○入間市樹林等の保護及び緑化の推進に関する条例施行規則

昭和60年12月25日

規則第34号

(趣旨)

第1条 この規則は、入間市樹林等の保護及び緑化の推進に関する条例(昭和60年条例第27号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(緑化の推進)

第2条 条例第3条第1項第2号に規定する緑化の推進は、次の各号に掲げるものとする。

(1) 市内の公共施設等の緑化

(2) 市民及び事業者への緑化の指導及び助言

(3) その他緑化の推進に必要な事項

(指定の通知)

第3条 市長は、条例第5条第2項の規定により通知するときは、保護樹林等指定通知書(様式第1号)により、当該所有者に通知するものとする。

(承諾書の提出)

第4条 指定所有者は、前条の規定により通知を受けたときは、保護樹林等指定承諾書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

(台帳の作成)

第5条 市長は、前条の規定により承諾書の提出があつたときは、保護樹林台帳(様式第3号)又は保護樹木台帳(様式第4号)を作成しなければならない。

(標識)

第6条 条例第7条に規定する標識は、保護樹林指定標識(様式第5号)又は保護樹木指定標識(様式第6号又は様式第7号)によるものとする。

(協議書の提出)

第7条 指定所有者は、条例第9条の規定により事前協議をしようとするときは、樹木伐採協議書(様式第8号)、地形の変更協議書(様式第9号)又は土地所有権移転協議書(様式第10号)を市長に提出しなければならない。

(届出をしない行為)

第8条 条例第9条ただし書に規定する行為は、別表左欄に掲げる区分に応じ、当該右欄に定めるところによる。

(届出書の提出)

第9条 指定所有者は、条例第10条第1項の規定により届出をしようとするときは、保護樹林等指定変更・解除届出書(様式第11号)又は保護樹林等滅失・枯死・折損届出書(様式第12号)を市長に提出しなければならない。

(届出書の通知)

第10条 市長は、条例第10条第2項の規定により通知するときは、保護樹林等指定変更・解除通知書(様式第13号)又は保護樹林等滅失・枯死・折損通知書(様式第14号)により、当該所有者に通知するものとする。

(身分証明書)

第11条 条例第11条第2項に規定する身分を示す証明書は、立入調査員証(様式第15号)とする。

(奨励金の交付対象)

第12条 奨励金の交付の対象は、条例第5条第1項による保護樹林等の所有者とする。

(奨励金の交付)

第13条 条例第12条に規定する奨励金は、年度ごとにそれぞれ次の各号により算定した額を交付するものとする。

(1) 保護樹林については、当該保護樹林の存する土地の当該年度の固定資産税及び都市計画税相当額に、当該土地の面積に1平方メートル当たり10円を乗じて得た額を加算した額とする。この場合において、1円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。

(2) 保護樹木については、1本当たり3,000円とする。

2 前項第1号に規定する保護樹林の奨励金は、年度の途中で指定又は指定変更若しくは指定解除をしたときは、月割によつて計算した額を交付するものとする。この場合において、1円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。

3 前項の場合における月数は、暦に従つて計算し、1月に満たない期間があるときは、これを1月とする。

(令2規則10・一部改正)

(奨励金の交付通知)

第14条 市長は、前条の規定により奨励金を交付したときは、保護樹林等奨励金交付通知書(様式第16号)により、当該所有者に通知するものとする。

(雑則)

第15条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成5年規則第43号)

この規則は、平成5年10月1日から施行する。

附 則(令和2年規則第10号)

1 この規則は、令和2年4月1日から施行する。ただし、様式第1号から様式第4号まで、様式第8号から様式第12号まで及び様式第14号から様式第16号までの改正規定は、公布の日から施行する。

2 改正後の入間市樹林等の保護及び緑化の推進に関する条例施行規則第13条の規定は、令和2年度以後の年度分の奨励金について適用し、令和元年度分までの奨励金については、なお従前の例による。

別表(第8条関係)

区分

条例第9条ただし書に規定する行為

保護樹林

1 次の各号に掲げる樹木の伐採

(1) 間伐、枝打ち、整枝等樹木の保育のため通常行われる樹木の伐採

(2) 枯死若しくは折損した樹木又は危険な樹木の伐採

(3) 自家の生活の用に充てるために必要な樹木の伐採

(4) 必要な測量、実地調査又は施設の保守のため支障となる樹木の伐採

2 面積が10平方メートル以下の土地の形質の変更で高さ1.5メートルを超えるのりを生ずる切土又は盛土を伴わないもの

3 土石類の採取による地形の変更が、前項の土地の形質の変更と同程度のもの

4 法令又はこれに基づく処分による義務の履行として行う行為

5 林業を営むため行う行為。ただし、次の各号に掲げる行為を除く。

(1) 森林の皆伐

(2) 土地の開墾

(3) 用排水施設(幅員が2メートル以下の用排水路を除く。)又は幅員が2メートルを超える農道若しくは林道の設置

保護樹木

1 次の各号に掲げる樹木の伐採

(1) 枯死又は折損した樹木の枝打ち、整枝等樹木の保育のため通常行われる行為

(2) 施設の保守のため必要となる支枝の伐採

(3) 法令又はこれに基づく処分による義務の履行として行う行為

(令2規則10・一部改正)

画像

(令2規則10・一部改正)

画像

(令2規則10・一部改正)

画像

(令2規則10・一部改正)

画像

画像

画像

画像

(令2規則10・一部改正)

画像

(令2規則10・一部改正)

画像

(平5規則43・令2規則10・一部改正)

画像

(平5規則43・令2規則10・一部改正)

画像

(平5規則43・令2規則10・一部改正)

画像

(平5規則43・一部改正)

画像

(令2規則10・一部改正)

画像

(令2規則10・一部改正)

画像

(令2規則10・全改)

画像

入間市樹林等の保護及び緑化の推進に関する条例施行規則

昭和60年12月25日 規則第34号

(令和2年4月1日施行)