○石川県警察職員定数条例

昭和二十九年六月三十日

条例第三十号

石川県警察職員定数条例をここに公布する。

石川県警察職員定数条例

(目的)

第一条 この条例は、警察法(昭和二十九年法律第百六十二号)第五十七条第二項の規定に基き、石川県警察職員(以下「警察職員」という。)の定数に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(定数)

第二条 警察職員の定数は、次に掲げるとおりとする。

警視 八十九人

警部 百八十一人

警部補 五百五十人

巡査部長 五百六十九人

巡査 五百八十八人

その他警察職員 三百七十九人

計 二千三百五十六人

2 前項の規定にかかわらず、上位の階級の定数に欠員がある場合には、その欠員数の範囲内でその定数を下位の階級の定数に流用することができる。

(昭四一条例二四・全改、昭四一条例四四・昭四二条例九・昭四三条例一九・昭四三条例三三・昭四四条例八・昭四四条例二六・昭四四条例四四・昭四五条例一二・昭四五条例三八・昭四六条例一〇・昭四七条例一四・昭四八条例一二・昭四八条例三五・昭四九条例一四・昭五〇条例五・昭五一条例四三・昭五二条例一八・昭五三条例一四・昭五四条例二二・昭五五条例二〇・昭五六条例一八・昭五七条例一六・昭五八条例二〇・昭六一条例三五・昭六三条例一六・平三条例三四・平四条例一三・平五条例一一・平六条例八・平七条例一八・平八条例一二・平一四条例二〇・平一六条例二一・平一七条例二九・平一八条例一六・平一九条例二九・平二一条例二三・平二四条例二四・平二五条例二四・平二七条例二四・平二八条例二五・平二九条例二〇・一部改正)

第三条 前条に掲げる警察職員の定数の部内の配分は、石川県公安委員会規則で定める。

(定数外)

第四条 休職者及び長期間にわたり職務を執ることを要しない者は、定数外とする。

(昭三一条例二〇・昭三二条例一八・昭四七条例一四・一部改正)

附 則

1 この条例は、昭和二十九年七月一日から施行する。

2 第二条の規定にかかわらず、職員の定数は、昭和二十九年七月一日から昭和三十年三月三十一日までの間は、次に掲げるとおりとする。

警視 三一人

警部 六一人

警部補 一一三人

巡査部長 一九八人

巡査 七五九人

事務吏員 五一人

技術吏員 一六人

その他の職員 一八九人

計 一、四一八人

3 第二条の規定にかかわらず、職員の定数は、昭和三十年四月一日から昭和三十一年三月三十一日までの間は、次に掲げるとおりとする。

警視 三一人

警部 五九人

警部補 一一一人

巡査部長 一九七人

巡査 七一七人

事務吏員 四九人

技術吏員 一六人

その他の職員 一七一人

計 一、三五一人

4 職員の数は、第二項の場合においては、昭和三十年四月一日、前項の場合においては昭和三十一年四月一日、第二条の場合においては昭和三十二年四月一日において、それぞれ同項又は同条の定数をこえないように同項又は同条の期間内に整理されるものとし、それまでの間は、その定数をこえる員数の職員は、定数の外に置くことができる。

附 則(昭和三十一年六月三十日条例第二十号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 この条例中、第二条の改正規定は、昭和三十一年四月一日から適用する。

附 則(昭和三十二年三月二十七日条例第十八号)

この条例は、昭和三十二年四月一日から施行する。

附 則(昭和三十三年三月二十七日条例第十四号)

この条例は、昭和三十三年四月一日から施行する。

附 則(昭和三十四年三月二十四日条例第十六号)

この条例は、昭和三十四年四月一日から施行する。

附 則(昭和三十五年三月二十四日条例第七号)

この条例は、昭和三十五年四月一日から施行する。

附 則(昭和三十五年九月三十日条例第四十一号)

この条例は、昭和三十五年十月一日から施行する。

附 則(昭和三十六年四月一日条例第五号)

この条例は、昭和三十六年四月一日から施行する。

附 則(昭和三十七年三月二十八日条例第九号)

この条例は、昭和三十七年四月一日から施行する。

附 則(昭和三十八年四月一日条例第七号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和三十九年三月三十日条例第二十六号)

この条例は、昭和三十九年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十年三月二十五日条例第十一号)

この条例は、昭和四十年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十一年三月二十八日条例第二十四号)

この条例は、昭和四十一年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十一年十月一日条例第四十四号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和四十二年三月二十五日条例第九号)

この条例は、昭和四十二年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十三年三月二十三日条例第十九号)

この条例は、昭和四十三年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十三年九月二十一日条例第三十三号)

この条例は、昭和四十三年十月一日から施行する。

附 則(昭和四十四年三月二十四日条例第八号)

この条例は、昭和四十四年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十四年三月二十四日条例第二十六号)

この条例は、昭和四十四年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十四年十月二日条例第四十四号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和四十五年三月二十三日条例第十二号)

この条例は、昭和四十五年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十五年六月二十五日条例第三十八号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和四十六年三月二十日条例第十号)

この条例は、昭和四十六年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十七年三月二十八日条例第十四号)

この条例は、昭和四十七年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十八年三月二十八日条例第十二号)

この条例は、昭和四十八年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十八年三月二十八日条例第三十五号)

この条例は、昭和四十八年四月一日から施行する。

附 則(昭和四十九年三月二十六日条例第十四号)

この条例は、昭和四十九年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十年三月二十二日条例第五号)

この条例は、昭和五十年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十一年三月三十日条例第四十三号)

この条例は、昭和五十一年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十二年三月二十九日条例第十八号)

この条例は、昭和五十二年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十三年三月二十八日条例第十四号)

この条例は、昭和五十三年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十四年三月二十日条例第二十二号)

この条例は、昭和五十四年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十五年三月二十八日条例第二十号)

この条例は、昭和五十五年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十六年三月三十一日条例第十八号)

この条例は、昭和五十六年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十七年三月二十六日条例第十六号)

この条例は、昭和五十七年四月一日から施行する。

附 則(昭和五十八年三月二十二日条例第二十号)

この条例は、昭和五十八年四月一日から施行する。

附 則(昭和六十一年六月十七日条例第三十五号)

この条例は、昭和六十一年十月一日から施行する。

附 則(昭和六十三年三月二十五日条例第十六号)

この条例は、昭和六十三年四月一日から施行する。

附 則(平成三年十月十一日条例第三十四号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 巡査部長及び巡査(この条例による改正後の石川県警察職員定数条例(以下「新条例」という。)第四条の規定により定数外とされる者を除く。以下同じ。)の数は、平成四年三月三十一日において新条例第二条に規定する定数を超えないようにその前日までに整理されるものとし、それまでの間は、その定数を超える員数の巡査部長及び巡査は、定数の外に置くことができる。

附 則(平成四年三月二十七日条例第十三号)

この条例は、平成四年四月一日から施行する。

附 則(平成五年三月二十六日条例第十一号)

この条例は、平成五年四月一日から施行する。

附 則(平成六年三月十五日条例第八号)

この条例は、平成六年四月一日から施行する。

附 則(平成七年三月二十二日条例第十八号)

この条例は、平成七年四月一日から施行する。

附 則(平成八年三月二十二日条例第十二号)

この条例は、平成八年四月一日から施行する。

附 則(平成十四年二月二十六日条例第二十号)

この条例は、平成十四年四月一日から施行する。

附 則(平成十六年三月二十三日条例第二十一号)

この条例は、平成十六年四月一日から施行する。

附 則(平成十七年三月二十二日条例第二十九号)

この条例は、平成十七年四月一日から施行する。

附 則(平成十八年二月二十八日条例第十六号)

この条例は、平成十八年四月一日から施行する。

附 則(平成十九年三月二十二日条例第二十九号)

この条例は、平成十九年四月一日から施行する。

附 則(平成二十一年三月二十五日条例第二十三号)

この条例は、平成二十一年四月一日から施行する。

附 則(平成二十四年三月二十六日条例第二十四号)

この条例は、平成二十四年四月一日から施行する。

附 則(平成二十五年三月二十五日条例第二十四号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成二十五年五月規則第二十四号で、同二十五年五月十六日から施行)

附 則(平成二十七年三月二十三日条例第二十四号)

この条例は、平成二十七年四月一日から施行する。

附 則(平成二十八年三月二十五日条例第二十五号)

この条例は、平成二十八年四月一日から施行する。

附 則(平成二十九年三月二十三日条例第二十号)

この条例は、平成二十九年四月一日から施行する。

石川県警察職員定数条例

昭和29年6月30日 条例第30号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第9編 察/第2章
沿革情報
昭和29年6月30日 条例第30号
昭和31年6月30日 条例第20号
昭和32年3月27日 条例第18号
昭和33年3月27日 条例第14号
昭和34年3月24日 条例第16号
昭和35年3月24日 条例第7号
昭和35年9月30日 条例第41号
昭和36年4月1日 条例第5号
昭和37年3月28日 条例第9号
昭和38年4月1日 条例第7号
昭和39年3月30日 条例第26号
昭和40年3月25日 条例第11号
昭和41年3月28日 条例第24号
昭和41年10月1日 条例第44号
昭和42年3月25日 条例第9号
昭和43年3月23日 条例第19号
昭和43年9月21日 条例第33号
昭和44年3月24日 条例第8号
昭和44年3月24日 条例第26号
昭和44年10月2日 条例第44号
昭和45年3月23日 条例第12号
昭和45年6月25日 条例第38号
昭和46年3月20日 条例第10号
昭和47年3月28日 条例第14号
昭和48年3月28日 条例第12号
昭和48年3月28日 条例第35号
昭和49年3月26日 条例第14号
昭和50年3月22日 条例第5号
昭和51年3月30日 条例第43号
昭和52年3月29日 条例第18号
昭和53年3月28日 条例第14号
昭和54年3月20日 条例第22号
昭和55年3月28日 条例第20号
昭和56年3月31日 条例第18号
昭和57年3月26日 条例第16号
昭和58年3月22日 条例第20号
昭和61年6月17日 条例第35号
昭和63年3月25日 条例第16号
平成3年10月11日 条例第34号
平成4年3月27日 条例第13号
平成5年3月26日 条例第11号
平成6年3月15日 条例第8号
平成7年3月22日 条例第18号
平成8年3月22日 条例第12号
平成14年2月26日 条例第20号
平成16年3月23日 条例第21号
平成17年3月22日 条例第29号
平成18年2月28日 条例第16号
平成19年3月22日 条例第29号
平成21年3月25日 条例第23号
平成24年3月26日 条例第24号
平成25年3月25日 条例第24号
平成27年3月23日 条例第24号
平成28年3月25日 条例第25号
平成29年3月23日 条例第20号