○養蜂振興法施行細則

昭和三十一年七月十八日

規則第三十五号

〔養ほう❜❜振興法施行細則〕をこゝに公布する。

養蜂振興法施行細則

(平元規則四四・平二四規則六八・改称)

(趣旨)

第一条 この規則は、養蜂振興法(昭和三十年法律第百八十号。以下「法」という。)の施行に関し、養蜂振興法施行規則(昭和三十年農林省令第四十五号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(平元規則四四・平二四規則六八・一部改正)

(届出の様式)

第二条 法第三条第一項の規定による届出は、別記様式第一号による届出書を提出して行うものとする。

2 法第三条第三項の規定による変更の届出は、別記様式第二号による届出書を提出して行うものとする。

(平二四規則六八・一部改正)

(転飼許可申請書の様式)

第三条 法第四条第一項の規定による許可の申請は、別記様式第三号による申請書を提出して行うものとし、当該申請書には転飼場所付近の見取図を添付しなければならない。

(平二四規則六八・一部改正)

(転飼許可証の再交付)

第四条 転飼の許可を受けた者(以下「転飼者」という。)が許可証を亡失し、又は毀損した場合は、遅滞なく、別記様式第四号による再交付申請書を知事に提出し、再交付を受けなければならない。

2 転飼許可証の再交付を受けた者が亡失した許可証を発見した場合には、その許可証を速やかに知事に提出しなければならない。

(平元規則四四・平二四規則六八・一部改正)

(転飼成績の報告)

第五条 転飼者は、転飼を終了したときは、直ちに別記様式第五号による転飼成績報告書を知事に提出しなければならない。

(平二四規則六八・一部改正)

(身分証明書)

第六条 法第九条第二項の職員の身分を示す証明書の様式は、別記様式第六号によるものとする。

(平二四規則六八・追加)

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則の施行前に提出された施行細則第一条による届出及び第二条による許可申請書はこの規則に基き提出されたものとみなす。

附 則(平成元年五月二十六日規則第四十四号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成二十四年十二月二十八日規則第六十八号)

1 この規則は、平成二十五年一月一日から施行する。

2 この規則による改正前の養ほう振興法施行細則、石川県蜜蜂転飼取締条例施行規則及びみつばちについての腐そ病のまん延防止に関する規則の規定に基づき作成した用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

(平24規則68・全改)

画像

(平24規則68・全改)

画像

(平24規則68・全改)

画像

(平24規則68・全改)

画像

(平24規則68・全改)

画像

(平24規則68・全改)

画像画像

養蜂振興法施行細則

昭和31年7月18日 規則第35号

(平成25年1月1日施行)