○石川県立美術館使用料条例

昭和五十八年三月二十二日

条例第二十八号

石川県立美術館使用料条例をここに公布する。

石川県立美術館使用料条例

(趣旨)

第一条 この条例は、石川県立美術館(以下「美術館」という。)の使用料に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用料)

第二条 この条例において「使用料」とは、観覧料、特別観覧料、施設使用料、附属設備使用料及びホール入場料をいう。

第三条 知事は、美術館が主催して展示する美術品を観覧しようとする者から観覧料を徴収する。ただし、規則で定める日については、常設展示を観覧する場合の観覧料を徴収しない。

2 観覧料の額は、別表第一のとおりとする。

(平二〇条例三四・一部改正)

第四条 知事は、美術館が所蔵する美術品の写真原板使用、写真撮影、映画撮影、テレビジョン撮影、模写、模造又は熟覧の許可を受けた者から特別観覧料を徴収する。

2 特別観覧料の額は、別表第二のとおりとする。

第五条 知事は、美術館の施設又は附属設備の使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)から施設使用料又は附属設備使用料を徴収する。

2 施設使用料の額は別表第三、附属設備使用料の額は別表第四のとおりとする。

第六条 知事は、美術館が主催する事業に関し美術館のホールに入場しようとする者(入場整理券を所持する者に限る。)からホール入場料を徴収することができる。

2 ホール入場料を徴収する場合の額は、知事がその都度定める。

(使用料の納入等)

第七条 使用料は、前納しなければならない。ただし、知事は、相当の理由があると認めるときは、使用料の全部又は一部を後納させることができる。

2 既納の使用料は、返還しない。ただし、知事が返還することを相当と認めたときは、その全部又は一部を返還することができる。

3 知事は、特に必要があると認めるときは、使用料を減免することができる。

(平一八条例二九・一部改正)

(規則への委任)

第八条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

1 この条例は、規則で定める日から施行する。(昭和五十八年七月規則第四十七号で、同五十八年十一月十三日から施行)

2 石川県美術館使用料条例(昭和四十一年石川県条例第二十二号)は、廃止する。

附 則(昭和六十一年三月二十二日条例第五号抄)

(施行期日)

1 この条例は、昭和六十一年四月一日から施行する。(後略)

附 則(平成元年三月二十四日条例第五号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成元年四月一日から施行する。(後略)

附 則(平成九年三月二十二日条例第三号抄)

(施行期日)

1 この条例中第一条から第二十六条まで及び第三十条から第三十五条まで並びに次項から附則第十六項までの規定は平成九年四月一日から、第二十七条から第二十九条までの規定は同年五月一日から施行する。

附 則(平成十八年六月三十日条例第二十九号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成二十年十月六日条例第三十四号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成二十六年二月二十六日条例第九号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成二十六年四月一日から施行する。

別表第一(第三条関係)

(平元条例五・平二六条例九・一部改正)

1 常設展示を観覧する場合

区分

単位

観覧料の額

個人

団体(二〇人以上)

一般(十八歳以上の者)

一人につき

三六〇円

二九〇円

大学の学生及びこれに準ずる者

一人につき

二九〇円

二三〇円

2 企画展示を観覧する場合

一、五〇〇円の範囲内で知事がその都度定める額

別表第二(第四条関係)

(平九条例三・平二六条例九・一部改正)

区分

単位

特別観覧料の額

写真原板使用

出版物等への掲載を目的とする場合

原板一枚につき

三、一三〇円

その他の場合

原板一枚につき

四一〇円

写真撮影

出版物等への掲載を目的とする場合

一点につき

四、一八〇円

スライド作成を目的とする場合

一点につき

三、三五〇円

その他の場合

一点につき

五二〇円

映画撮影

一点につき

六、二八〇円

テレビジョン撮影

一点につき

六、二八〇円

模写

一点一日につき

二、〇八〇円

模造

一点一日につき

二、〇八〇円

熟覧

一点一日につき

五二〇円

備考

1 原則として美術品一個を一点とする。

2 写真撮影については、美術品一個につき、同一状態でのシャッター作動三回までを一点とする。

3 「一日」とは、午前九時から午後五時までをいう。

4 模写、模造又は熟覧の時間が一日に満たない場合の特別観覧料の額は、当該一日の特別観覧料の額とする。

別表第三(第五条関係)

(昭六一条例五・平元条例五・平九条例三・平二〇条例三四・平二六条例九・一部改正)

1 使用者が観覧料、入場料その他これらに類する料金(以下「料金」という。)を徴収しない場合

一 展示室

区分

単位

施設使用料の額

第七展示室

一日につき

一八、九二〇円

第八展示室

一日につき

一八、九二〇円

第九展示室

一日につき

一八、九二〇円

二 ホール

施設使用料の額

午前

午後

夜間

午前及び午後

午後及び夜間

全日

六、四六〇円

一〇、七八〇円

一一、八六〇円

一五、一〇〇円

一九、四二〇円

二六、九八〇円

三 広坂別館和室

単位

施設使用料の額

半日につき

一、四六〇円

一日につき

二、四〇〇円

2 使用者が料金を徴収する場合

前項の施設使用料の額に百分の百三十を乗じて得た額

3 第三展示室、第四展示室、第五展示室及び第六展示室に係る施設使用料の額については、前項の施設使用料の例により知事がその都度定める。

4 控室に係る施設使用料の額は、一日につき三、一三〇円とする。

備考

1 「一日」とは午前九時から午後五時まで、「午前」とは午前九時から正午まで、「午後」とは午後一時から午後五時まで、「夜間」とは午後六時から午後九時まで、「午前及び午後」とは午前九時から午後五時まで、「午後及び夜間」とは午後一時から午後九時まで、「全日」とは午前九時から午後九時まで、「半日」とは午前九時から午後一時まで又は午後一時から午後五時までをいう。

2 使用時間が一日、午前、午後、夜間、午前及び午後、午後及び夜間、全日又は半日の時間に満たない場合の施設使用料の額は、当該一日、午前、午後、夜間、午前及び午後、午後及び夜間、全日又は半日の施設使用料の額とする。

別表第四(第五条関係)

(平九条例三・平二六条例九・一部改正)

区分

単位

附属設備使用料の額

十六ミリ映写機

一台一回につき

二、〇八〇円

スライド映写機

一台一回につき

三一〇円

ピアノ

一台一回につき

五、二三〇円

備考 「一回」とは、四時間以内の使用をいう。

石川県立美術館使用料条例

昭和58年3月22日 条例第28号

(平成26年4月1日施行)