○石川県行旅病人及び行旅死亡人取扱規則

昭和二十八年四月一日

規則第二十四号

石川県行旅病人及び行旅死亡人取扱規則をこゝに公布する。

石川県行旅病人及び行旅死亡人取扱規則

第一条 市町村は、行旅病人及びその同伴者並びに行旅死亡人の同伴者を救護した場合において、扶養義務者又は引取人がないときは、別記様式第一号の調査書により県に報告しなければならない。

(昭六二規則一四・全改)

第二条 市町村は、行旅死亡人を取り扱つた場合において、その相続人、扶養義務者又は同居の親族が明らかでないときは、別記様式第二号の調査書により県に報告しなければならない。

(昭六二規則一四・全改)

第三条 市町村は、行旅死亡人を相続人、扶養義務者又は同居の親族に引き渡したときは、別記様式第三号の通知書により県に報告しなければならない。

(昭六二規則一四・全改)

第四条 市町村は、救護又は取扱いに関し繰替支弁した費用について県に請求するときは、別記様式第四号の請求書により計算書を添付の上、行わなければならない。

2 知事が必要と認めたときは、市町村に対し領収書及び関係書類の提出を求めることができる。

(昭六二規則一四・一部改正)

第五条 救護又は取扱いに関し市町村費をもつて繰替えしなければならない費用の種目及び限度は、次のとおりとする。ただし、特別の理由があつて、この種目及び限度により難いときは、その事項につき市町村は、取扱いの都度別記様式第五号の申請書により知事の承認を受けなければならない。

 医療費

診察料、投薬料、注射料、処置料、手術料、検査料、入院料、診断書料及び治療材料費は、健康保険法の規定による療養に要する費用の額の算定方法(平成六年厚生省告示第五十四号。以下「算定方法」という。)の例による額。ただし、算定方法に規定のないものにあつては、その実費とする。

 出産費

生活保護法(昭和二十五年法律第百四十四号)の規定による出産扶助費の例による額

 食費

生活保護法の規定による生活扶助の飲食物費の例による額

 借家料

必要最少限度の額

 被服及び寝具料

生活保護法の規定による生活扶助の被服費の例による額

 死体番人費

必要最少限度の額。ただし、一日二人を超えることはできない。

 護送及び運搬費

必要最少限度の額

 死体検案料及び検案書料

生活保護法の規定による葬祭扶助費の例による額

 薪炭油費

必要最少限度の額

 仮土葬費及び火葬費

生活保護法の規定による葬祭扶助費の例による額

十一 公告料

実費

(昭四三規則四六・全改、昭六二規則一四・平九規則五五・平一二規則八・一部改正)

第六条 この規則によつて町村が知事に提出する書類は、所轄の保健福祉センター所長を経由しなければならない。

(昭六二規則一四・平一二規則八・一部改正)

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 次に掲げる県令及び訓令は廃止する。

 明治三十二年七月石川県令第五十四号

 明治三十二年十月十日訓令甲第四十九号(行旅病人行旅死亡人及同伴者ノ救護並取扱ニ関スル件)

 明治三十二年十月十日訓令甲第五十号(外国人タル行旅病人等救護並取扱ニ関スル件)

 昭和二十三年四月十二日訓令甲第一号(行旅病人及び行旅死亡人等の費用限度その他取扱手続)

附 則(昭和四十三年五月二十一日規則第四十六号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和四十三年四月一日から適用する。

附 則(昭和六十二年三月三十一日規則第十四号)

この規則は、昭和六十二年四月一日から施行する。

附 則(平成九年十月一日規則第五十五号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成十一年三月三十一日規則第三十五号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則による改正前のそれぞれの規則の規定に基づき作成した用紙は、なお当分の間、所要の調整をして使用することができる。

附 則(平成十二年三月三十一日規則第八号)

この規則は、平成十二年四月一日から施行する。

附 則(平成十九年三月三十日規則第十六号)

1 この規則は、平成十九年四月一日から施行する。

2 第四条、第五条、第七条及び第十三条の規定による改正前のそれぞれの規則の規定に基づき作成した用紙は、なお当分の間、所要の調整をして使用することができる。

(昭62規則14・全改、平11規則35・平19規則16・一部改正)

画像

(昭62規則14・全改、平11規則35・平19規則16・一部改正)

画像

(昭62規則14・全改、平11規則35・一部改正)

画像

(昭62規則14・全改)

画像

(昭62規則14・全改、平11規則35・一部改正)

画像

石川県行旅病人及び行旅死亡人取扱規則

昭和28年4月1日 規則第24号

(平成19年4月1日施行)