○二級河川の指定

大正六年七月七日

告示第三百六号

左記梯川外五箇川ヲ明治二十九年法律第七十一号河川法ノ規定ヲ準用スヘキ河川ト認定シ大正六年八月一日ヨリ施行ス〔河川法施行法第二条の規定により二級河川となる〕

一、梯川〔区間変更(昭和四五年四月一日告示第一六八号)

一、大聖寺川〔区間変更(昭和四一年二月四日告示第六五号)

一、手取川〔一級河川に指定〕

一、犀川

右岸 金沢市二又新町「ヨの五」地先以下海に至る

左岸 同      「カの十二」地先以下海に至る

一、大野川

右岸 河北郡内灘村字向粟崎機具橋以下海ニ至ル

左岸 河北郡内灘村字向栗崎機具橋以下海ニ至ル

但シ河北潟ヲ含ム

一、大野川支川浅野川

右岸 河北郡浅川村字平下道川除右支医王山川合流点以下河北潟ニ至ル

左岸 石川郡湯涌谷村字荒屋宮ノ下右支医王山川合流点以下河北潟ニ至ル

――――――――――

大正十二年六月七日

告示第三百四十九号

左記河川ハ明治二十九年法律第七十一号河川法第五条及明治三十二年勅令第四百四号第一条ニ依リ内務大臣ノ認可ヲ経テ河川法ノ規定ヲ準用スヘキ河川ト認定ス〔河川法施行法第二条の規定により二級河川となる〕

一、動橋川

右岸 江沼郡東谷奥村字今立字大土境界以下柴山潟ニ至ル

左岸 江沼郡東谷奥村字今立字大土境界以下柴山潟ニ至ル

一、町野川

右岸 鳳至郡柳田村字石井上町川合流点以下海ニ至ル

左岸 鳳至郡柳田村字石井上町川合流点以下海ニ至ル

一、二宮川〔区間変更(昭和四六年二月二六日告示第一四二号)

一、宝達川

右岸 羽咋郡北荘村字宝達北谷川合流点以下海ニ至ル

左岸 羽咋郡北荘村宇宝達北谷川合流点以下海ニ至ル

一、森下川〔区間変更(昭和四一年四月一日告示第一六〇号)

一、津幡川

右岸 河北郡笠谷村字七黒「無名川」合流点以下河北潟に至る。

左岸 同右

一、八箇川

右岸 鳳至郡櫛比村字広瀬以下海ニ至ル

左岸 鳳至郡櫛比村字走出以下海ニ至ル

一、大海川

右岸 羽咋郡河合谷村字河合「爪生川」合流点以下海に至る。

左岸 同右

一、羽咋川

右岸 羽咋郡羽咋町邑知潟流出口以下海ニ至ル

左岸 羽咋郡羽咋町邑知潟流出口以下海ニ至ル

――――――――――

昭和四年二月六日

告示第四十六号

河川法第五条及明治三十二年十月勅令第四〇四号第一条ニ依リ左ノ河川ヲ河川法ノ規定ヲ準用スベキ河川ト認定シ昭和四年四月一日ヨリ施行ス〔河川法施行法第二条の規定により二級河川となる〕

一、米町川〔区間変更(昭和四三年四月一日告示第一七二号)

一、米町川支流於古川

右岸 羽咋郡志賀町字上棚に十九番地先「洗用水堰」から米町川合流点に至る。

左岸 羽咋郡志賀町字上棚ほ五十二番地先「洗用水堰」から米町川合流点に至る。

――――――――――

昭和五年五月三十一日

告示第三百二十三号

河川法第五条及明治三十二年十月勅令第四百四号第一条ニ依リ河川法ノ規定ヲ準用スヘキ河川左ノ通認定シ昭和五年六月一日ヨリ之ヲ施行ス〔河川法施行法第二条の規定により二級河川となる〕

河川名

準用区域

梯川

区間変更(昭和四五年四月一日告示第一六八号)

犀川支川

内川

左岸 石川郡内川村字堂 鶴来橋以下同郡同村字蓮花 犀川合流点ニ至ル

右岸 同 郡同 村字同 鶴来橋以下同郡犀川村字中戸 犀川合流点ニ至ル

羽咋川支流

子浦川

右岸 羽咋郡志雄町字下石「神楽橋」以下羽咋川合流点に至る。

左岸 同上

羽咋川支川

長曽川

左岸 鹿島郡越路村字芹川府県道金沢七尾線 濁川橋以下邑知潟ニ至ル但シ邑知潟ヲ含ム

右岸 同上

熊木川

区間変更(昭和四五年四月一日告示第一六八号)

富来川

同右

八箇川

左岸 鳳至郡本郷村字内保 谷口川合流点以下同郡門前町字走出ニ至ル

右岸 同郡同村字谷口 谷口川合流点以下同郡門前町字広瀬ニ至ル

河原田川

区間変更(昭和四三年四月一日告示第一七二号)

若山川

右岸 珠洲市若山町上山「農業用水若山ダム」以下飯田港に至る

左岸 同右

――――――――――

昭和六年一月二十八日

告示第二十五号

河川法第九条及明治三十二年十月勅令第四百四号第一条ニ依リ河川法ノ規定ヲ準用スヘキ河川左ノ通認定シ昭和六年二月一日ヨリ之ヲ施行ス〔河川法施行法第二条の規定により二級河川となる〕

河川名

準用区域

町野川

左岸 鳳至郡柳田村字五十里河内川合流点以下同郡同村字石井上町川合流点ニ至ル

右岸 同上

町野川支川

上町川

区間変更(昭和四五年四月一日告示第一六八号)

――――――――――

昭和十一年四月一日

告示第九号

河川法第五条及明治三十二年十月勅令第四百四号第一条ニ依リ河川法ノ規定ヲ準用スヘキ河川左ノ通認定ス〔河川法施行法第二条の規定により二級河川となる〕

河川名

準用区域

大野川支川

金腐川

左岸 金沢市牧町「かつら橋」以下河北潟に至る

右岸 同上

犀川支川

伏見川

左岸 金沢市窪町「窪大橋」以下犀川合流点に至る

右岸 同右

――――――――――

昭和十三年九月二十一日

告示第四百三十号

河川法第五条及明治三十二年十月勅令第四百四号第一条ニ依リ河川法ノ規定ヲ準用スベキ河川左ノ通認定ス〔河川法施行法第二条の規定により二級河川となる〕

河川名

準用区域

手取川小支川目附谷川

一級河川に指定

手取川支流尾添川小支

雄谷川

同右

梯川支川

鍋谷川

同右

大野川支流浅野川小支

湯川

左岸 石川郡湯涌谷村字湯涌貯水池以下浅野川合流点ニ至ル

右岸 同上

羽咋川支流

飯山川

左岸 羽咋郡邑知村字千石稲刈川合流点以下邑知潟ニ至ル

右岸 羽咋郡邑知村字神子原稲刈川合流点以下邑知潟ニ至ル 但シ派川ヲ含ム

河原田川支流

鳳至川

区間変更(昭和五四年三月三一日告示第一七七号)

小又川

左岸 鳳至郡穴水町字地蔵坊「堰堤」以下海に至る

右岸 同上

鵜飼川

左岸 珠洲郡宝立村字小屋管田橋以下海ニ至ル

右岸 同上

――――――――――

昭和十九年一月二十二日

告示第七百九十六号

河川法第五条及明治三十二年十月勅令第四百四号第一条ニ依リ河川法ノ規定ヲ準用スベキ河川左ノ通認定ス〔河川法施行法第二条の規定により二級河川となる〕

河川名

準用区域

大聖寺川支川

三谷川

左岸 江沼郡三谷村字日ノ谷、直下川、日ノ谷川合流点以下大聖寺川合流点ニ至ル

右岸 同

大聖寺川支川

千束川

左岸 江沼郡西谷村字九谷女郎ケ滝下流合流点以下大聖寺川合流点ニ至ル

右岸 同

手取川支川

大道谷川

一級河川に指定

手取川支川

下田原川

同右

手取川支川

瀬波川

同右

犀川支川

内川

左岸 石川郡内川村字後谷右小支無名川合流点以下同郡同村字堂、鶴来橋ニ至ル

右岸 同

大野川支川

浅野川

左岸 石川郡湯涌谷村字曲右小支無名川合流点以下医王山川合流点ニ至ル

右岸 石川郡湯涌谷村字河内右小支無名川合流点以下医王山川合流点ニ至ル

大野川支川

宇の気川

区間変更(昭和四三年四月一日告示第一七二号)

羽咋支川長曾川小支

久江川

左岸 鹿島郡久江村字久江口ノ部通称黒髪川合流点以下長曾川合流点ニ至ル

右岸 同

――――――――――

昭和二十三年一月十四日

告示第四百十号

河川法第五条及び明治三十二年十月勅令第四百四号第一条によつて河川法の規定を準用する河川を次のように認定する。〔河川法施行法第二条の規定により二級河川となる〕

河川名

準用区域

日用川

区間変更(昭和四三年四月一日告示第一七二号)

山田川

右岸 鳳至郡能都町字宮地「中央橋」以下海に至る

左岸 同上

松波川

右岸 珠洲郡木郎村字滝の坊 飛渡橋以下海に至る。

左岸 珠洲郡木郎村字滝の坊 飛渡橋以下海に至る。

九里川尻川

区間変更(昭和四五年四月一日告示第一六八号)

――――――――――

昭和二十六年五月一日

告示第二百六十七号

河川法(明治二十九年法律第七十一号)第五条及び河川法準用令(明治三十二年勅令第四百四号)第一条の規定によつて、河川法の規定を準用する河川を、次のように認定する。〔河川法施行法第二条の規定により二級河川となる〕

河川名

準用区域

動橋川支川那谷川

右岸 江沼郡那谷村字菩提「菩提大橋」以下動橋川合流点に至る。

左岸 同上

――――――――――

昭和二十六年五月一日

告示第二百六十八号

河川法(明治二十九年法律第七十一号)第五条及び河川法準用令(明治三十二年勅令第四百四号)第一条の規定によつて、河川法の規定を準用する河川を、次のように認定する。〔河川法施行法第二条の規定により二級河川となる〕

河川名

準用区域

新堀川支川八日市川

右岸 江沼郡片山津町字作見「作見橋」以下柴山潟に至る。

左岸 同上

熊淵川

〔区間変更(昭和四五年四月一日告示第一六八号)

――――――――――

昭和二十九年三月二十四日

告示第百八十号

河川法(明治二十九年法律第七十一号)第五条及び河川法準用令(明治三十二年勅令第四百四号)第一条の規定に基いて、河川法の規定を準用する河川を、次のように認定する。〔河川法施行法第二条の規定により二級河川となる〕

河川名

準用区域

大聖寺川支川

熊坂川

右岸 江沼郡三木村字熊坂「熊坂えん❜❜堤」以下大聖寺川合流点に至る

左岸 同右

大聖寺川支川杉の水川

区間変更(昭和四一年二月四日告示第六五号)

梯川支川

八丁川

区間変更(昭和四五年四月一日告示第一六八号)

能瀬川

右岸 河北郡英田村字種「宮前橋」以下河北潟に至る

左岸 同右

相見川

右岸 羽咋郡柏崎村字上吉田「無名川」合流点以下海に至る

左岸 同右

前田川

右岸 羽咋郡押水町東間「東野橋」以下海に至る

左岸 同右

大谷川

区間変更(昭和四五年四月一日告示第一六八号)

二宮川支川

石塚川

右岸 鹿島郡越路町字久乃木「無名川」合流点以下二宮川合流点に至る

左岸 同右

二宮川支川

伊久留川

右岸 鹿島郡相馬村字花見月「花見月橋」以下二宮川合流点に至る

左岸 同右

久江川支川

地獄谷川

右岸 鹿島郡御祖村字高畠通称「小金谷」入口以下久江川合流点に至る

左岸 同右

塚田川

右岸 鳳至郡鵠巣村字久手川「古込橋」以下輪島港に至る

左岸 同右

紀の川

右岸 珠洲郡三崎村字杉山「山元橋」以下海に至る

左岸 同右

竹中川

右岸 珠洲郡上戸村字穴竈「穴竈えん堤」以下海に至る

左岸 同右

――――――――――

昭和三十四年一月六日

告示第一号

河川法(明治二十九年法律第七十一号)第五条及び河川法準用令(明治三十二年勅令第四百四号)第一条の規定に基いて、河川法の規定を準用する河川を、次のように認定する。〔河川法施行法第二条の規定により二級河川となる〕

河川名

準用区域

梯川支川

郷谷川

区間変更(昭和四五年四月一日告示第一六八号)

梯川支川

滓上川

区間変更(昭和四六年二月二六日告示第一四二号)

八ケ川支川

浦上川

右岸 鳳至郡門前町字浦上「浅生田川」合流点以下八ケ川合流点に至る。

左岸 同右

町野川支川

鈴屋川

右岸 輪島市町野町谷内「五田橋」以下町野川合流点に至る。

左岸 同右

河原田川支川

仁行川

右岸 輪島市三井町仁行「青谷川」合流点以下河原田川合流点に至る。

左岸 同右

小又川支川

山王川

区間変更(昭和四三年四月一日告示第一七二号)

南志見川

右岸 輪島市東印内町「無名川」合流点以下海に至る。

左岸 同右

珠洲大谷川

右岸 珠洲市大谷町上口「土口橋」以下海に至る。

左岸 同右

――――――――――

昭和35年1月5日

告示第1号

河川法(明治29年法律第71号)第5条及び河川法準用令(明治32年勅令第404号)第1条の規定に基いて、河川法の規定を準用する河川を、次のように認定する。〔河川法施行法第2条の規定により二級河川となる〕

河川名

準用区域

仁岸川

右岸 鳳至郡門前町字滝町「下橋」以下海に至る

左岸 同上

阿岸川

区間変更(昭和54年3月31日告示第177号)

阿岸川支川

南川

右岸 鳳至郡門前町字中田「中田橋」以下阿岸川合流点に至る。

左岸 同上

御祓川

右岸 七尾市江曽町「2級国道江曽橋」以下海に至る

左岸 同上

磐若川

右岸 珠洲市宝立町春日野「無名川」合流点以下海に至る

左岸 同上

手取川支川

赤谷川

一級河川に指定

手取川支川

明谷川

同上

手取川小支川小又谷川

同上

手取川支川

風嵐谷川

同上

手取川小支川

ホイチ谷川

同上

手取川支川

宮谷川

同上

手取川支川

三ツ谷川

同上

手取川小支川

東谷川

同上

手取川小支川

中の谷川

同上

――――――――――

昭和37年11月30日

告示第652号

河川法(明治29年法律第71号)第5条及び河川法準用令(明治32年勅令第404号)第1条の規定に基づき、河川法の規定を準用する河川を次のように認定する。〔河川法施行法第2条の規定により二級河川となる〕

河川名

準用区域

新堀川小小支川

宇谷川

右岸 小松市滝ケ原町「東口川」合流点以下那谷川合流点に至る

左岸 同上

梯川支川

日用川

一級河川に指定

手取川小支川 中の川

同上

手取川小小支川

九石谷川

同上

手取川小支川 湯谷川

同上

手取川小支川尻高谷川

同上

倉部川

区間変更(昭和43年4月1日告示第172号)

犀川支川

倉谷川

右岸 金沢市倉谷町「ニの6の1」地先以下犀川合流点に至る

左岸 同上「イの49の3」同上

犀川支川

安原川

区間変更(昭和43年4月1日告示第172号)

前田川支川

大坪川

区間変更(昭和46年2月26日告示第142号)

羽咋川支川

吉崎川

区間変更(昭和45年4月1日告示第168号)

酒見川

同上

酒見川支川

新川

区間変更(昭和46年2月26日告示第142号)

日詰川

右岸 鳳至郡穴水町波志借「宮前橋」以下海に至る

左岸 同上

梶川

右岸 鳳至郡能都町大平「大平川」合流点以下海に至る

左岸 同上

梶川支川

梅の木川

右岸 鳳至郡能都町宇出津梅木「無名川」合流点以下梶川合流点に至る

左岸 同上

――――――――――

昭和四十一年二月四日

告示第六十四号

河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第五条第一項の規定に基づき、二級河川を次のように指定する。

河川名

指定区間

八日市川支川

尾俣川

左岸 加賀市山代温泉49字の91の1番地 県道橋「尾俣橋」から加賀市引波町八日市川合流点に至る。

右岸 加賀市山代温泉47字の3の2番地 県道橋「尾俣橋」から加賀市引波町八日市川合流点に至る。

屋越川

左岸 石川郡松任町一塚町811 町道橋「よごろう橋」から倉部川合流点に至る。

右岸 石川郡松任町一塚町814 町道橋「よごろう橋」から倉部川合流点に至。

菱根川

左岸 羽咋郡高浜町甘田タ44の2「百刈橋」から海に至る。

右岸 羽咋郡高浜町甘田タ45「百刈橋」から海に至る。

崎山川

区間変更(昭和45年4月1日告示第168号)

小加勢川

左岸 輪島市釜屋谷6字52番の2「京田橋」から河原田川合流点に至る。

右岸 輪島市釜屋谷4字2番の2「京田橋」から河原田川合流点に至る。

諸橋川

区間変更(昭和45年4月1日告示第168号)

――――――――――

昭和四十一年二月四日

告示第六十五号

河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第五条第六項の規定に基づき、二級河川大聖寺川及び杉の水川の区間を次のように変更する。

大聖寺川

左岸 江沼郡山中町真砂已11の3番地から加賀市塩屋町通称鹿島福井県界に至り福井県界に沿い海に至る。

右岸 江沼郡山中町真砂亥46の2番地宮の谷合流点から海に至る。

大聖寺川支川

杉の水川

左岸 江沼郡山中町杉の水へ字7番地尾谷合流点から大聖寺川合流点に至る。

右岸 江沼郡山中町杉の水ト字56番地尾谷合流点から大聖寺川合流点に至る。

――――――――――

昭和四十一年四月一日

告示第百五十九号

河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第五条第一項の規定に基づき、二級河川を次のように指定する。

河川名

指定区間

子浦川支川

向瀬川

左岸 羽咋郡志雄町向瀬い8番松平用水から子浦川合流点に至る。

右岸 羽咋郡志雄町向瀬い8番松平用水から子浦川合流点に至る。

七海川

左岸 鳳至郡穴水町字七海ろ字13甲「和田堰堤」から海に至る。

右岸 鳳至郡穴水町字七海りの45「和田堰堤」から海に至る。

――――――――――

昭和四十一年四月一日

告示第百六十号

河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第五条第六項の規定に基づき、二級河川森下川の区間を次のように改める。

河川名

指定区間

森下川

左岸 金沢市奥新保町21の部17番地「奥新保橋」から河北潟に至る。

右岸 金沢市砂子坂町26の部13番地「奥新保橋」から河北潟に至る。

森下川支川

田島川

左岸 金沢市二俣町きの10、11合併「大俣橋」から森下川合流点に至る。

右岸 金沢市二俣町いの18甲「大俣橋」から森下川合流点に至る。

――――――――――

昭和四十三年四月一日

告示第百七十一号

河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第五条の規定に基づき、二級河川を次のように指定する。

河川名

指定区間

三谷川支川

曽宇川

左岸

加賀市曽宇町ヲ部7番地先から加賀市日谷町1字53番地先三谷川合流点に至る。

右岸

加賀市曽宇町ヲ部74番地先から加賀市日谷町2字13番地先三谷川合流点に至る。

宇ノ気川支川

大谷川

左岸

河川郡高松町字内高松子部1番地先から河川郡宇ノ気町字横山ロ部179番地先宇ノ気川合流点に至る。

右岸

河北郡高松町字内高松よ部43番地先から河北郡宇ノ気町字横山ロ部138番地先宇ノ気川合流点に至る。

宝達川支川

北谷川

左岸

羽咋郡押水町字上田外11ケ字入会2字2の14番地先から羽咋郡押水町字宝達宝達川合流点に至る。

右岸

羽咋郡押水町字上田外11ケ字入会4字2の6番地先から羽咋郡押水町字宝達宝達川合流点に至る。

子浦川支川

長者川

左岸

羽咋郡志雄町字敷浪1区11番地先から羽咋市川原町子浦川合流点に至る。

右岸

羽咋郡志雄町字敷浪1区11番地先から羽咋市川原町子浦川合流点に至る。

長者川支川

樋の川

左岸

羽咋郡志雄町字荻谷リ部110番地先「三池橋」から羽咋郡志雄町長者川合流点に至る。

右岸

羽咋郡志雄町字荻谷ル部30番地先「三池橋」から羽咋郡志雄町長者川合流点に至る。

米町川支川

仏木川

左岸

羽咋郡志賀町字館開ル部12番地先「餅の木橋」から羽咋郡志賀町字梨谷小山米町川合流点に至る。

右岸

羽咋郡志賀町字館開ヌ部47番地先「餅の木橋」から羽咋郡志賀町字梨谷小山米町川合流点に至る。

二宮川支川

吉田川

左岸

鹿島郡田鶴浜町字吉田7部60番地先から鹿島郡田鶴浜町字西下へ部9番地先二宮川合流点に至る。

右岸

鹿島郡田鶴浜町字吉田ソ部86番地先から鹿島郡田鶴浜町字西下3番の13地先二宮川合流点に至る。

長曽川支川

熊野川

左岸

鹿島郡鹿島町字井田56部212番地先「熊野川橋」から鹿島郡鹿西町字西馬場井部32番地先長曽川合流点に至る。

右岸

鹿島郡鹿島町字井田55部97番の甲地先「熊野川橋」から鹿島郡鹿西町字西馬場フ部71番地先長曽川合流点に至る。

金川

左岸

珠洲市岩坂町ヨ部77番地先から海に至る。

右岸

珠洲市岩坂町カ部11番地先から海に至る。

金川支川

岡田川

左岸

珠洲市正院町小路7部1番地先「二枚田頭首工」から珠洲市正院町正院に部28番地先金川合流点に至る。

右岸

珠洲市正院町岡田16部84番地先「二枚田頭首工」から珠洲市正院町正院は部33番地先金川合流点に至る。

折戸川

左岸

珠洲市折戸町サ部30番の1地先から海に至る。

右岸

珠洲市折戸町6部24番地先から海に至る。

――――――――――

昭和四十三年四月一日

告示第百七十二号

河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第五条第六項の規定に基づき、二級河川安原川ほか六河川の区間を次のように変更する。

河川名

区間

犀川支川

安原川

区間変更(昭和48年1月23日告示第46号)

倉部川

左岸

石川郡松任町字宮永市町「西屋川橋」から海に至る。

右岸

石川郡松任町字宮永市町「西屋川橋」から海に至る。

大野川支川

宇ノ気川

左岸

河北郡高松町字若緑ト部60番地先から河北潟に至る。

右岸

河北郡高松町字若緑り部43番の1及び44番合併地先から河北潟に至る。

米町川

区間変更(昭和48年3月31日告示第195号)

日用川

区間変更(昭和45年4月1日告示第168号)

河原田川

左岸

輪島市三井町市ノ坂ヤ部2番地先「片田橋」から海に至る。

右岸

輪島市三井町市ノ坂ラ部61番地先「片田橋」から海に至る。

小又川支川

山王川

左岸

鳳至郡穴水町字河内3乙字7番の1番先から小又川合流点に至る。

右岸

鳳至郡穴水町字河内ヌ字1番地先から小又川合流点に至る。

――――――――――

昭和四十五年四月一日

告示第百六十八号

河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第五条第一項及び同条第六項の規定に基づき、二級河川を次のとおり指定し、区間変更する。

1 あらたに指定したもの

河川名

指定区間

大聖寺川支川

奥の谷川

左岸 加賀市奥谷町17番の1の1地先「奥谷町頭首工」から大聖寺川合流点に至る。

右岸 加賀市奥谷町14番の15の5地先「奥谷町頭首工」から大聖寺川合流点に至る。

大聖寺川支川

北潟湖

左岸 加賀市吉崎町へ1番1地先福井県境から県境に沿い大聖寺川合流点に至る。

右岸 加賀市吉崎町へ1番1地先福井県境から大聖寺川合流点に至る。

田尻川

左岸 加賀市高尾町ハ68番地先「県道橋柳橋」から海に至る。

右岸 加賀市小塩辻町ト5番地先「県道橋柳橋」から海に至る。

新堀川

左岸 加賀市柴山町セ31番地先から海に至る。

右岸 加賀市伊切町エ232番3地先から海に至る。(柴山潟を含む。)

動橋川支川

四十九院川

左岸 江沼郡山中町四十九院町チ40番甲地先「黒谷川合流点」から動橋川合流点に至る。

右岸 江沼郡山中町四十九院町ヌ1番地先「黒谷川合流点」から動橋川合流点に至る。

郷谷川支川

西俣川

一級河川に指定

郷谷川支川

光谷川

同上

鍋谷川支川

館谷川

同上

高橋川支川

碇川

左岸 金沢市四十万町カ100番地先「県道橋」から高橋川合流点に至る。

右岸 金沢市四十万町カ7番地先「県道橋」から高橋川合流点に至る。

森下川支川

涌波川

左岸 金沢市釣部町76番5地先「農道橋」から森下川合流点に至る。

右岸 金沢市上涌波町ヲ32番地先「農道橋」から森下川合流点に至る。

大海川支川

野寺川

左岸 河北郡高松町字野寺ハ62番地先「高地谷林道1号橋」から大海川合流点に至る。

右岸 河北郡高松町字野寺ハ60番地先「高地谷林道1号橋」から大海川合流点に至る。

子浦川支川

新宮川

左岸 羽咋郡志雄町字新宮リ1番地先「新宮川橋」から子浦川合流点に至る。

右岸 羽咋郡志雄町字新宮ワ1番地先「新宮川橋」から子浦川合流点に至る。

飯山川支川

酒井川

左岸 羽咋市酒井町申の部31番の2地先「国道橋」から飯山川合流点に至る。

右岸 羽咋市酒井町ワの部1番地先「国道橋」から飯山川合流点に至る。

於古川支川

安津見川

左岸 羽咋郡志賀町字安津見リ21番地先「仲谷橋」から於古川合流点に至る。

右岸 羽咋郡志賀町字安津見チ20番地先「仲谷橋」から於古川合流点に至る。

御祓川支川

鷹合川

左岸 七尾市白馬町35部58番地先「白馬水門」から御祓川合流点に至る。

右岸 七尾市白馬町32部2番地先「白馬水門」から御祓川合流点に至る。

赤浦川

左岸 七尾市直津町ト14番1地先「宮崎橋」から海に至る。

右岸 七尾市直津町チ8番1地先「宮崎橋」から海に至る。

三引川

左岸 鹿島郡田鶴浜町字三引ほ2番の2地先「三引橋」から海に至る。

右岸 鹿島郡田鶴浜町字三引ほ12番地先「三引橋」から海に至る。

深見川

左岸 鹿島郡田鶴浜町字深見1の部37番地先「床固工」から海に至る。

右岸 鹿島郡田鶴浜町字深見ユ29番地先「床固工」から海に至る。

大津川

左岸 鹿島郡田鶴浜町字大津キ28番地先「石唐戸谷合流点」から海に至る。

右岸 鹿島郡田鶴浜町字大津ユ77番地先「石唐戸谷合流点」から海に至る。

笠師川

左岸 鹿島郡中島町字笠師オ53番地先「福の川橋」から海に至る。

右岸 鹿島郡中島町字笠師ケ39番地先「福の川橋」から海に至る。

熊木川支川

河内川

左岸 鹿島郡中島町字河内シ43番乙地先「岩穴橋」から熊木川合流点に至る。

右岸 鹿島郡中島町字河内モ9番地先「岩穴橋」から熊木川合流点に至る。

衣川

左岸 鹿島郡能登島町字須曽13部1番地先「無名川合流点」から海に至る。

右岸 鹿島郡能登島町字須曽10部3番地先「無名川合流点」から海に至る。

上町川支川

神野川

左岸 鳳至郡能都町字曽又6字78番2地先「県道橋中倉橋」から上町川合流点に至る。

右岸 鳳至郡能都町字曽又ワ字1番2地先「県道橋中倉橋」から上町川合流点に至る。

山田川支川

本木川

左岸 鳳至郡能都町字本木8字29番1地先「国道249号線1号橋」から山田川合流点に至る。

右岸 鳳至郡能都町字本木10字65番1地先「国道249号線1号橋」から山田川合流点に至る。

舟橋川

左岸 珠洲市宝立町馬渡10字43番地先「二口川合流点」から海に至る。

右岸 珠洲市宝立町馬渡10字6番乙地先「二口川合流点」から海に至る。

梯川支川

前川

一級河川に指定

諸橋川支川

前波川

左岸 鳳至郡穴水町字沖波1字1番甲地先から諸橋川合流点に至る。

右岸 鳳至郡穴水町字前波5字23番地から諸橋川合流点に至る。

2 区間変更をしたもの

河川名

区間

梯川支川

郷谷川

区間変更(昭和46年2月26日告示第142号)

梯川支川

八丁川

一級河川に指定

羽咋川支川

吉崎川

左岸 羽咋郡志雄町字杉野屋か45番地先「国道橋」から邑知潟に至る。

右岸 羽咋郡志雄町字杉野屋よ1番地先「国道橋」から邑知潟に至る。

富来川

左岸 羽咋郡富来町字鵜野屋を9番の1地先「黒杉橋」から海に至る。

右岸 羽咋郡富来町字地保へ79番の1地先「黒杉橋」から海に至る。

酒見川

左岸 羽咋郡富来町字大福寺り43番の1地先「前田橋」から海に至る。

右岸 羽咋郡富来町字大福寺り49番の3地先「前田橋」から海に至る。

熊木川

左岸 鹿島郡中島町字別所15部7番2地先「新開橋」から海に至る。

右岸 鹿島郡中島町字別所15部12番甲地先「新開橋」から海に至る。

日用川

区間変更(昭和48年3月31日告示第195号)

大谷川

左岸 七尾市古府町ヌ部42番甲地先「小池原堰堤」から七尾港に至る。

右岸 七尾市古府町ス部39番地先「小池原堰堤」から七尾港に至る。

崎山川

左岸 七尾市湯川町18部26番の1地先「岡橋」から海に至る。

右岸 七尾市湯川町15部26番の1地先「岡橋」から海に至る。

熊渕川

左岸 七尾市多根町エ部12番地先から海に至る。

右岸 七尾市多根町7部33番地先から海に至る。

町野川支川

上町川

左岸 鳳至郡能都町字鶴町二字6番地先「県道橋柳田橋」から町野川合流点に至る。

右岸 鳳至郡能都町字鶴町二字7番地先「県道橋柳田橋」から町野川合流点に至る。

諸橋川

左岸 鳳至郡穴水町字明千寺2字18番1地先から海に至る。

右岸 鳳至郡穴水町字明千寺8字36番地先から海に至る。

九里川尻川

左岸 珠洲郡内浦町字国重ラ14番地先から海に至る。

右岸 珠洲郡内浦町字国重ラ15番地先から海に至る。

梯川

一級河川に指定

――――――――――

昭和四十六年二月二十六日

告示第百四十一号

河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第五条第一項の規定に基づき、二級河川を次のように指定する。

河川名

指定区間

三谷川支川

直下川

左岸

加賀市直下町ツ92の2番地先「馬太郎橋」から三谷川合流点に至る。

右岸

加賀市直下町リ93の4番地先「馬太郎橋」から三谷川合流点に至る。

大聖寺川支川

大内谷川

左岸

江沼郡山中町我谷町トの16番地先から大聖寺川合流点に至る。

右岸

江沼郡山中町我谷町トの13番地の2地先から大聖寺川合流点に至る。

梯川支川

仏大寺川

一級河川に指定

大慶寺川

左岸

松任市松本町1218番地先から海に至る。

右岸

松任市松本町1356番地先から海に至る。

堂尻川

左岸

石川郡美川町西米光町リ21番地先「町界」から海に至る。

右岸

石川郡美川町西米光町イ1番地先「町界」から海に至る。

堂尻川支川

平瀬川

左岸

石川郡美川町井関町リ61番地先「鉄道橋」から堂尻川合流点に至る。

右岸

石川郡美川町井関町リ72番地先「鉄道橋」から堂尻川合流点に至る。

安津見川支川

親右エ門谷川

左岸

羽咋郡志賀町字安津見戌の20番甲地先「十田橋」から安津見川合流点に至る。

右岸

羽咋郡志賀町字安津見いの63番地先「十田橋」から安津見川合流点に至る。

西二又川

左岸

輪島市西二又町オの部44番地先「男女滝」から海に至る。

右岸

輪島市西二又町オの部121番地先「男女滝」から海に至る。

太田川

左岸

鳳至郡穴水町字竹太19字6番地先「ドンドン渕橋」から海に至る。

右岸

鳳至郡穴水町字竹太21字77番地先「ドンドン渕橋」から海に至る。

熊渕川支川

水上川

左岸

七尾市水上町井の部20番地先「水上堰堤」から熊渕川合流点に至る。

右岸

七尾市水上町井の部20番地先「水上堰堤」から熊渕川合流点に至る。

熊渕川支川

小川内川

左岸

七尾市小川内町テの部97番地先から熊渕川合流点に至る。

右岸

七尾市小川内町オの部53番地先から熊渕川合流点に至る。

熊木川支川

西谷内川

左岸

鹿島郡中島町字西谷内ワの部13番地甲地先「橘橋(町道古江谷出線)」から熊木川合流点に至る。

右岸

鹿島郡中島町字西谷内キの部76番地先「橘橋(町道古江谷出線)」から熊木川合流点に至る。

西谷内川支川

鳥越川

左岸

鹿島郡中島町字鳥越ヲ部24番地先「唐川橋(町道老媼田線)」から西谷内川合流点に至る。

右岸

鹿島郡中島町字鳥越ヲ部2番地先「唐川橋(町道老媼田線)」から西谷内川合流点に至る。

――――――――――

昭和四十六年二月二十六日

告示第百四十二号

河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第五条第六項の規定に基づき、二級河川郷谷川ほか六河川の区間を次のように変更する。

河川名

区間

梯川支川

郷谷川

一級河川に指定

日用川支川

粟津川

同上

梯川支川

滓上川

同上

伏見川支川

高橋川

左岸

石川郡鶴来町古町ソ19の2の2番地先「平等寺川合流点」から伏見川合流点に至る。

右岸

石川郡鶴来町本町1丁目ワ88の7番地先「平等寺川合流点」から伏見川合流点に至る。

前田川支川

大坪川

左岸

羽咋郡押水町字上田出コの62番地先「籾川谷橋」から前田川合流点に至る。

右岸

羽咋郡押水町字上田出コの54番地先「籾川谷橋」から前田川合流点に至る。

酒見川支川

新川

左岸

羽咋郡富来町字給分ホの65の甲地先「川渕川合流点」から酒見川合流点に至る。

右岸

羽咋郡富来町字給分1の13番地先「川渕川合流点」から酒見川合流点に至る。

二宮川

左岸

鹿島郡鹿島町字二宮オの部12番地の30地先から海に至る。

右岸

鹿島郡鹿島町字二宮ノの部23番地の2地先から海に至る。

――――――――――

昭和四十八年一月二十三日

告示第四十五号

河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第五条第一項の規定に基づき、二級河川を次のように指定する。

河川名

区間

犀川小支川

馬場川

左岸

石川郡野々市町字二日市町322番地先「北陸本線鉄道橋」から安原川合流点に至る。

右岸

石川郡野々市町字二日市町332番地先「北陸本線鉄道橋」から安原川合流点に至る。

――――――――――

昭和四十八年一月二十三日

告示第四十六号

河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第五条第六項の規定に基づき、二級河川の区間を次のように変更する。

河川名

区間

犀川支川

安原川

左岸

松任市横江町858番地先「北陸本線鉄道橋」から犀川合流点に至る。

右岸

石川郡野々市町字二日市町297番地先「北陸本線鉄道橋」から犀川合流点に至る。

――――――――――

昭和四十八年三月三十一日

告示第百九十四号

河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第五条第一項の規定に基づき、二級河川を次のとおり指定する。

河川名

指定区間

犀川支川

十人川

左岸

石川郡野々市町字野代町250番地先「北陸本線鉄道橋」から犀川合流点に至る。

右岸

金沢市八日市3丁目372番地先「北陸本線鉄道橋」から犀川合流点に至る。

――――――――――

昭和四十八年三月三十一日

告示第百九十五号

河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第五条第六項の規定に基づき、二級河川の区間を次のように変更する。

河川名

指定区間

米町川

左岸

羽咋郡富来町字谷神丁57番地先「町道熊野22号線谷福第一橋」から海に至る。

右岸

羽咋郡富来町字谷神丁64番地先「町道熊野22号線谷神第一橋」から海に至る。

日用川

左岸

羽咋郡富来町字草木16の61番地先「小谷内頭首工」から海に至る。

右岸

羽咋郡富来町字草木17の8番地先「小谷内頭首工」から海に至る。

――――――――――

昭和49年4月1日

告示第234号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定に基づき、二級河川を次のように指定する。

河川名

区間

塩津川

左岸

鹿島郡中島町字塩津9部39番地先「宮田頭首工」から海に至る。

右岸

同上

――――――――――

昭和49年10月22日

告示第675号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定に基づき、二級河川を次のように指定する。

河川名

区間

河北潟放水路

左岸

河北郡内灘町字大根布ニ字49番の1地先「県道橋」から海に至る。

右岸

河北郡内灘町字大根布ニ字51番の1地先「県道橋」から海に至る。

――――――――――

昭和50年4月1日

告示第181号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定に基づき、二級河川を次のように指定する。

河川名

区間

気屋川

左岸

河北郡宇ノ気町字気屋い411番地先「農業用水せき」から宇ノ気川合流点に至る。

右岸

河北郡宇ノ気町字気屋い409番地先「農業用水せき」から宇ノ気川合流点に至る。

――――――――――

昭和51年12月21日

告示第709号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第6項の規定により、二級河川の区間を次のように変更する。

河川名

区間

新堀川小支川尾俣川

左岸

加賀市尾俣町79番地先から八日市川合流点に至る。

右岸

加賀市尾俣町125番地先から八日市川合流点に至る。

――――――――――

昭和52年2月25日

告示第97号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定により、二級河川を次のように指定する。

河川名

区間

小牧川

左岸

鹿島郡中島町字小牧サの部34番甲の2地先から海に至る。

右岸

鹿島郡中島町字小牧19部44番乙地先から海に至る。

――――――――――

昭和52年3月29日

告示第181号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定により、二級河川を次のように指定する。

河川名

区間

飯川

左岸

珠洲市正院町小路と22番地先から海に至る。

右岸

珠洲市正院町小路へ45番1地先から海に至る。

――――――――――

昭和53年1月13日

告示第15号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定により、二級河川を次のように指定する。

河川名

区間

杓田川

左岸

羽咋郡押水町字御舘に1番地先「町道橋杓田川橋」から大坪川合流点に至る。

右岸

羽咋郡押水町字御舘ほ55番地先「町道橋杓田川橋」から大坪川合流点に至る。

長田川

左岸

羽咋郡志賀町字直海ねの1番地先「国道橋」から米町川合流点に至る。

右岸

羽咋郡志賀町字直海つの1番地先「国道橋」から米町川合流点に至る。

粟津川

左岸

珠洲市三崎町粟津8の部9番の2地先「市道橋」から海に至る。

右岸

珠洲市三崎町粟津8の部10番の2地先「市道橋」から海に至る。

――――――――――

昭和54年3月31日

告示第177号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定により、二級河川を次のように指定する。

大徳川

左岸

金沢市藤江北3丁目29番地先から大野川合流点に至る。

右岸

金沢市藤江北3丁目28番地先から大野川合流点に至る。

鵜飼川

左岸

珠洲市宝立町泥木18字65番地先から海に至る。

右岸

珠洲市宝立町泥木17字1番3地先から海に至る。

芦谷川

左岸

珠洲市宝立町柏原113字8番地先から鵜飼川合流点に至る。

右岸

珠洲市宝立町柏原118字6番地先から鵜飼川合流点に至る。

阿岸川

左岸

鳳至郡門前町字猿橋21番1地先から海に至る。

右岸

鳳至郡門前町字猿橋4番21地先から海に至る。

前川

左岸

羽咋郡志賀町字坪野井8番地先から於古川合流点に至る。

右岸

羽咋郡志賀町字坪野ノ52番地先から於古川合流点に至る。

白丸川

左岸

珠洲郡内浦町河ケ谷10字17番2地先から海に至る。

右岸

珠洲郡内浦町河ケ谷4字7番地先から海に至る。

材木川

左岸

河北郡津幡町字材木ロ9番地先から津幡川合流点に至る。

右岸

河北郡津幡町字仮生ワ85番地先から津幡川合流点に至る。

悪水川

左岸

河北郡宇ノ気町字気屋い320番地先から宇ノ気川合流点に至る。

右岸

河北郡宇ノ気町字気屋い337番地先から宇ノ気川合流点に至る。

鳳至川

左岸

輪島市滝又町レ字30番地先から河原田川合流点に至る。

右岸

輪島市滝又町タ字34、36合併1地先から河原田川合流点に至る。

金丸川

左岸

羽咋市下曽祢町ト1番2地先から長曽川合流点に至る。

右岸

羽咋市下曽祢町ニ31番2地先から長曽川合流点に至る。

――――――――――

昭和55年3月31日

告示第174号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定により、二級河川を次のように指定する。

河川名

区間

草木川

羽咋郡富来町字草木5字58番地先の農道橋から米町川合流点に至る。

――――――――――

昭和55年3月31日

告示第175号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第6項の規定により、二級河川の区間を次のように変更する。

河川名

区間

仁岸川

鳳至郡門前町字久川イ13番地先の県道橋「久川橋」から海に至る。

飯川

珠洲市正院町小路は1番地先の市道橋から海に至る。

――――――――――

昭和56年4月21日

告示第260号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定により、二級河川を次のように指定する。

河川名

区間

弓取川

左岸 金沢市問屋町3丁目36番地先から大野川合流点に至る。

右岸 金沢市三口町火233番地先から大野川合流点に至る。

――――――――――

昭和56年5月29日

告示第340号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定により、二級河川を次のように指定する。

河川名

区間

木呂川

左岸

石川郡野々市町字若松町73番地先から伏見川合流点に至る。

右岸

石川郡野々市町字若松町163番地先から伏見川合流点に至る。

――――――――――

昭和58年4月12日

告示第247号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定により、次のとおり二級河川を指定する。

河川名

区間

平沢川

左岸 金沢市中戸町右小々支川「無名川」合流点から内川合流点に至る。

右岸 金沢市中戸町右小々支川「無名川」合流点から内川合流点に至る。

――――――――――

昭和58年7月26日

告示第503号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第6項の規定により、次のとおり二級河川の指定を変更する。

八ケ川水系

区分

名称

区間

上流端

下流端

八ケ川

(左岸)

鳳至郡門前町字内保「谷口川」合流点

(右岸)

鳳至郡門前町字谷口「谷口川」合流点

八ケ川

(左岸)

鳳至郡穴水町字大角間ニ字14番1地先

(右岸)

鳳至郡穴水町字桂谷2字1、2、3番地先

――――――――――

昭和59年10月23日

告示第627号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定により、次のとおり二級河川を指定する。

犀川水系

河川名

区間

高橋川放水路

上流端

(左岸)

石川郡鶴来町月橋町653番地先「高橋川放水路分流堰」

(右岸)

石川郡鶴来町月橋町656番1地先「高橋川放水路分流堰」

下流端

(左岸)

石川郡鶴来町明島町山204番6地先「手取川」合流点

(右岸)

石川郡鶴来町明島町山204番5地先「手取川」合流点

――――――――――

昭和62年3月31日

告示第175号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項及び第6項の規定により、次のとおり二級河川を指定し、又は二級河川の指定を変更する。

1 大聖寺川水系

区分

名称

区間

上流端

下流端

指定

三谷川放水路

左岸 加賀市大聖寺菅生町ソ36番1地先三谷川からの分派点

右岸 加賀市南郷町64番1地先三谷川からの分派点

大聖寺川への合流点

指定

熊坂川放水路

左岸 加賀市熊坂町75番1地先熊坂川からの分派点

右岸 加賀市熊坂町69番3地先熊坂川からの分派点

大聖寺川への合流点

2 大野川水系

区分

名称

区間

上流端

下流端

変更

大野川

左岸 河北郡内灘村字向粟崎機具橋

右岸 河北郡内灘村字向粟崎機具橋

ただし、河北潟を含む。

大野川

左岸 金沢市湊1丁目21番1地先金沢港防潮水門

右岸 河北郡内灘町字大根布に1番2地先金沢港防潮水門

大野川分水路

左岸 金沢市無量寺町ヲ82番1地先大野川からの分派点

右岸 金沢市大野町4丁目イ170番10地先大野川からの分派点

河北潟(東部承水路を含む。)

 

 

河北潟西部承水路

左岸 河北郡宇ノ気町字湖北343番地先宇ノ気排水機場

右岸 河北郡宇ノ気町字内日角ソ95番5地先宇ノ気排水機場

河北潟放水路への合流点

変更

浅野川

左岸 石川郡湯涌谷村字曲右小支無名川合流点

右岸 石川郡湯涌谷村字河内右小支無名川合流点

河北潟

浅野川

左岸 金沢市湯涌曲町右小支無名川合流点

右岸 金沢市湯涌河内町右小支無名川合流点

大野川への合流点

指定

浅野川放水路

左岸 金沢市田上本町テ38番地先浅野川からの分派点

右岸 金沢市田上本町テ44番4地先浅野川からの分派点

犀川への合流点

3 小又川水系

区分

名称

区間

上流端

下流端

変更

小又川

左岸 鳳至郡穴水町字地蔵坊「堰堤」

右岸 鳳至郡穴水町字地蔵坊「堰堤」

小又川

左岸 鳳至郡穴水町字平野い5番地先堰堤

右岸 鳳至郡穴水町字地蔵坊2字206番地先堰堤

真名井川

左岸 鳳志郡穴水町字川島ロ54番1地先山王川からの分派点

右岸 鳳至郡穴水町字大町ほ96番地先山王川からの分派点

善右衛門川

左岸 鳳至郡穴水町字川島イ129番1地先真名井川からの分派点

右岸 鳳至郡穴水町字川島イ66番2地先真名井川からの分派点

真名井川への合流点

中ノ橋川

左岸 鳳至郡穴水町字川島イ66番2地先真名井川からの分派点

右岸 鳳至郡穴水町字川島イ14番1地先真名井川からの分派点

善右衛門川への合流点

山王川

左岸 鳳至郡穴水町字河内3乙字7番の1地先

右岸 鳳至郡穴水町字河内ヌ字1番地先

小又川への合流点

山王川

左岸 鳳至郡穴水町字河内3乙字7番2地先上川橋

右岸 鳳至郡穴水町字河内ヌ1番1地先上川橋

小又川への合流点

――――――――――

昭和62年5月26日

告示第338号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定により、次のとおり二級河川を指定する。

大野川水系

区分

名称

区間

上流端

下流端

指定

新大徳川

左岸 金沢市藤江北3丁目151番地先大徳川からの分派点

右岸 金沢市藤江北3丁目112番地先大徳川からの分派点

大野川への合流点

――――――――――

昭和63年3月1日

告示第147号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定により、次のとおり二級河川を指定し、及び二級河川の指定を廃止する。

河原田川水系

区分

名称

区間

上流端

下流端

指定

小加勢川

左岸 輪島市釜屋谷町6字41番1地先

右岸 輪島市釜屋谷町5字30番1地先

鳳至川への合流点

廃止

小加勢川

左岸 輪島市釜屋谷6字52番の2「京田橋」

右岸 輪島市釜屋谷4字2番の2「京田橋」

河原田川への合流点

――――――――――

平成5年2月9日

告示第69号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第6項の規定により、次のとおり二級河川の指定を変更する。

大聖寺川水系

区分

名称

区間

上流端

下流端

奥の谷川

左岸 加賀市奥谷町17番の1の1地先「奥谷町頭首工」

右岸 加賀市奥谷町14番の15の5地先「奥谷町頭首工」

大聖寺川合流点

奥の谷川

左岸 加賀市奥谷町14の6番8地先奥谷町頭首工

右岸 加賀市奥谷町14の12番1地先奥谷町頭首工

大聖寺川への合流点

――――――――――

平成5年4月13日

告示第243号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第1項の規定により、次のとおり二級河川を指定する。

1 犀川水系

区分

名称

区間

上流端

下流端

指定

木曳川

左岸 金沢市示野町リ85番3地先木曳2の橋

右岸 金沢市松村7丁目136番地先木曳2の橋

犀川への合流点

2 大野川水系

区分

名称

区間

上流端

下流端

指定

大宮川

左岸 金沢市大浦町ハ17番4地先猫橋

右岸 金沢市大浦町ハ94番3地先猫橋

河北潟

――――――――――

平成8年10月29日

告示第563号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第6項の規定により、二級河川犀川水系高橋川の一部を次のように廃止する。

二級河川犀川水系高橋川左岸の金沢市馬替2丁目204番3地先において分流し、金沢市馬替2丁目52番1地先までの区間

――――――――――

平成14年3月29日

告示第170号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第6項の規定により、次のとおり二級河川の指定を変更する。

犀川水系

区分

名称

区間

変更の期日

上流端

下流端

木曳川

左岸 金沢市示野町リ85番3地先 木曳2の橋

右岸 金沢市松村7丁目136番地先 木曳2の橋

犀川への合流点

平成14年4月1日

木曳川

左岸 金沢市桜田町サ9番2地先 国道橋

右岸 金沢市藤江南3丁目109番地先 国道橋

犀川への合流点

――――――――――

平成21年10月6日

告示第461号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第6項の規定により、次のとおり二級河川の指定を変更する。

二宮川水系

区分

名称

区間

上流端

下流端

石塚川

左岸 鹿島郡中能登町久乃木「無名川」合流点

右岸 鹿島郡中能登町久乃木「無名川」合流点

左岸 七尾市東三階町ニ部27番9地先

右岸 七尾市東三階町ミ部7番1地先

(二宮川合流点)

石塚川

左岸 鹿島郡中能登町久乃木「無名川」合流点

右岸 鹿島郡中能登町久乃木「無名川」合流点

左岸 鹿島郡中能登町在江ケ部61番地先

右岸 鹿島郡中能登町西参部21番地先

(二宮川合流点)

――――――――――

平成25年11月12日

告示第451号

河川法(昭和39年法律第167号)第5条第6項により、次のとおり二級河川の指定を変更する。

区分

名称

区間

上流端

下流端

悪水川

左岸 かほく市気屋い320番地先

右岸 かほく市気屋い337番地先

宇ノ気川合流点

加茂田川

左岸 かほく市気屋い320番地先

右岸 かほく市気屋い337番地先

宇ノ気川合流点

二級河川の指定

大正6年7月7日 告示第306号

(昭和37年11月30日施行)

体系情報
第6編 木/第2章の2 河川、海岸/第1節
沿革情報
大正6年7月7日 告示第306号
大正6年11月 告示第459号
昭和11年1月 告示第696号
昭和37年11月30日 告示第653号