○石岡市税等収納嘱託員要綱

平成17年10月1日

訓令第47号

(趣旨)

第1条 この訓令は,石岡市嘱託員の任用等に関する規程(平成17年石岡市訓令第46号)第20条の規定に基づき,石岡市税収納嘱託員並びに国民健康保険税及び後期高齢者医療保険料収納嘱託員(以下「嘱託員」という。)の職務,勤務条件等に関し必要な事項を定めるものとする。

(平22訓令19・一部改正)

(職務)

第2条 嘱託員の職務は,次のとおりとする。

(1) 市税,国民健康保険税及び後期高齢者医療保険料(以下「市税等」という。)の収納に関すること。

(2) 市税等の口座振替業務に関すること。

(3) その他所属長の指示する事項に関すること。

2 市長は,嘱託員に対して石岡市財務規則(平成17年石岡市規則第56号)別表第3に掲げる現金取扱員を命ずるものとする。

3 嘱託員の勤務時間は,午前8時30分から午後5時15分までの時間帯のうち6時間を超えない範囲とする。

(平18訓令27・平21訓令16・平22訓令19・一部改正)

(報酬及び費用弁償)

第3条 嘱託員の報酬及び費用弁償の額は,石岡市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成17年石岡市条例第49号)に定める範囲内で,別表により算出した合計額とする。

(退職)

第4条 嘱託員が退職しようとするときは,退職しようとする日の1月前までに市長にその旨を文書で申し出て,その承認を得なければならない。

(損害賠償の義務)

第5条 嘱託員は,職務の遂行に当たって故意又は過失により,市に損害を与えたときは,その損害を賠償しなければならない。

(身分証明書)

第6条 嘱託員が職務に従事するときは,身分証明書(様式第1号)を常に携帯し,関係者から請求を受けたときは,これを提示しなければならない。

2 嘱託員がその職を退いたときは,直ちに身分証明書を市長に返還しなければならない。

(身元保証書等の提出)

第7条 嘱託員の委嘱を受けようとする者は,次に掲げる書類を市長に提出しなければならない。

(1) 身元保証書(様式第2号)

(2) 誓約書(様式第3号)

(3) その他市長が必要と認める書類

2 前項の書類の記載事項に変更が生じたときは,嘱託員は速やかに市長に届け出なければならない。

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか,必要な事項は,別に定める。

附 則

この訓令は,平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成18年6月30日訓令第27号)

この訓令は,平成18年7月1日から施行する。

附 則(平成21年12月28日訓令第16号)

この訓令は,平成22年1月1日から施行する。

附 則(平成22年10月8日訓令第19号)

この訓令は,公布の日から施行し,改正後の石岡市税等収納嘱託員要綱の規定は,平成22年4月1日から適用する。

附 則(平成23年3月31日訓令第4号)

この訓令は,平成23年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

(平23訓令4・全改)

報酬内訳

支給額

備考

基本額

52,000円

欠勤の場合は,日割計算とする。

出勤割

1日につき 1,500円


能率給

収納割

収納額の100分の4

収納額は1件につき100,000円を限度として算定する。

口座推進

1件につき 1,000円


(平22訓令19・一部改正)

画像

画像

(平22訓令19・一部改正)

画像

石岡市税等収納嘱託員要綱

平成17年10月1日 訓令第47号

(平成23年4月1日施行)