○県税の徴収に関する事務の一部を当該市町村に委任

昭和三十年八月十日

告示第五百四十号

地方税法(昭和二十五年法律第二百二十六号)第二十条の三第一項第二号及び石川県税条例(昭和二十九年石川県条例第二十三号)第五条の二第一項の規定によつて、次のとおり県税の徴収に関する事務の一部を昭和三十年八月一日当該市町村に委任した。

一 委任した市町村名

七尾市、能登島町

二 委任した事務

当該市町村内(七尾市にあつては、旧南大呑村、旧北大呑村及び旧崎山村の地域とする。)に課税地を有する県税の納税者又は特別徴収義務者が石川県税条例第十二条の規定によつて県税(個人の県民税を除く。)の徴収金を当該市町村に納付又は納入する場合の収納事務

――――――――――――

昭和三十年九月三日

告示第五百六十三号

地方税法(昭和二十五年法律第二百二十六号)第二十条の三第一項第二号及び石川県税条例(昭和二十九年石川県条例第二十三号)第五条の二第一項の規定によつて、次のとおり県税の徴収に関する事務の一部を昭和三十年八月二十九日白峰村に委任した。

白峰村内に課税地を有する県税の納税者又は特別徴収義務者が石川県税条例第十二条の規定によつて県税(個人の県民税を除く。)の徴収金を白峰村に納付又は納入する場合の収納事務。

――――――――――――

昭和三十二年三月二日

告示第百三十号

地方税法(昭和二十五年法律第二百二十六号)第二十条の三第一項第二号及び石川県税条例(昭和二十九年石川県条例第二十三号)第五条の二第一項の規定により、昭和三十二年二月二十六日付で県税の徴収に関する事務の一部を次のとおり小松市に委任した。

一、委任する地域

小松市のうち光谷町、池城町、松岡町、沢町、布橋町、塩原町、波佐羅町、観音下町、岩上町、西俣町、尾小屋町、倉谷町、新保町、花立町、丸山町、小原町、津江町、大杉町、赤瀬町、打木町、上り江町、瀬領町、波佐谷町及び長谷町

二、委任する事務

前号の地域を課税地とされる県税の納税者又は特別徴収義務者が石川県税条例第十二条の規定により、県税(個人の県民税を除く。)の徴収金を小松市に納付又は納入する場合の収納事務

――――――――――――

昭和四十二年十月十一日

告示第五百三十八号

地方税法(昭和二五年法律第二二六号)第二〇条の三第一項第二号及び石川県税条例(昭和二九年石川県条例第二三号)第五条の二第一項の規定により、昭和四二年一〇月五日付で県税の徴収に関する事務の一部を次のとおり当該村に委任した。

一 委任する村名

石川郡河内村、吉野谷村及び尾口村

二 委任する事務

当該村内に課税地を有する県税の納税者又は特別徴収義務者が石川県税条例第一二条の規定により、県税(個人の県民税を除く。)の徴収金を当該村に納付又は納入する場合の収納事務

県税の徴収に関する事務の一部を当該市町村に委任

昭和30年8月10日 告示第540号

(昭和38年5月4日施行)

体系情報
第2編 務/第4章 入/第1節 税
沿革情報
昭和30年8月10日 告示第540号
昭和32年3月2日 告示第129号
昭和38年5月4日 告示第189号