○石川県監査委員処務規程

昭和39年4月1日

監査委員規程第2号

石川県監査委員処務規程(昭和23年4月2日公報)の全部を改正する。

石川県監査委員処務規程

(目的)

第1条 この規程は、石川県監査委員に関する条例(昭和39年石川県条例第16号。以下「条例」という。)第6条の規定に基づき、石川県監査委員(以下「委員」という。)の事務処理その他必要な執務の基準を定め、事務の適正かつ能率的な運営を期することを目的とする。

(委員会議)

第2条 委員は、委員の職務執行について協議するため委員会議を開く。

2 委員会議は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第199条の3第1項に規定する代表監査委員(以下「代表委員」という。)がこれを招集する。

3 委員会議は、定例会及び臨時会とする。

4 定例会は、毎月1回開くものとする。

5 臨時会は、代表委員において必要があると認めるとき、又は他の委員から請求があつたとき、これを招集する。

6 前項の規定による請求があつたときは、7日以内に招集しなければならない。

7 代表委員は、委員会議に付する事項並びに開催の日時及び場所を委員にあらかじめ通知するものとする。

8 委員会議は、非公開とする。

(定足数及び議事)

第3条 委員会議は、委員の半数以上の出席がなければ開くことができない。

2 委員会議の議事は、法令に特別の定めのあるもののほか、委員の協議により決する。

3 前項の協議は、文書による回議をもつて代えることができる。

4 代表委員は、議事を進め、事務局長をして委員会議のてん末を記録させなければならない。

(協議事項)

第4条 委員会議において協議すべき事項は、次のとおりとする。

(1) 規程の制定及び改廃に関すること。

(2) 代表委員を定めること。

(3) 法第198条の4第1項に規定する監査基準に関すること。

(4) 監査等の執行に係る監査計画に関すること。

(5) 法令の規定に基づき行う報告、告示、公表、通知、勧告、意見及び決定に関すること。

(6) 外部監査人から協議を求められた事項に関すること。

(7) 監査専門委員の選任に関すること。

(8) 委員が管理する公文書の公開等に関すること。

(9) その他条例第6条の規定により委員が定める事項又は委員が必要と認める事項に関すること。

(代表委員)

第5条 委員が前条の協議により選任した代表委員の任期は、当該選任された委員の任期による。

2 委員は、代表委員を決めたときは、代表委員になる者及び知事にその旨を通知しなければならない。

(代表委員が処理する事務)

第6条 代表委員が処理する事務は、例示するとおおむね次に掲げるとおりとする。

(1) 事務局職員の任免、給与、服務、分限、懲戒、出張等に関すること。

(2) 委員会議を招集すること。

(3) 委員が協議して定めた事項の執行に関すること。

(4) 公印及び文書の管理に関すること。

(5) 委員の出張に関すること。

(6) その他委員及び監査専門委員の庶務に関すること。

(代表委員の代理)

第7条 代表委員は、代表委員に事故があるとき、又は代表委員が欠けたとき、その職務を代理する委員として、他の識見を有する者のうちから選任された委員を、あらかじめ指定しておくものとする。

(事故等の通知)

第8条 委員は、やむを得ない事由により職務に従事できないときは、その都度、速やかに代表委員に通知するものとする。

(委任)

第9条 この規程に定めるもののほか、委員の事務に関し必要な事項は、委員会議で定める。

附 則

この規程は、公表の日から施行する。

附 則(昭和52年4月1日監査委員規程第1号)

この規程は、公表の日から施行する。

附 則(平成3年4月9日監査委員規程第3号)

この規程は、公表の日から施行する。

附 則(平成7年3月7日監査委員規程第2号)

この規程は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成11年3月30日監査委員規程第2号)

この規程は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月31日監査委員規程第2号)

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

石川県監査委員処務規程

昭和39年4月1日 監査委員規程第2号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第1編 規/第8章
沿革情報
昭和39年4月1日 監査委員規程第2号
昭和52年4月1日 監査委員規程第1号
平成3年4月9日 監査委員規程第3号
平成7年3月7日 監査委員規程第2号
平成11年3月30日 監査委員規程第2号
令和2年3月31日 監査委員規程第2号