額が3,600円を超える場合)

24時間当たり1,200円(24時間当たり3,600円)

南多摩スポーツ広場多目的広場

多目的広場

2時間

3,620円

備考

1 夜間照明の使用料は、夜間照明を使用する場合に限り加算する。

2 この表において、「子ども」とは小学生以下の者のみを選手として構成した団体を、「大人」とは「子ども」以外の団体をいう。

3 市内に在住、在勤又は在学する者の人数が過半数に満たない団体の使用料(稲城長峰スポーツ広場の駐車場に係るものを除く。)は、この表に定める使用料の2倍の額とする。

4 稲城長峰スポーツ広場の使用者が、入場料その他これに類する料金を徴収して使用する場合において、当該使用者が支払うべき使用料(稲城長峰スポーツ広場の駐車場に係るものを除く。)は、この表に定める額の5倍の額とする。

5 単位時間に満たない端数は、単位時間とみなす。

6 この表に掲げる施設は、団体使用とする。ただし、稲城長峰スポーツ広場の芝生広場については、個人で使用することができる。

7 稲城長峰スポーツ広場の芝生広場の使用料は、個人使用の場合に限り、無料とする。

8 大型自動二輪車及び普通自動二輪車に係る稲城長峰スポーツ広場の駐車場の使用料は、この表の規定にかかわらず、無料とする。

6 プール

名称

使用者の区分

単位時間等

使用料

大丸第2公園プール

大人

2時間

210円

延長1時間

100円

子ども

2時間

50円

延長1時間

20円

備考

1 この表において、「大人」とは中学生以上の者を、「子ども」とは小学生をいう。小学生未満の者は、無料とする。

2 単位時間に満たない端数は、単位時間とみなす。

7 ふれんど平尾

名称

種類

単位時間等

使用料

ふれんど平尾体育館

体育館

貸切 1時間

460円

ふれんど平尾グラウンド

グラウンド

貸切 1時間

260円

夜間照明

1時間

620円

備考

1 夜間照明の使用料は、夜間照明を使用する場合に限り加算する。

2 市内に在住、在勤又は在学する者の人数が過半数に満たない団体の使用料は、この表に定める使用料の2倍の額とする。

3 単位時間に満たない端数は、単位時間とみなす。

別表第4(第10条関係)

区分

回数使用券の額面

回数使用券の売価

A

3,300円分

3,000円

B

1,100円分

1,000円

備考 回数使用券は、稲城中央公園総合体育館又は稲城中央公園総合グラウンドを個人で使用しようとするときに限り、使用することができる。

稲城市体育施設条例

平成25年3月28日 条例第12号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成25年3月28日 条例第12号
平成26年3月27日 条例第17号
平成26年9月30日 条例第33号
平成27年12月22日 条例第27号
平成28年12月20日 条例第28号
平成30年10月1日 条例第22号
平成31年3月28日 条例第1号