○沿岸水産資源開発区域の指定

昭和49年11月19日

公報

海洋水産資源開発促進法(昭和46年法律第60号)第5条第1項の規定により、沿岸水産資源開発区域を次のとおり指定した。

1 沿岸水産資源開発区域の名称

七尾湾沿岸水産資源開発区域

2 沿岸水産資源開発区域の位置、区域及び平面図

(1) 位置

七尾市、鹿島郡能登島町、田鶴浜町及び中島町並びに鳳至郡穴水町及び能都町字鵜川地先

(2) 区域

次に掲げる(ア)の点から(カ)の点までを順次結んだ線と最大高潮時海岸線とによつて囲まれた水域から、次の(A)から(G)までに掲げる水域を除いた区域

(ア)の点 石川県と富山県との境界に設置した標柱(共同漁業権基点第1号)

(イ)の点 (ア)の点から81度45分(真方位による。以下同じ。)200メートルの点(共同漁業権基点第1号から見た仏島の左端)

(ウ)の点 (イ)の点から127度45分725メートルの点

(エ)の点 (ウ)の点から正東の線上1,700メートルの点(富山県高岡市伏木東防波堤燈台中心点から正北5,000メートルの点と鳳至郡能都町鵜川港導流堤燈台中心点から正東1,000メートルの点とを結んだ線と(ウ)の点から正東の線との交点)

(オ)の点 鳳至郡能都町鵜川港導流堤燈台の中心点から正東1,000メートルの点

(カ)の点 鳳至郡能都町鵜川港導流堤燈台中心点

(A) 七尾市能登観音崎燈台(北緯37度6分14秒、東経137度3分38秒)から335度に引いた線、鹿島郡能登島町須曽屏風崎三角点(50、35メートル)から198度30分640メートルの地点まで引いた線及び同地点から150度20分に引いた線と陸岸によつて囲まれた海域(港湾法(昭和25年法律第218号)第2条第3項の規定による七尾港港湾区域)から漁港法(昭和25年法律第137号)第5条第1項の規定により指定された三室漁港の区域を除いた区域

(B) 七尾市和倉港突堤基部を中心とした半径500メートルの円内の海域(港湾法第2条第3項の規定による和倉港港湾区域)

(C) 鳳至郡穴水町タケガ鼻から229度に引いた線及び陸岸によつて囲まれた海域並びに小又川城山橋下流の河川水面(港湾法第2条第3項の規定による穴水港港湾区域)

(D) 鹿島郡能登島町字田尻ニ部72番地の石川県知事管理農林省所管海岸保全施設海岸護岸終点から92度0分に引いた線及び同郡同町字田尻ニ部73番地(三ケ浦川左岸河口と田尻海岸との交点)から1度30分に引いた線と陸岸によつて囲まれた海域(港湾法第56条第1項の規定による田尻港公告水域)

(E) 鹿島郡能登島町字通チ部40番地先防波堤基部を中心とした半径40メートルの円弧と陸岸によつて囲まれた海域(港湾法第56条第1項の規定による通港公告水域)

(F) 鹿島郡能登島町字半浦15部31番地の2地内防波堤基部から176度20分157メートルの地点を中心とした半径300メートルの円弧と陸岸によつて囲まれた海域(港湾法第2条第3項の規定による半浦港港湾区域)

(G) 河川法(昭和39年法律第167号)第6条の規定による河川区域

(3) 平面図

画像

1 沿岸水産資源開発区域の名称

能登沿岸水産資源開発区域

2 沿岸水産資源開発区域の位置、区域及び平面図

(1) 位置

珠洲市、珠洲郡内浦町及び鳳至郡能都町地先

(2) 区域

次に掲げる(ア)の点から(コ)の点までを順次結んだ線と最大高潮時海岸線とによつて囲まれた水域及び珠洲市嫁礁燈標中心点を中心とした半径5,556メートルの円内の水域から次の(A)から(E)までに掲げる水域を除いた区域

(ア)の点 鳳至郡能都町鵜川港導流堤燈台中心点

(イ)の点 (ア)の点から正東1,000メートルの点

(ウ)の点 珠洲郡内浦町能登小木港犬山燈台中心点から正南1,000メートルの点

(エ)の点 珠洲郡内浦町能登赤崎燈台中心点から正東4,000メートルの点

(オ)の点 珠洲市長手崎燈台中心点から正東1,000メートルの点

(カ)の点 珠洲市禄剛崎燈台中心点から正東2,000メートルの点

(キ)の点 珠洲市シャク崎突端から正北1,000メートルの点

(ク)の点 珠洲市能登鞍崎燈台中心点から正北1,000メートルの点

(ケ)の点 (コ)の点から正北2,000メートルの点

(コ)の点 珠洲市と輪島市との境界線と最大高潮時海岸線との交点

(A) 鳳至郡能都町宇出津港東防波堤先端を中心とした半径600メートルの円弧と陸岸によつて囲まれた海域及び梶川最下流道路橋より下流の河川水面(港湾法第2条第3項の規定による宇出津港港湾区域)

(B) 珠洲郡内浦町金剛崎(北緯37度17分35秒、東経137度13分48秒)から90度に引いた線及び同郡同町城ケ鼻突端から180度に引いた線と陸岸によつて囲まれた海域(港湾法第2条第3項の規定による小木港港湾区域)

(C) 珠洲市野々江町直村三角点(58.5メートル)から210度1,600メートルの地点を中心とした半径1,000メートルの円内の海域及び若山川吾妻橋下流の河川水面(港湾法第2条第3項の規定による飯田港港湾区域)

(D) 自然公園法(昭和32年法律第161号)第18条の2の規定により指定された能登半島国定公園木ノ浦海中公園地区及び九十九湾海中公園地区

(F) 河川法第6条の規定による河川区域

(3) 平面図

画像

1 沿岸水産資源開発区域の名称

外浦加賀沿岸水産資源開発区域

2 沿岸水産資源開発区域の位置、区域及び平面図

(1) 位置

輪島市、鳳至郡門前町、羽咋郡富来町、志賀町、志雄町及び押水町、羽咋市、河北郡高松町、七塚町、宇ノ気町及び内灘町、金沢市、松任市、石川郡美川町、能美郡根上町、小松市並びに加賀市地先

(2) 区域

次に掲げる(ア)の点から(シ)の点までを順次結んだ線と最大高潮時海岸線とによつて囲まれた水域及び輪島市舳倉島、七ツ島の周辺最大高潮時海岸線から5,556メートル以内の水域から、次の(A)から(H)までに掲げる水域を除いた区域

(ア)の点 珠洲市と輪島市との境界線と最大高潮時海岸線との交点

(イ)の点 (ア)の点から正北2,000メートルの点

(ウ)の点 輪島市輪島港第1防波堤燈台中心点から正北2,000メートルの点

(エ)の点 鳳至郡門前町大長崎突端正北2,000メートルの点

(オ)の点 鳳至郡門前町猿山岬燈台中心点から正北7,000メートルの点

(カ)の点 鳳至郡門前町猿山岬燈台中心点から正西7,000メートルの点

(キ)の点 羽咋郡富来町海士崎燈台中心点から正西8,000メートルの点

(ク)の点 羽咋市滝港燈台中心点から正西10,000メートルの点

(ケ)の点 河北郡七塚町白尾燈台中心点から正西10,000メートルの点

(コ)の点 (サ)の点から312度58分4,000メートルの点

(サ)の点 (シ)の点から328度28分140メートルの点

(シ)の点 福井県と石川県の境界に設置した標柱(共同漁業権基点第1号)

(A) 輪島市滝ケ崎からヒカク山山頂まで引いた線と陸岸によつて囲まれた海域及び河原田川最下流道路橋下流の河川水面(港湾法第2条第3項の規定による輪島港港湾区域)

(B) 羽咋郡富来町藻の崎を中心とした半径1,000メートルの円内の海域(港湾法第2条第3項の規定による福浦港港湾区域)

(C) 羽咋市滝港第2防波堤燈台(北緯36度55分5秒、東経136度45分6秒)を中心とした半径800メートルの円内の海域(港湾法第2条第3項の規定による滝港港湾区域)

(D) 金沢市専光寺三角点(18.57メートル)から253度1,530メートルの地点、同地点から306度2,000メートルの地点、同地点から36度7,700メートルの地点及び同地点から126度2,000メートルの地点を順次結んだ線と陸岸により囲まれた海域(港湾法第2条第3項の規定による金沢港港湾区域)

(E) 加賀市大聖寺川河口の石川県と福井県の境界点を中心とした半径1,000メートルの円内の海域のうち同点から320度に引いた線以東の海域及び大聖寺川塩屋大橋下流の河川水面のうち石川県に属する部分(港湾法第2条第3項の規定による塩屋港港湾区域)

(F) 河川法第6条の規定による河川区域

(G) 海岸法(昭和31年法律第101号)第3条の規定による松任、美川海岸(能美郡根上町と石川郡美川町の境界から松任市と金沢市の境界まで12,706メートル)の海岸保全区域

(H) 輪島市舳倉島漁港の東防波堤突端を中心とした半径400メートルの円内の海域

(3) 平面図

画像

沿岸水産資源開発区域の指定

昭和49年11月19日 公報

(昭和49年11月19日施行)

体系情報
第5編 農林水産/第7章 産/第1節
沿革情報
昭和49年11月19日 公報