○石岡市教育委員会事務局事務決裁規程

平成17年10月1日

教育長訓令第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は,石岡市教育委員会事務局における事務の決裁に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。

(1) 専決 石岡市教育委員会教育長(以下「教育長」という。)の権限に属する事務を常時その者に代わり意思決定することをいう。

(2) 代決 教育長又は専決権者が不在のとき又は事故があるとき,若しくは欠けたときに一時的にそれらの者に代わり意思決定することをいう。

(教育長の職務代行者)

第3条 教育長に事故があるとき又は欠けたときは,教育部長がその職務を代行する。

(平22教育長訓令2・一部改正)

(教育部長及び課長の専決事項)

第4条 教育部長及び課長は,教育長の権限に属する事務のうち,別表に掲げる事務を専決する。

(平22教育長訓令2・一部改正)

(事務の代決)

第5条 教育長が不在のときは,教育部長がその事務を代決する。

2 教育長及び教育部長が不在のときは,主務課長が教育長の事務を代決する。

(平22教育長訓令2・一部改正)

(代決の制限等)

第6条 重要又は異例に属する事務については,前条の規定による代決をすることができない。ただし,あらかじめ処理の方針を支持されたもので特に急施を要するものについては,この限りでない。

2 代決者は,代決した事務のうち必要と認めるものについて,教育長の後閲を受けなければならない。

附 則

この訓令は,平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成22年4月1日教育長訓令第2号)

この訓令は,平成22年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

(平22教育長訓令2・一部改正)

1 教育部長の専決事項

(1) 職員の所属内部組織及び事務分担の決定

2 課長の専決事項

(1) 定例的な調査,報告及び進達

(2) 定例的な許認可,通知,照会及び回答

(3) 法令又は条例等に基づいて行う原簿による諸証明及び謄抄本の交付

(4) 職員(課長,中央公民館長及び所長を除く。)の管内旅行命令,時間外勤務命令,休日勤務命令,夜間勤務命令及び特殊勤務命令

(5) 職員(課長,中央公民館長及び所長を除く。)の週休日の振替,半日勤務時間の割り振り変更,休日の代休日の指定,年次休暇に係る時季変更及び夏季休暇の承認

(6) 職員(課長,中央公民館長及び所長を除く。)の復命

(7) 職員の服務に関する諸届の受理

(8) 保存文書その他の資料の閲覧許可(重要なものを除く。)

(9) 前各号のほか,所掌事務のうち,定例に属し,かつ,重要でない事項の処理

石岡市教育委員会事務局事務決裁規程

平成17年10月1日 教育委員会教育長訓令第2号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会教育長訓令第2号
平成22年4月1日 教育委員会教育長訓令第2号