○石岡市立小桜小学校児童通学バス運行に関する条例

平成17年10月1日

条例第79号

(趣旨)

第1条 この条例は,市立小桜小学校児童が通学に利用する石岡市立小桜小学校児童通学バス(以下「通学バス」という。)の運行を円滑に行うため,必要な事項を定めるものとする。

(運行日,区間及び回数)

第2条 通学バスの運行日は,石岡市立学校管理規則(平成17年石岡市教育委員会規則第20号)第3条第1項及び第2項の規定による学校休業日を除いた日とする。

2 通学バスの運行する区間は,市立小桜小学校から柴内地内を経由し,仏生寺273番地先を折返し,辻地内を経由し,青田地内に至る間9キロメートルとする。

3 通学バスの1日の運行回数は,登校時1回,下校時2回とする。

(運行自動車)

第3条 通学バスに使用する自動車は,乗車定員35人以上の中型バスとする。

(利用の条件)

第4条 通学バスを利用できる者は,次のとおりとする。

(1) 石岡市学齢児童生徒の就学すべき学校指定に関する規則(平成17年石岡市教育委員会規則第14号。以下この条において「規則」という。)第3条第1項の規定により,小桜小学校に就学が指定された者のうち,柴内,辻,菖蒲沢,小野越,仏生寺,小幡のうち中山区及び朝日(うち226番地から410番地までに限る。)地内に現住所を有するもの(規則第4条第2項の規定により,指定を変更された者を除く。)

(2) 規則第3条第1項の規定により,小桜小学校に就学が指定された者のうち,弓弦,青田及び朝日(うち411番地から446番地までに限る。)地内に現住所を有するもの(規則第4条第2項の規定により,指定を変更された者を除く。)

(平19条例20・一部改正)

(利用の届出)

第5条 通学バスを利用する児童の保護者(以下「利用保護者」という。)は,規則で定めるところにより,あらかじめ通学バスの利用に係る届出書を市長に提出しなければならない。

(利用保護者負担金)

第6条 利用保護者は,次の区分により市に利用保護者負担金を納付しなければならない。

負担区分

負担金額

第4条第1号に規定する者

1人につき 月額 2,000円

第4条第2号に規定する者

1人につき 月額 3,000円

(平19条例20・一部改正)

(減額措置)

第7条 市長は,相当の理由があると認めるときは,利用保護者負担金を減額することができる。

(運行業務の委託)

第8条 通学バスの運行については,その運行業務を民間事業者に委託して行う。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか,必要な事項は,教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は,平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに,合併前の八郷町立小桜小学校児童通学バス運行に関する条例(平成16年八郷町条例第1号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月16日条例第20号)

この条例は,平成19年4月1日から施行する。

石岡市立小桜小学校児童通学バス運行に関する条例

平成17年10月1日 条例第79号

(平成19年4月1日施行)