○入間市産業廃棄物処理施設の設置等に係る周辺環境の保全に関する条例施行規則

平成16年6月29日

規則第15号

(処理施設の変更)

第2条 条例第2条第3号に規定する規則で定める処理施設の変更とは、次のとおりとする。

(1) 変更後の敷地面積が変更前の1.5倍を超えるとき。

(2) 新たに焼却施設を設置するとき。

(基準及び条件)

第3条 条例第7条に規定する規則で定める処理施設の設置等に関する基準及び条件は、次のとおりとする。

(1) 敷地及び施設に関する基準

 処理施設の敷地面積は1,000平方メートル以上とする。

 敷地の境界線(出入口部分の除く。)から2.0メートルまでの部分全体を緑地とすること。ただし、焼却を伴わない場合は、1.5メートルまでの部分全体とする。

 敷地面積に対する緑地面積の割合を20パーセント以上とすること。ただし、焼却を伴わない場合は、10パーセント以上とする。

(2) 敷地、施設及び環境配慮に関する条件

 処理する産業廃棄物のうち、市内において生じるものの割合を、原則として30パーセント以上とすること。

 産業廃棄物の保管場所には屋根を設けること。

 処理施設に隣接する土地所有者の同意を得ること。

 処理施設の稼動後2年以内に、国際標準化機構が定めた環境管理に関する国際規格であるISO14001を認証取得すること。

 焼却を伴う施設は、環境配慮設備として、雨水活用設備、太陽光発電設備、太陽熱利用設備及び廃熱利用設備のいずれかを1以上設けるものとする。

 焼却に関する情報は、関係住民等がいつでもその情報を知ることができるようにするものとする。

(予定計画書)

第4条 条例第8条第1項に規定する予定計画書は、産業廃棄物処理施設設置等事業予定計画書(様式第1号)によるものとする。

(説明会の開催等)

第5条 条例第10条第1項に規定する説明会の開催については、次のとおりとする。

(1) 説明会は、処理施設からおおむね半径2キロメートル以内の地域(以下「周辺地域」という。)内で行わなければならない。ただし、周辺地域内に説明会を開催する適当な場所がないときその他周辺地域以外の場所において説明会を開催することがやむを得ないと認められるときは、市長と協議して、当該周辺地域以外の場所において開催することができる。

(2) 事業者は、説明会において関係住民等に対し、予定計画書に記載した事項の概要を分かりやすく記載した書類、図面等を利用し、具体的かつ分かりやすく説明するように努めるとともに、条例第11条第1項の規定により意見書を提出できる旨を告知しなければならない。

2 条例第10条第2項の規定による届出は、説明会実施届出書(様式第2号)により行うものとする。

3 条例第10条第3項の規定による提出は、説明会概要書(様式第3号)により行うものとする。

(意見交換会の開催等)

第6条 条例第13条第1項に規定する意見交換会の開催については、前条第1項第1号の規定を準用する。

2 条例第13条第4項の規定による提出は、意見交換会概要書(様式第4号)により行うものとする。

(調整の申出)

第7条 条例第14条第1項に規定する調整の申出は、処理施設の設置等についての調整申出書(様式第5号)により行うものとする。

(予定計画書の変更の届出)

第8条 条例第16条第1項の規定による届出は、産業廃棄物処理施設設置等事業予定計画書変更届出書(様式第6号)により行うものとする。

(計画の廃止の届出)

第9条 条例第17条第1項の規定による届出は、産業廃棄物処理施設設置等計画廃止届出書(様式第7号)により行うものとする。

(身分証明書)

第10条 条例第19条第2項に規定する身分を示す証明書は、身分証明書(様式第8号)とする。

(雑則)

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成16年8月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

入間市産業廃棄物処理施設の設置等に係る周辺環境の保全に関する条例施行規則

平成16年6月29日 規則第15号

(平成16年8月1日施行)