○闘犬、闘鶏、闘牛等取締条例

昭和五十年七月八日

条例第四十三号

闘犬、闘鶏、闘牛等取締条例をここに公布する。

闘犬、闘鶏、闘牛等取締条例

(目的)

第一条 この条例は、闘犬、闘鶏、闘牛等を禁止することにより、善良の風俗を保持することを目的とする。

(闘犬等の禁止)

第二条 犬、鶏、牛その他の動物を互いに闘わせてはならない。

(観客を集めることの禁止)

第三条 前条の闘いを見せる目的で、公衆を集めてはならない。

(教唆及びほう助)

第四条 前条の行為を教唆し、又はほう助してはならない。

(罰則)

第五条 第三条又は前条の規定に違反した者は、十万円以下の罰金又は科料に処する。

(平四条例一・一部改正)

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成四年三月二十七日条例第一号抄)

1 この条例は、平成四年五月一日から施行する。(後略)

闘犬、闘鶏、闘牛等取締条例

昭和50年7月8日 条例第43号

(平成4年3月27日施行)

体系情報
第9編 察/第3章 刑事・防犯
沿革情報
昭和50年7月8日 条例第43号
平成4年3月27日 条例第1号