○石川県公告式条例

昭和二十五年八月三十一日

条例第三十二号

石川県公告式条例を、県議会の議決を経て、次のように定める。

石川県公告式条例

(この条例の目的)

第一条 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第十六条の規定に基く公告式は、この条例の定めるところによる。

(条例の公布)

第二条 条例を公布しようとするときは、公布の旨の前文及び年月日を記入してその末尾に知事が署名しなければならない。

2 条例の公布は、県公報に登載して行う。ただし、天災、事変等により、県公報に登載して公布することができないときは、県庁前の掲示場及び公衆の見易い場所に掲示してこれにかえることができる。

(昭三二条例四三・一部改正)

(規則に関する準用)

第三条 前条の規定は、規則に準用する。

(規程の公表)

第四条 規則を除く外、知事の定める規程を公表しようとするときは、公布若しくは公表の旨の前文、年月日及び知事名を記入して知事印をおさなければならない。

2 第二条第二項の規定は、前項の規程に準用する。

(その他の規則及び規程の公表)

第五条 第二条の規定は、議会の会議規則、傍聴人取締規則、その他県の機関の定める規則で公表を要するものに準用する。この場合において同条第一項中「知事」とあるのは、「当該機関又は当該機関を代表する者」と読み替えるものとする。

2 第四条の規定は、県の機関の定める規程で公表を要するものに準用する。この場合において同条第一項中「知事名」とあるのは「当該機関名」と、「知事印」とあるのは「当該機関印」とそれぞれ読み替えるものとする。

第六条 規則又は県の機関の定める規則若しくは規程は、それぞれ当該規則又は規程をもつて特に施行期日を定めることができる。

第七条 この条例に定めるもののほか、公告式に関し必要な事項は知事が別に定める。

(昭三二条例四三・追加)

附 則

1 この条例は、昭和二十五年九月一日から施行する。

2 この条例施行の際、現に従前の公告式により公布又は公表されている条例、規則その他の規程の施行に関しては、なお、従前の例による。

附 則(昭和三十二年十二月二十三日条例第四十三号)

この条例は、公布の日から施行する。

石川県公告式条例

昭和25年8月31日 条例第32号

(昭和32年12月23日施行)