○石川県事務所等庁舎管理規程

昭和三十一年一月二十日

訓令甲第四号

庁中一般

県事務所

石川県事務所等庁舎管理規程を次のように定める。

石川県事務所等庁舎管理規程

(目的)

第一条 県事務所等(元地方事務所)の庁舎及びその附属公舎並びにこれらの敷地等(以下「庁舎等」という。)の管理については、条例、規則及び他の訓令に定めるもののほか、この規程の定めるところによる。

(管理者)

第二条 県事務所の所在地の庁舎等は、県事務所長が管理しなければならない。

2 前項以外の庁舎等は、知事の指定する事務所の長が管理しなければならない。

(管理者の事務)

第三条 前条によつて、県事務所長または知事の指定する事務所の長(以下「県事務所長等」という。)の所管する事務は、概ね次のとおりとする。

 庁舎等の維持、修繕及び運営に関すること。

 庁中の取締に関すること。

 庁用電話等の管理に関すること。

 その他、他の事務所等に属しない庁舎等の管理に関すること。

(当直)

第四条 日直及び宿直は、県事務所長等が統轄し、本庁に準じて行うものとする。

2 前項の当直は、庁舎を共用する各事務所等の職員をもつて充てるものとする。

附 則

石川県財政事務所等庁舎管理規程(昭和二十七年訓令甲第十号)は、廃止する。

石川県事務所等庁舎管理規程

昭和31年1月20日 訓令甲第4号

(昭和31年1月20日施行)

体系情報
第1編 規/第4章 行政通則/第2節 処務・文書
沿革情報
昭和31年1月20日 訓令甲第4号