○伊佐市体育施設の設置及び管理に関する条例

平成20年11月1日

条例第107号

(設置)

第1条 市民一般の体育及びスポーツその他健康で文化的な各種の集会の用に供することを目的として、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第30条の規定に基づき、次のとおり伊佐市体育施設(以下「体育施設」という。)を設置する。

名称

所在地

伊佐市総合体育館

伊佐市大口鳥巣336番地1

伊佐市体育センター

伊佐市大口鳥巣363番地3

伊佐市陸上競技場

伊佐市大口鳥巣336番地1

伊佐市陸上競技場照明施設

伊佐市大口鳥巣336番地1

伊佐市営球場

伊佐市大口鳥巣336番地1

伊佐市弓道場

伊佐市大口鳥巣363番地4

伊佐市営プール

伊佐市大口鳥巣336番地1

伊佐市テニスコート

伊佐市大口鳥巣336番地1

山野地区体育館

伊佐市大口小木原2032番地

西太良地区コミュニティ広場照明施設

伊佐市大口曽木3164番地1

羽月西地区運動場照明施設

伊佐市大口田代277番地2

針持地区運動場照明施設

伊佐市大口針持4275番地2

牛尾地区運動場照明施設

伊佐市大口牛尾298番地1

山野地区運動場照明施設

伊佐市大口山野4334番地

菱刈弓道場

伊佐市菱刈前目251番地1

本城体育広場及び照明施設

伊佐市菱刈南浦3503番地

田中体育広場及び照明施設

伊佐市菱刈重留1189番地

湯之尾体育広場及び照明施設

伊佐市菱刈川北2280番地1

湯之尾屋内ゲートボール場

伊佐市菱刈川北2146番地21

(平22条例16・平27条例20・平27条例43・平29条例7・一部改正)

(休館日)

第2条 体育施設の休館日は、次のとおりとする。

(1) 毎月第1月曜日(ただし、当該日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日となる場合はその翌日)

(2) 12月29日から翌年1月3日まで

(3) 前2号の規定にかかわらず、伊佐市営プール(以下「市営プール」という。)は、9月1日から翌年7月19日まで

2 前項の規定にかかわらず、伊佐市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、体育施設の管理上必要があると認めるときは、臨時に開館し、又は休館することができる。

(平23条例30・一部改正)

(開館時間)

第3条 体育施設の開館時間は、次のとおりとする。

(1) 午前8時30分から午後10時まで

(2) 前号の規定にかかわらず、伊佐市営プールの開館時間は次の表のとおりとする。


普通利用

専用利用

第1回目

10時から12時まで

10時から17時30分まで

第2回目

13時から15時まで

第3回目

15時30分から17時30分まで

2 前項の規定にかかわらず、教育委員会は体育施設の管理上必要があると認めるときは、開館時間を変更することができる。

(平23条例30・一部改正)

(利用の許可)

第4条 体育施設等(設備、駐車場、通路、空地を含む。以下同じ。)を利用しようとする者は、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。許可を受けた者が許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 教育委員会は、体育施設等の管理上必要と認めるときは、前項の許可をするに当たり、条件を付することができる。

(利用の制限)

第5条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、体育施設等の利用を許可しない。

(1) その利用が公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) その利用が体育施設等を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) その利用が暴力団その他集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。

(4) 前3号に掲げる場合のほか、体育施設等の管理上支障があると認められるとき。

(使用料)

第6条 第4条第1項の許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、別表に定める使用料を前納しなければならない。ただし、規則で定めるものについては、後納することができる。

(使用料の減免)

第7条 市長は、伊佐市公の施設に係る使用料等の減免に関する条例(令和元年伊佐市条例第6号)第4条の規定に該当する場合は、使用料を減額し、又は免除することができる。ただし、照明設備及び照明施設については、市が主催又は共催する行事等に使用する場合を除き、減免の対象としない。

(令元条例7・一部改正)

(使用料の不還付)

第8条 既に納入された使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。

(1) 利用者の責めに帰さない理由により利用できないとき。

(2) 利用者が利用開始前3日までに利用の許可の取消し又は変更を申し出て、市長において正当の理由があると認めるとき。

(利用の許可の取消し等)

第9条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、許可した事項を変更し、又は許可を取り消し、若しくは利用の中止を命ずることができる。

(1) 利用者が許可を受けた利用の目的又は利用の条件に違反したとき。

(2) 利用者がこの条例又はこの条例に基づく規則若しくは教育委員会の指示した事項に違反したとき。

(3) 利用者が許可の申請書に偽りの記載をし、又は不正の手段によって許可を受けたとき。

(4) 天災事変その他避けることのできない理由により必要と認められるとき。

(5) 公益上必要と認められるとき。

(6) 前各号に掲げる場合のほか、体育施設等の管理上特に必要と認められるとき。

(利用権の譲渡禁止等)

第10条 利用者は、体育施設等の利用の権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(原状回復義務)

第11条 利用者は、その利用が終了したとき、又は第9条の規定により許可を取り消され、若しくは利用の中止を命ぜられたときは、その利用した施設又は設備を直ちに原状に回復しなければならない。ただし、教育委員会の承認を得たときは、この限りでない。

(損害賠償)

第12条 利用者は、故意又は過失により体育施設等を損壊し、又は滅失したときは、それによって生じた損害を市に賠償しなければならない。ただし、市長が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成20年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の大口市体育施設の設置及び管理に関する条例(昭和49年大口市条例第12号)、菱刈町体育広場及び夜間照明施設の設置並びに管理に関する条例(昭和48年菱刈町条例第10号)、菱刈町弓道場の設置及び管理に関する条例(平成2年菱刈町条例第23号)又は菱刈町湯之尾温泉屋内ゲートボール場の設置及び管理に関する条例(昭和63年菱刈町条例第7号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成22年3月25日条例第16号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

(平成23年12月22日条例第30号)

(施行期日)

1 この条例は、平成24年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 第1条の規定による改正後の伊佐市文化会館の設置及び管理に関する条例別表の規定、第2条の規定による改正後の伊佐市菱刈環境改善センターの設置及び管理に関する条例別表の規定、第3条の規定による改正後の伊佐市菱刈野外音楽堂の設置及び管理に関する条例別表の規定、第4条の規定による改正後の伊佐市体育施設の設置及び管理に関する条例別表の規定、第5条の規定による改正後の伊佐市菱刈農業者トレーニングセンターの設置及び管理に関する条例別表の規定並びに第6条の規定による改正後の伊佐市菱刈農村公園の設置及び管理に関する条例別表の規定は、この条例の施行の日以後の利用の許可に係る使用料について適用し、同日前の利用の許可に係る使用料については、なお従前の例による。

(平成27年3月19日条例第20号)

この条例は、平成27年5月1日から施行する。

(平成27年12月18日条例第43号)

(施行期日)

1 この条例は、平成28年1月1日から施行する。ただし、交流棟(2階部分に限る。)、体育館及びグラウンドの利用に関する規定及び次項の規定については、同年4月1日から施行する。

(平成29年3月10日条例第7号)

この条例は、公布の日から施行する。

(令和元年9月26日条例第7号)

(施行期日)

1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後のそれぞれの条例の使用料又は利用料金(以下「使用料等」という。)及び使用料等の減免の規定は、この条例の施行の日以後の利用に係る使用料等及び使用料等の減免について適用し、同日前の利用に係る使用料等及び使用料等の減免については、なお従前の例による。

(令和3年9月22日条例第27号)

(施行期日)

1 この条例は、令和3年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の伊佐市体育施設の設置及び管理に関する条例の使用料の規定は、この条例の施行の日以後の利用に係る使用料について適用し、同日前の利用に係る使用料については、なお従前の例による。

別表(第6条関係)

(令元条例7・全改、令3条例27・一部改正)

1 伊佐市総合体育館

(1) 全館又は球技場(ステージを含む。)

区分

使用料(1時間当たり)

※ただし、附属設備等は除く。

専用利用

利用者が入場料等を徴収しない場合

小・中・高児童生徒

300円

一般

500円

その他の場合

3,000円

利用者が入場料等を徴収する場合

小・中・高児童生徒

800円

一般

1,500円

その他の場合

7,500円

上記使用料に、1日につき税込最高入場料に100を乗じた額を加算して得た額とする。

一部利用

卓球

小・中・高児童生徒

1台

50円

一般

100円

バドミントン(ラケット、シャトルコックは除く。)

小・中・高児童生徒

1面

50円

一般

100円

バレーボール、バスケットボール、フットサル

小・中・高児童生徒

1面

100円

一般

200円

会議室

100円

冷暖房設備

50円

附属設備等

放送設備(マイク2本付き)

一式

500円

テント

1張

500円

照明設備

1列

50円

備考

1 利用者が専用利用する場合において、入場料を徴収しないが入場料に相当する金額を徴収したと認めるとき(会費を徴収する場合、会員制度により会員を招待する場合、商品等の売上高により入場券を発行する場合その他これに準ずる場合をいう。)又は営業の宣伝その他これに類する目的をもって無料で入場させるときは、入場料を徴収したものとみなして使用料を徴収する。

注(1) 会員制により会費を徴収し、当該会員のみを入場させる催物の場合には、1月分の会費の額(月ぎめによる会費を徴収しないときは、1月分の会費に換算した額)を入場料とみなす。ただし、その金額が200円を超える場合は200円とする。

注(2) 商品等の売上げに対して入場券を発行(これに類する行為を含む。)して入場させる催物の場合には、入場券1枚を発行できる商品売上価格の10分の1に相当する金額を入場料とみなす。ただし、その金額が200円を超える場合は200円とし、50円に満たない場合は50円とする。

注(3) 上記注(1)及び注(2)の場合で、別に「入場整理料」等の名目で徴収する金額が200円を超える場合は、当該「入場整理料」等の名目の金額をもって入場料とみなす。

2 利用時間に1時間未満の端数があるときは、1時間とする。

3 その他の場合とは、アマチュアスポーツ以外、文化的催物に利用する場合(営利又は宣伝を目的とする場合)をいう。

(2) 柔道場及び剣道場

区分

使用料

専用利用

小・中・高児童生徒

1室

1時間当たり 100円

2室

1時間当たり 200円

一般

1室

1時間当たり 200円

2室

1時間当たり 400円

個人利用

小・中・高児童生徒

1人4時間以内 50円

一般

1人4時間以内 100円

備考 利用時間に1時間未満の端数があるときは、1時間とする。

2 伊佐市体育センター

全館又は球技場

区分

使用料(1時間当たり)

専用利用

利用者が入場料等を徴収しない場合

小・中・高児童生徒

200円

一般

400円

その他の場合

2,400円

利用者が入場料等を徴収する場合

小・中・高児童生徒

600円

一般

1,200円

その他の場合

6,000円

上記使用料に、1日につき税込最高入場料に100を乗じた額を加算して得た額とする。

一部利用

バドミントン(ラケット、シャトルコックは除く。)

小・中・高児童生徒

1面

50円

一般

100円

バレーボール

小・中・高児童生徒

1面

100円

一般

200円

卓球

小・中・高児童生徒

1面

50円

一般

100円

放送設備

一式

500円

照明設備

半面利用する場合

200円

全面利用する場合

400円

備考 1 伊佐市総合体育館(1) 全館又は球技場(ステージを含む。)の表備考は、本表の使用料に適用する。

3 伊佐市陸上競技場

区分

使用料

グラウンド

利用者が入場料等を徴収しない場合

小・中・高児童生徒

1時間当たり 200円

一般

1時間当たり 400円

その他の場合

1時間当たり 600円

利用者が入場料等を徴収する場合

小・中・高児童生徒

1時間当たり 1,000円

一般

1時間当たり 2,000円

その他の場合

1時間当たり 6,000円

上記使用料に、1日につき税込最高入場料に50を乗じた額を加算して得た額とする。

個人利用

小・中・高児童生徒

1時間当たり 50円

一般

1時間当たり 100円

メインスタンド

会議室(日本間)

1時間当たり 100円

合宿

1泊1人当たり 100円

照明施設

1時間当たり 200円

備考 1 伊佐市総合体育館(1) 全館又は球技場(ステージを含む。)の表備考は、本表の使用料に適用する。

4 伊佐市営球場

区分

使用料

野球競技に利用する場合

主施設

利用者が入場料等を徴収しない場合

小・中・高児童生徒

1時間当たり 200円

一般

1時間当たり 400円

その他の場合

1時間当たり 1,000円

利用者が入場料等を徴収する場合

小・中・高児童生徒

1時間当たり 800円

一般

1時間当たり 1,600円

その他の場合

1時間当たり 10,000円

附属施設

更衣室

1室1時間当たり 100円

スコアボード

1試合につき 200円

放送施設

1回につき 500円

審判用具

1回につき一式 200円

野球競技以外に利用する場合

主施設

半面

野球競技に利用する場合の主施設使用料の額の2分の1

全面

野球競技に利用する場合の主施設使用料の額

附属施設

野球競技に利用する場合の附属施設使用料の額

備考

1 1 伊佐市総合体育館(1) 全館又は球技場(ステージを含む。)の表備考は、本表の使用料に適用する。

2 この表中1回とは、8時30分から19時までの利用をいう。

5 伊佐市弓道場

区分

使用料

専用利用

小・中・高児童生徒

1時間当たり 100円

一般

1時間当たり 200円

個人利用

小・中・高児童生徒

1人4時間以内 50円

一般

1人4時間以内 100円

備考 利用時間に1時間未満の端数があるときは、1時間とする。

6 伊佐市営プール

区分

使用料

個人利用

普通利用券

(1回分)

幼児

2時間以内につき 50円

小・中・高児童生徒

2時間以内につき 100円

一般

2時間以内につき 200円

回数利用券

(12枚綴り)

幼児

500円

小・中・高児童生徒

1,000円

一般

2,000円

団体利用

30人以上

普通利用券使用料の2割引の額

専用利用

25mプール

1時間当たり 2,400円

50mプール

1時間当たり 4,800円

7 伊佐市テニスコート

区分

使用料(1時間当たり)

小・中・高児童生徒

1面

50円

一般

100円

照明施設

200円

備考 利用時間に1時間未満の端数があるときは、1時間とする。

8 山野地区体育館

区分

使用料(1時間当たり)

利用者が入場料等を徴収しない場合

300円

利用者が入場料等を徴収する場合

900円

備考 利用時間に1時間未満の端数があるときは、1時間とする。

9 大口地区運動場照明施設

区分

使用料(1時間当たり)

照明塔4基

西太良地区コミュニティ広場照明施設

800円

羽月西地区運動場照明施設

800円

針持地区運動場照明施設

800円

牛尾地区運動場照明施設

800円

山野地区運動場照明施設

300円

備考 利用者の責めに帰することができない理由により、利用時間が30分に満たないときは、その使用料は、上記の使用料の2分の1とする。

10 菱刈弓道場

区分

使用料

専用利用

小・中・高児童生徒

1時間当たり 100円

一般

1時間当たり 200円

個人利用

小・中・高児童生徒

1人4時間以内 50円

一般

1人4時間以内 100円

備考 利用時間に1時間未満の端数があるときは、1時間とする。

11 本城体育広場、田中体育広場及び湯之尾体育広場

区分

使用料(1時間当たり)

摘要

小・中・高児童生徒

100円

照明施設を利用する場合は、無料とする。

一般

200円

照明施設

800円

30分増すごとに400円を加算する。

備考

1 利用時間に1時間未満の端数があるときは、1時間とする。

2 利用者の責めに帰することができない理由により、利用時間が30分に満たないときは、その使用料は、上記の使用料の2分の1とする。

12 湯之尾屋内ゲートボール場

区分

使用料(1時間当たり)

小・中・高児童生徒

1コート

50円

一般

100円

照明施設

300円

備考 利用時間に1時間未満の端数があるときは、1時間とする。

伊佐市体育施設の設置及び管理に関する条例

平成20年11月1日 条例第107号

(令和3年11月1日施行)