○石川県社会福祉会館使用料条例

昭和四十七年七月七日

条例第四十五号

石川県社会福祉会館使用料条例をここに公布する。

石川県社会福祉会館使用料条例

(趣旨)

第一条 この条例は、石川県社会福祉会館(以下「会館」という。)の使用料について、必要な事項を定めるものとする。

(使用料)

第二条 知事は、別表の区分の欄に掲げる会館の施設(附属の設備及び器具を含む。以下「会館の施設」という。)の使用許可を受けた者から、それぞれ同表の使用料の欄に掲げる額(冷暖房期間中は、その額に百分の百三十を乗じて得た額)の使用料を徴収する。

2 使用料は、会館の施設の使用を許可する際に徴収する。

(平二四条例三四・一部改正)

(使用料の減免)

第三条 知事は、特に必要があると認めるときは、使用料を減免することができる。

(使用料の不返還)

第四条 既納の使用料は、返還しない。ただし、知事が返還することを相当と認めたときは、その全部又は一部を返還することができる。

(規則への委任)

第五条 この条例に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成九年三月二十二日条例第三号抄)

(施行期日)

1 この条例中第一条から第二十六条まで及び第三十条から第三十五条まで並びに次項から附則第十六項までの規定は平成九年四月一日から、第二十七条から第二十九条までの規定は同年五月一日から施行する。

附 則(平成二十四年十月四日条例第三十四号)

この条例は、平成二十四年十一月一日から施行する。ただし、別表の改正規定(同表別館の部研修室(二)の項及び研修室(三)の項に係る部分に限る。)は、規則で定める日から施行する。

(平成二十五年十月規則第三十四号で、同二十五年十月十日から施行)

附 則(平成二十六年二月二十六日条例第九号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成二十六年四月一日から施行する。

別表(第二条関係)

(平九条例三・平二四条例三四・平二六条例九・一部改正)

区分

使用料

午前

午後

全日

午前九時から正午まで

午後一時から午後五時まで

午前九時から午後五時まで

本館

会議室(E)

五二〇円

七三〇円

一、二五〇円

会議室(F)

一、〇四〇円

一、四六〇円

二、五〇〇円

会議室(H)

八三〇円

一、〇四〇円

一、八七〇円

大ホール

三、七六〇円

五、〇四〇円

八、八〇〇円

別館

和室(一)

一九〇円

二六〇円

四五〇円

和室(二)

一九〇円

二六〇円

四五〇円

和室(三)

一九〇円

二六〇円

四五〇円

和室(四)

一九〇円

二六〇円

四五〇円

和室(五)

一九〇円

二六〇円

四五〇円

和室(六)

一九〇円

二六〇円

四五〇円

和室(七)

一九〇円

二六〇円

四五〇円

和室(八)

一九〇円

二六〇円

四五〇円

和室(九)

一九〇円

二六〇円

四五〇円

和室(十)

一九〇円

二六〇円

四五〇円

和室(十一)

一、七四〇円

二、三三〇円

四、〇七〇円

和室(十二)

二九〇円

四〇〇円

六九〇円

研修室(一)

一、五二〇円

二、〇三〇円

三、五五〇円

研修室(二)

五〇〇円

六七〇円

一、一七〇円

研修室(三)

五〇〇円

六七〇円

一、一七〇円

実習室(園芸)

五〇〇円

六七〇円

一、一七〇円

実習室(陶芸)

六八〇円

九一〇円

一、五九〇円

備考

1 使用時間が午前、午後又は全日の時間に満たない場合においても、当該午前、午後又は全日の使用料とする。

2 使用時間が午前九時以前、正午から午後一時までの間又は午後五時以後に及ぶ場合は、午前の使用料によつて時間割計算した額を使用料に加算する。ただし、加算の対象となる使用時間に一時間未満の端数がある場合又はその全時間が一時間未満である場合において、その端数時間又は全時間が三十分以上であるときはこれを一時間に切り上げ、三十分未満であるときはこれを切り捨てる。

3 算出した使用料の額に十円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てる。

石川県社会福祉会館使用料条例

昭和47年7月7日 条例第45号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第3編 生/第1章 社会福祉一般
沿革情報
昭和47年7月7日 条例第45号
平成9年3月22日 条例第3号
平成24年10月4日 条例第34号
平成26年2月26日 条例第9号
平成31年3月20日 条例第3号