○石岡市民会館条例

平成17年10月1日

条例第19号

(設置)

第1条 市民の文化教養及び福祉の増進に寄与するため石岡市民会館(以下「市民会館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 市民会館の名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

石岡市民会館

石岡市総社一丁目2番5号

(使用の許可)

第3条 市民会館を使用しようとする者(以下「使用者」という。)は,あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 市長は,前項の許可を与える場合において,必要な条件を付することができる。

(使用許可の制限)

第4条 市長は,次の各号のいずれかに該当する場合は,市民会館の使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあると認めるとき。

(2) 建物又はその附属施設及び器具類をき損するおそれがあると認めるとき。

(使用期間及び使用時間)

第5条 市民会館の使用期間は,同一の使用につき引き続き5日を超えることはできないものとし,使用時間は,午前9時から午後10時までとする。ただし,市長が特に承認したときは,この限りでない。

(使用料)

第6条 市民会館の使用料は,別表第1から別表第3までに定めるとおりとする。

2 使用料は,前納とする。

(使用料の減免)

第7条 前条に規定する使用料について,市長が特別の事由があると認めるときは,これを減免することができる。

(使用料の返還)

第8条 既納の使用料は,返還しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は,その全部又は一部を返還することができる。

(1) 使用者の責めによらない事由により使用することができないとき。

(2) 使用者が使用開始前10日までに使用を取り消し,又は変更を求める申請をし,市長がこれを承認したとき。

(3) その他市長が相当の事由があると認めたとき。

(目的外使用,権利譲渡等の禁止)

第9条 使用者は,許可を受けた目的以外に市民会館を使用し,又はその権利を譲渡し,若しくは転貸することはできない。

(使用許可の取消し等)

第10条 市長は,次の各号のいずれかに該当する場合は,その使用許可を取り消し,又は使用を中止させ,若しくは変更させることができる。

(1) この条例又はこれに基づく規則に違反したとき。

(2) 使用許可の目的又は条件に違反したとき。

(3) その他市長において特に必要があると認めるとき。

(損害賠償)

第11条 使用者は,建物又は附属施設若しくは備付物件を滅失し,又はき損したときは,市長の定めるところによりその損害を賠償しなければならない。

(特別の設備費)

第12条 使用者は,市民会館の使用に当たって,既存の設備を移動し,又は特別の設備をしようとするときは,あらかじめ市長の承認を受けなければならない。

(原状回復の義務)

第13条 使用者は,市民会館の使用を終わったとき,又は使用の許可を取り消されたとき,若しくは使用を停止されたときは,直ちに原状に復さなければならない。

2 市長は,使用者が前項の規定を履行しない場合は,原状回復に要した費用を当該使用者から徴収することができる。

(販売行為等の禁止)

第14条 市民会館及びその敷地内においては,物品の販売その他これに類する行為をしてはならない。ただし,市長の許可を受けた場合は,この限りでない。

(職員の立入り)

第15条 市長は,市民会館の管理上必要があると認めるときは,市長の指定した職員を現に使用している市民会館の施設に立ち入らせることができる。この場合において,使用者は,当該職員の立入りを拒むことができない。

(損害の帰属)

第16条 市民会館の使用により,又はこの条例に基づく処分によって使用者に生じた損害については,本市は一切その責任を負わない。

(市民会館運営委員会)

第17条 市民会館の運営に関し,市長の諮問に応ずるため,市民会館運営委員会を設置することができる。

(委任)

第18条 この条例の施行に関し必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は,平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに,合併前の石岡市民会館条例(昭和43年石岡市条例第3号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成25年12月18日条例第48号)

この条例は,平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月22日条例第1号)

この条例は,平成31年10月1日から施行する。

別表第1(第6条関係)

(平31条例1・全改)

市民会館ホール使用料

(単位:円)

区分

午前

9:00~12:30

午後

13:00~17:00

夜間

18:00~22:00

全日

入場料を徴収しない場合

平日

7,700

11,000

15,400

30,800

土日 祝日

11,000

16,500

23,100

46,200

入場料を徴収する場合

平日

14,300

20,900

28,600

57,200

土日 祝日

20,900

31,900

42,900

85,800

備考

1 使用時間がこの表の区分による時間を超える場合は,22時以降24時以前については夜間,0時以降9時以前については午前,その他の場合については超過時間の属する午前,午後,夜間の区分とする。

2 入場料を徴収しない場合であっても,使用者が不特定多数の者に会員券等を有料で頒布する場合の使用料は,次のとおりとする。

(1) 200円未満のときは,規定使用料の5割増

(2) 200円以上のときは,規定使用料の10割増

別表第2(第6条関係)

(平31条例1・全改)

市民会館会議室等使用料

(単位:円)

管理棟

オーデトリアム棟

室名等

面積

午前

午後

夜間

室名等

面積

午前

午後

夜間

第1会議室

72m2

1,100

1,210

1,430

第1化粧室

25m2

330

380

440

第2会議室

90m2

1,650

1,870

2,200

第2化粧室

11m2

220

260

330

第3会議室

73m2

1,100

1,210

1,430

控室

12m2

220

260

330

第4会議室

59m2

770

880

990

ステージ

150m2

3,850

4,400

4,950

第5会議室

59m2

770

880

990

ホワイエ

96m2

1,650

1,870

2,200

第6会議室

60m2

770

880

990

映写技師控室

18m2

330

380

440

着付化粧室

14m2

330

380

440

2階ホール

96m2

1,100

1,210

1,430

エントランス・ホール

144m2

1,100

1,210

1,430

オーケストラ・ピット


2,200

2,420

2,860

備考

1 午前,午後及び夜間の時間の区分は,別表第1と同様とする。

2 会議室等を営利宣伝その他これに類する行為を目的とした展示場として使用する場合は,規定使用料の10割増とする。この場合において,使用者が本市に住所を有しない者(本市に事務所又は事業所を有しない法人団体を含む。)であるときは,上記によって算定した使用料の5割増とする。

3 別表第1備考の規定は,別表第2においても同様とする。

別表第3(第6条関係)

(平31条例1・全改)

市民会館附帯設備,備品等使用料(1回当たり)

(単位:円)

設備名

金額

摘要

拡声装置

拡声装置

1式

3,300

マイク及びマイクスタンド1本を含む。

ダイナミックマイクロホン

1本

550


コンデンサーマイクロホン

1本

1,100


ワイヤレスマイクロホン

1本

1,650


エレベーター装置

1基

550


レコードプレイヤー

1台

1,100


テープレコーダー

1台

1,100

カセットデッキ又はオープンデッキ

CDプレーヤー

1台

1,100


ステージスピーカー

1組

550


音響効果器

1台

1,100

エコーマシン

演壇(拡声装置付)

1台

1,650


舞台器具

音響反射板

1式

3,300


演壇

1式

550


指揮台

1台

220


譜面台

1台

220


松羽目

1式

1,100


金屏風

1式

1,650


山台

1式

2,750

平台,箱足等は,1個につき50円

緋毛せん

1枚

110


映写機(16mm)

1台

5,500

2KW

スクリーン

1式

1,100


ピアノ

1台

5,500


スモークマシン

1台

2,200


ジョーゼット幕

1式

1,100


地がすり

1枚

550


スライド映写機

1台

550


フロアーマット

1式

550


照明器具

フットライト

1列

770

60W×72灯

第一ボーダーライト

1列

1,100

150W×72灯

第二ボーダーライト

1列

1,100

150W×63灯

アッパーホリゾントライト

1列

2,200

500W×45灯

ロアーホリゾントライト

1列

1,100

200W×63灯

シーリングライト

1台

440

1.5KW×18台

サスペンションライト

1台

330

1KW×30台

サスペンションライト

1台

220

500W×10台

フロントサイドスポットライト

1台

330

1KW×18台

ステージスポットライト

1台

330

1KW×15台

フットスポットライト

1台

220

500W×6台

オーロラマシン

1台

1,100


エフェクトマシン

1式

1,100


ミラーボール

1台

1,100


ストロボスコープ

1式

1,100


オーバーヘッドマシン

1式

1,100


センタースポットライト

1台

2,200

クセノン2KW

その他

コンセント

1箇所

330


定置外イス

1脚

30


定置外テーブル

1台

50


パネル

1枚

110


持込電源

1KW

330


プラステートカラー

1枚

実費


映写機(16mm移動型)

1台

2,200

500W

スクリーン(移動型)

1基

550


ビデオ付テレビ

1式

2,200


浴室

1室

550


ワイヤレス拡声装置

1台

1,100

マイク1本付

ワイヤレス拡声装置

1台

1,650

マイク2本付

備考 1回とは,別表第1に掲げる午前,午後,夜間のうちいずれかの時間帯をいい,全日の場合は3回とみなす。

石岡市民会館条例

平成17年10月1日 条例第19号

(令和元年10月1日施行)