○伊佐市法制審議会規程

平成20年11月1日

訓令第11号

(設置)

第1条 条例、規則、訓令等の制定又は改廃、法令の解釈等に関する重要な事項を審議するため、伊佐市法制審議会(以下「審議会」という。)を置く。

(審議事項)

第2条 審議会は、次に掲げる事項を審議する。

(1) 条例の制定又は改廃に関すること。

(2) 重要な規則、訓令等の制定又は改廃に関すること。

(3) 法令等の解釈に関すること。

(4) その他法令等に関し市長が審議を命じたこと。

(委員)

第3条 審議会の委員(以下「委員」という。)は、次に掲げる職にある者をもってこれに充てる。

(1) 副市長

(2) 総務課長

(3) 企画政策課長

(4) 財政課長

(5) 教育総務課長

(6) 法制事務を担当したことのある課長(課に相当する組織の長を含む。以下同じ。)

(7) 行政係長

(8) その他委員長が必要と認める者

2 審議会に委員長を置き、副市長をもってこれに充てる。

(平26訓令2・令2訓令1・令4訓令4・一部改正)

(職務)

第4条 委員長は、審議会を統括する。

2 委員長に事故があるとき、又は欠けたときは、総務課長がその職務を代理する。

(会議)

第5条 審議会の会議(以下「会議」という。)は、委員長が必要と認めるとき招集する。

2 会議は、委員の2分の1以上の出席がなければ開くことができない。

(審議の手続)

第6条 課長は、第2条の規定に該当する事項があるときは、その都度関係資料を添えて総務課に提出しなければならない。

2 審議会に付議される事項に関係ある職員は、会議に出席して意見を述べることができる。

(審議の省略及び書面審議)

第7条 委員長は、審議会に付議される事項が、次の各号のいずれかに該当するときは、審議会の審議を省略し、又は書面審議に付することができる。

(1) 事案が軽易であると認めるとき。

(2) 範となるべき先例があるとき。

(3) 国及び県から準則等が示されているとき。

(4) 会議を開く時間的余裕がないとき。

(事務処理)

第8条 審議会で審議した結果は、市長の決裁を受けた後、主管課長に通知する。

2 審議会の庶務は、総務課において処理する。

(その他)

第9条 この訓令に定めるもののほか、審議会に関し必要な事項は、委員長が定める。

この訓令は、平成20年11月1日から施行する。

(平成26年3月20日訓令第2号)

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

(令和2年3月25日訓令第1号)

この訓令は、令和2年3月25日から施行する。

(令和4年3月25日訓令第4号)

この訓令は、令和4年4月1日から施行する。

伊佐市法制審議会規程

平成20年11月1日 訓令第11号

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第3節 文書・公印
沿革情報
平成20年11月1日 訓令第11号
平成26年3月20日 訓令第2号
令和2年3月25日 訓令第1号
令和4年3月25日 訓令第4号