○伊佐市英語検定料助成金交付要綱

令和4年3月25日

教育委員会告示第3号

(目的)

第1条 国際社会の平和と発展に寄与する豊かな語学力やコミュニケーション能力、異文化を理解する精神等を身に付けて、様々な分野においてグローバルに活躍できる人材を育成することを目的に、公益財団法人日本英語検定協会が実施する実用英語技能検定(以下「英語検定」という。)を受験した児童及び生徒(以下「生徒等」という。)の検定料を助成することについて、伊佐市補助金等交付規則(平成20年伊佐市規則第36号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(交付対象者)

第2条 助成金の交付対象者は、伊佐市に住所を有し、義務教育の学齢で英語検定を受験した生徒等の保護者とする。

(助成金の額等)

第3条 助成金の額は、予算の範囲内において、英語検定料の2分の1の額とする。ただし、100円未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てる。

2 助成金の交付回数は、生徒等1人につき年1回とする。

(交付申請)

第4条 助成金の交付を受けようとする者は、伊佐市英語検定料助成金交付申請書(様式第1号、以下「交付申請」という。)に必要な書類を添えて、市長に提出しなければならない。

2 前項の必要な書類は、様式に定めるものとする。

3 申請期限は、英語検定を受験した日の属する年度の3月31日までとする。

(交付の決定及び額の確定)

第5条 市長は、交付申請があった場合は、当該申請に係る書類を審査し、助成金を交付することが適当であると認めるときは、伊佐市英語検定料助成金交付決定兼確定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(令5教委告示1・一部改正)

(助成金の請求)

第6条 助成金の交付決定を受けた者は、伊佐市英語検定料助成金請求書(様式第3号)を、市長に提出しなければならない。

(助成金の交付)

第7条 助成金は、申請者の指定する口座に振り込み交付するものとする。ただし、やむを得ない場合は、この限りではない。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

この告示は、令和4年4月1日から施行する。

(令和5年2月24日教委告示第1号)

この告示は、令和5年2月24日から施行する。

画像

(令5教委告示1・一部改正)

画像

画像

伊佐市英語検定料助成金交付要綱

令和4年3月25日 教育委員会告示第3号

(令和5年2月24日施行)