○石岡市スポーツ振興奨励表彰及びスポーツ功労表彰の内申に関する要綱

平成17年10月1日

教育委員会訓令第12号

(趣旨)

第1条 この訓令は,石岡市スポーツ振興基金規則(平成17年石岡市規則第60号。以下「規則」という。)第3条第2項及び第4条第2項の内申に関し必要な事項を定めるものとする。

(対象事業等)

第2条 スポーツ振興奨励表彰及びスポーツ功労表彰の対象となる事業は,おおむね次のとおりとする。

(1) 全国大会,関東大会及びそれに相当する事業

(2) その他スポーツ振興の育成に寄与されたもので,必要と認めるもの

(平18教委訓令5・平22教委訓令4・一部改正)

(内申書の提出)

第3条 市内の社会体育関係団体の長及び学校体育関係団体の長は,規則第3条に規定するスポーツ振興奨励表彰の交付又は規則第4条に規定するスポーツ功労表彰の該当者があったときは,内申書(別記様式)を作成し,教育長に提出するものとする。

(平18教委訓令5・一部改正)

(審査会の設置)

第4条 教育長は,スポーツ振興奨励表彰又はスポーツ功労表彰の選考について,石岡市スポーツ振興奨励表彰等審査会(以下「審査会」という。)を置く。

2 教育長は,前条に規定する内申書の提出があったときは,必要な調査を行い,審査会に諮り,規則第3条第2項及び第4条第2項に規定する内申を行うものとする。

(平18教委訓令5・一部改正)

(審査会)

第5条 審査会の委員は,次に掲げる者をもって充てる。

(1) 教育部長

(2) 石岡市体育協会から選出された者

(3) 石岡市スポーツ推進委員協議会から選出された者

(4) 石岡市小学校体育連盟及び石岡市中学校体育連盟から選出された者

(平22教委訓令3・平28教委訓令1・一部改正)

(審査会の所管事務)

第6条 審査会は,必要な事項を調査審議し,教育長に報告する。

(会長及び副会長)

第7条 審査会に,会長及び副会長各1人を置く。

2 会長及び副会長は,委員の互選とする。

3 会長は,会務を総理し,会議の議長となる。

4 副会長は,会長を補佐し,会長に事故があるときは職務を代理する。

(審議会の議事)

第8条 審査会の議事の手続等は,会長が審査会に諮って定める。

(庶務)

第9条 審査会の庶務は,教育委員会事務局において処理する。

(その他)

第10条 この訓令に定めるもののほか,必要な事項は,教育長が別に定める。

附 則

この訓令は,平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成18年12月26日教委訓令第5号)

この訓令は,平成18年12月26日から施行する。

附 則(平成22年4月15日教委訓令第3号)

この訓令は,公布の日から施行し,平成22年4月1日から適用する。

附 則(平成22年12月16日教委訓令第4号)

この訓令は,公布の日から施行する。

附 則(平成28年4月20日教委訓令第1号)

この訓令は,公布の日から施行する。

画像

石岡市スポーツ振興奨励表彰及びスポーツ功労表彰の内申に関する要綱

平成17年10月1日 教育委員会訓令第12号

(平成28年4月20日施行)

体系情報
第6編 務/第4章 契約・財産
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会訓令第12号
平成18年12月26日 教育委員会訓令第5号
平成22年4月15日 教育委員会訓令第3号
平成22年12月16日 教育委員会訓令第4号
平成28年4月20日 教育委員会訓令第1号