○警備業法に基づく指定医の指定に関する規則

平成十七年五月十三日

公安委員会規則第十二号

〔警備業法第十六条の二の規定に基づく指定医の指定に関する規則〕をここに公布する。

警備業法に基づく指定医の指定に関する規則

(指定医の指定)

第一条 警備業法(昭和四十七年法律第百十七号)第五十一条の規定による石川県公安委員会があらかじめ指定する医師(以下「指定医」という。)の指定は、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和二十五年法律第百二十三号)第十八条第一項の規定により精神保健指定医に指定された医師のうちから行うものとする。

(指定数)

第二条 指定医の診断を受ける者の負担等を考慮して、複数の病院から二人以上の指定を行うものとする。

(医師の事前承諾)

第三条 指定医の指定に当たっては、指定を受ける医師の承諾を受けるものとする。

(指定の解除)

第四条 石川県公安委員会は、次に掲げる場合には、指定を解除するものとする。

 精神保健指定医に該当しなくなったとき。

 指定医から指定解除の申し出があったとき。

(告示)

第五条 石川県公安委員会は、次に掲げる場合には、その旨を告示するものとする。

 第一条の指定をしたとき。

 前条の指定を解除したとき。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成十七年十月二十八日公安委員会規則第十七号)

この規則は、平成十七年十一月二十一日から施行する。

警備業法に基づく指定医の指定に関する規則

平成17年5月13日 公安委員会規則第12号

(平成17年11月21日施行)

体系情報
第9編 察/第3章 刑事・防犯
沿革情報
平成17年5月13日 公安委員会規則第12号
平成17年10月28日 公安委員会規則第17号