○伊佐市水道課事務決裁規程

平成20年11月1日

水道事業管理訓令第2号

(目的)

第1条 この訓令は、伊佐市水道課(以下「水道課」という。)における事務処理において、決裁の権限と責任の所在を明確にすることによって、事務能率の向上を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 専決 管理者(地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第8条第2項の規定に基づき管理者の権限を行う市長をいう。以下同じ。)の権限に属する事務を常時管理者に代わって決裁することをいう。

(2) 代決 管理者又は専決権限を有する者(以下「決裁者」という。)が決裁すべき事務につき、一時決裁者に代わって決裁することをいう。

(重要事項の専決)

第3条 この訓令に定める専決事項であっても、次の各号のいずれかに該当するときは、上司の決裁を受けなければならない。

(1) 事案が重要であると認めるとき。

(2) 取扱上異例に属し、又は先例になると認めるとき。

(3) 紛議があるとき、又は処理の結果紛議を生ずるおそれがあると認めるとき。

(代決の保留及び代決後の措置)

第4条 この訓令に定める代決者は、事務の重要度及び緊急度を考え、緊急に実施する必要がないと認められるものはこれを保留し、上司の指揮を受けなければならない。

2 この訓令に定める代決は、代決をした事項について上司の登庁後直ちに文書を閲覧に供し、又は口頭で報告しなければならない。ただし、定例軽易なものについては、この限りでない。

(水道課長の専決事項)

第5条 水道課長の専決事項は、次のとおりとする。

(1) 公印の保管に関すること。

(2) 定例報告に関すること。

(3) 1件200万円未満の収入金の調定に関すること。

(4) 500万円未満の工事又は事業の執行(設計、入札及び施工を含む。)に関すること。

(5) 諸工事の検査下命に関すること。

(6) 水道料金及び手数料の減額又は免除に関すること。

(7) 水道料金その他徴収金の徴収猶予に関すること。

(8) 職員の時間外勤務及び休日勤務命令に関すること。

(9) 職員の市内出張に関すること。

(10) 職員の県内出張に関すること。

(11) 会計年度任用企業職員及び臨時的任用企業職員の雇用に関すること。

(12) 職員の研修に関すること。

(13) 職員の衛生管理に関すること。

(14) 職員の福利厚生に関すること。

(15) 人件費の支出命令に関すること。

(16) 1件500万円未満の収入支出命令に関すること。

(17) 30万円未満の予算の流用及び予備費の充用に関すること。

(18) 予定金額100万円未満の物件の購入(修繕を含む。)及び売却に関すること。

(19) 1件50万円未満の財産の取得及び処分に関すること。

(20) 予定貸借料100万円未満の土地建物の貸借契約に関すること。

(21) 使用料、手数料及び工事費の滞納処分の執行及び滞納処分の停止に関すること。

(22) 指定業者の認定に関すること。

(23) 庁内取締りに関すること。

(24) 職員の服務について、請願、届の処理に関すること。

(25) 扶養親族の認定に関すること。

(26) 職員の通勤届の確認及び通勤手当の額の決定に関すること。

(27) 会計年度任用企業職員及び臨時的任用企業職員の社会保険に関すること。

(28) 収入、支出の科目更正に関すること。

(29) 自動車の使用に関すること。

(30) 督促状の発行に関すること。

(31) 給水申込みに対する承認に関すること。

(32) 水道普及に関すること。

(33) 給水工事の検査に関すること。

(34) 指定給水装置工事事業者の資格認定及び指導に関すること。

(35) 共用栓使用者資格認定に関すること。

(36) 給水工事用資材及び量水器の検査に関すること。

(37) 工事負担金の徴収に関すること。

(38) 給水の開始及び停止に関すること。

(39) 水質検査に関すること。

(40) 道路占用許可及び交通制限の申請に関すること。

(令2水管訓令4・令4水管訓令2・一部改正)

(専決事項に明記しない事件の処理)

第6条 専決事項に明記しない事項であって軽易なものは、水道課長において処理することができる。

(管理者の事務の代決)

第7条 管理者が出張、休暇その他の事故により不在(以下「不在」という。)のときは、水道課長がその事務を代決する。

(課長の事務の代決)

第8条 水道課長が不在のときは、主管の係長がその事務を代決する。

2 主管の係長以上がすべて不在のときは、他の係長がその事務を代決する。

3 係長以上がすべて不在のときは、課長が指定した者がその事務を代決する。

この訓令は、平成20年11月1日から施行する。

(令和2年3月23日水管訓令第4号)

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

(令和4年3月30日水管訓令第2号)

この訓令は、令和4年4月1日から施行する。

伊佐市水道課事務決裁規程

平成20年11月1日 水道事業管理訓令第2号

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第11編 水道・下水道/第1章 水道事業/第1節 組織・処務
沿革情報
平成20年11月1日 水道事業管理訓令第2号
令和2年3月23日 水道事業管理訓令第4号
令和4年3月30日 水道事業管理訓令第2号