○建設業法施行細則

昭和四十九年四月一日

規則第三十四号

建設業法施行細則をここに公布する。

建設業法施行細則

建設業法(昭和二十四年法律第百号。)以下「法」という。)又は建設業法施行規則(昭和二十四年建設省令第十四号。以下「省令」という。)に基づき知事に提出する次に掲げる書類の提出部数は、正本副本及び写し各一通とする。

一 法第五条(法第十七条において準用する場合を含む。)の規定により提出すべき許可申請書及びその添付書類

二 法第十一条(法第十七条において準用する場合を含む。)の規定により提出すべき変更届出書及びその添付書類

三 省令第八条(省令第十三条第一項において準用する場合を含む。)の規定により提出すべき届出書及びその添付書類

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

建設業法施行細則

昭和49年4月1日 規則第34号

(昭和49年4月1日施行)

体系情報
第6編 木/第1章 則/第2節 建設業
沿革情報
昭和49年4月1日 規則第34号