○伊佐市牛尾青少年センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成20年11月1日

教育委員会規則第49号

(趣旨)

第1条 この規則は、伊佐市牛尾青少年センターの設置及び管理に関する条例(平成20年伊佐市条例第104号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用の許可の申請)

第2条 条例第6条第1項の規定により牛尾青少年センター(以下「青少年センター」という。)の利用の許可を受けようとする者は、牛尾青少年センター利用許可申請書兼利用料金減免申請書(様式第1号)を利用しようとする日の3日前までに指定管理者に提出しなければならない。ただし、指定管理者が青少年センターの管理上特に支障がないと認めるときは、この限りでない。

(令元教委規則22・一部改正)

(利用の許可)

第3条 指定管理者は、青少年センターの利用を許可したときは、牛尾青少年センター利用許可書(様式第2号。以下「許可書」という。)を交付する。

2 青少年センターの利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、青少年センターを利用する際に常に許可書を携行しなければならない。

(減免の申請)

第4条 条例第9条の規定により利用料金の減額又は免除を受けようとする者は、牛尾青少年センター利用許可申請書兼利用料金減免申請書(様式第1号)を指定管理者に提出しなければならない。

(令元教委規則22・一部改正)

(利用者の遵守事項)

第5条 利用者は、条例で定めるもののほか、次の事項を守らなければならない。

(1) 利用の許可のない施設及び設備を利用しないこと。

(2) 所定の場所以外で火気を使用しないこと。

(3) 利用後の備品は、所定の場所に格納すること。

(4) 利用後は室内の清掃を行い、清潔整とんを保持すること。

(5) 前各号のほか、指定管理者の指示した事項

(利用者の負担)

第6条 青少年センターに備付けの器材以外の消耗器材を利用する場合は、利用者の負担とする。

(破損等の届出)

第7条 利用者は、その利用により施設又は設備を破損し、又は滅失したときは、直ちに指定管理者に届け出てその指示に従わなければならない。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、青少年センターの管理に関し必要な事項は、教育委員会又は教育委員会の承認を受けて指定管理者が別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、平成20年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の大口市牛尾青少年センターの設置及び管理に関する条例施行規則(平成20年大口市教育委員会規則第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(令和元年10月23日教委規則第22号)

(施行期日)

1 この規則は、令和2年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 新規則の規定に基づく伊佐市牛尾青少年センターを供用するために必要な行為は、この規則の施行の日前においても、新規則の例により行うことができる。

(令和3年3月25日教委規則第5号)

この規則は、令和3年4月1日から施行する。

(令元教委規則22・令3教委規則5・一部改正)

画像

(令元教委規則22・一部改正)

画像

伊佐市牛尾青少年センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成20年11月1日 教育委員会規則第49号

(令和3年4月1日施行)