○石岡市民会館事業基金取扱規則

平成17年10月1日

規則第61号

(趣旨)

第1条 石岡市民会館事業基金(以下「基金」という。)の出納,保管及び運用については,石岡市基金条例(平成17年石岡市条例第71号)の規定によるもののほか,この規則の定めるところによる。

(基金台帳)

第2条 市民会館長は,基金台帳(様式第1号)を備え,基金の異動状況を記録しておかなければならない。

(出納及び保管)

第3条 会計管理者は,基金に属する現金の出納及び保管を明らかにするため現金出納簿(様式第2号)を備えなければならない。

(平19規則11・一部改正)

(基金の利用状況を示す書類)

第4条 石岡市財務規則(平成17年石岡市規則第56号)第291条の規定による基金の運用状況は,市民会館運営基金運用状況調書(様式第3号)によって作成しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は,平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに,合併前の石岡市民会館基金取扱規則(昭和45年石岡市規則第21号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月16日規則第11号)

この規則は,平成19年4月1日から施行する。

画像

(平19規則11・一部改正)

画像

画像

石岡市民会館事業基金取扱規則

平成17年10月1日 規則第61号

(平成19年4月1日施行)