○石岡市戸籍届出の本人確認に関する事務処理要綱

平成17年10月1日

告示第19号

(目的)

第1条 この告示は,戸籍法(昭和22年法律第224号)の規定による届出(その届出によって,婚姻,養子縁組等一定の身分関係が形成されるもの又は入籍,分籍等戸籍法上の効力が発生するものに限る。以下「届出」という。)を受け付ける場合において,当該届出のため来庁した者(以下「来庁者」という。)の本人確認を行うことにより,第三者による虚偽の届出を未然に防止し,戸籍記録の正確性の確保及び保護を図ることを目的とする。

(来庁者の本人確認)

第2条 市長は,届出を受け付ける場合は,来庁者の同意の下に本人確認を行うものとする。

2 前項に規定する来庁者の本人確認は,官公署の発行した免許証,許可証若しくは身分証明書で本人の写真をはり付け,割印若しくは浮出プレスをしたもの若しくは本人の写真と一体になっているもの又は在留カード若しくは特別永住者証明書(以下「身分証明書等」という。)の提示を求めて行うものとする。

(平24告示216・一部改正)

(本人確認ができない場合)

第3条 市長は,次の理由により来庁者の本人確認ができなかった場合は,届出があったことについて「届出人に対し,郵送により連絡する」旨を告知したうえ,届書の審査を行い,戸籍届書受理のお知らせ(別記様式)により事務連絡を行う。

(1) 身分証明書等を持参しなかったとき又は提示を拒否したとき 当該届書に係る届出人すべてに事務連絡を行う。

(2) 来庁者が使者のとき 当該使者の本人確認ができたときでも,当該届書に係る届出人すべてに事務連絡を行う。

(3) 休日夜間等に届出があったとき 特に身分証明書等の提示は求めず,当該届書に係る届出人すべてに事務連絡を行う。

(郵送による届出の場合)

第4条 前条の規定は,郵送による届出があった場合における事務処理について準用する。

(本人確認の記録等)

第5条 前2条に規定する本人確認の処理状況については,本人確認処理簿に記録し,これを当該年度の翌年度から起算して5年間保存するものとする。

附 則

この告示は,平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成24年6月8日告示第216号)

この告示は,平成24年7月9日から施行する。

画像

石岡市戸籍届出の本人確認に関する事務処理要綱

平成17年10月1日 告示第19号

(平成24年7月9日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第8節
沿革情報
平成17年10月1日 告示第19号
平成24年6月8日 告示第216号