○石岡市立小桜小学校児童通学バス運行に関する条例施行規則

平成17年10月1日

教育委員会規則第31号

(趣旨)

第1条 この規則は,石岡市立小桜小学校児童通学バス運行に関する条例(平成17年石岡市条例第79号。以下「条例」という。)第9条の規定に基づき,石岡市立小桜小学校児童通学バス(以下「通学バス」という。)の運行管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用の届出)

第2条 条例第5条に規定する届出書は,児童通学バス利用届出書(様式第1号。以下「届出書」という。)とする。

2 前項の規定による届出書は,利用開始日前5日までに提出しなければならない。ただし,特別の事情があるときは,この限りでない。

3 利用保護者は,児童が通学バスを利用しなくなったときは,児童通学バス利用廃止届(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

4 前項の規定は,当該児童が小学校の課程を修了し,又は上級学年に進級したことにより通学バスを利用しなくなったときは,適用しない。

(利用の報告)

第3条 当該学校長は,毎月の児童通学バスの利用状況について,児童通学バス利用状況報告書(様式第3号。以下「利用状況報告書」という。)により,翌月5日までに市長に報告するものとする。ただし,特別の事情があるときは,この限りでない。

(負担金の納付)

第4条 条例第6条の規定により,利用保護者が市に納付する負担金は,石岡市財務規則(平成17年石岡市規則第56号)第30条第1項の規定による納入通知書(以下「納入通知書」という。)により通学バス利用月の翌月末日までに納付するものとする。

2 前項の規定による納入通知書は,前条の規定により学校長から報告のあった利用状況報告書に基づき負担金額を決定し,利用保護者に通知するものとする。

(減額措置)

第5条 条例第7条の規定により利用保護者負担金を減額することができるのは,次の各号のいずれかに該当する場合とし,減額する額は,条例第6条に規定する負担区分ごとの金額につき,それぞれ次の各号に掲げる額とする。

(1) 条例第4条第1号及び第2号に規定する児童の通学バス利用日が1月のうち1日以上10日未満の場合 半額

(2) 条例第4条第1号及び第2号に規定する児童の通学バス利用日が1月のうち全くなかった場合 全額

(3) 条例第4条第1号及び第2号に規定する児童の通学バス利用が月を単位として登校又は下校のみ利用する場合 半額

2 前項の規定による減額措置については,利用状況報告書により決定する。

(平19教委規則11・平27教委規則6・一部改正)

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は,平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに,合併前の八郷町立小桜小学校児童通学バス運行に関する条例施行規則(平成16年八郷町教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年4月12日教委規則第11号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成27年6月17日教委規則第6号)

この規則は,公布の日から施行し,改正後の石岡市立小桜小学校児童通学バス運行に関する条例施行規則の規定は,平成27年4月1日から適用する。

画像

画像

(平27教委規則6・全改)

画像

石岡市立小桜小学校児童通学バス運行に関する条例施行規則

平成17年10月1日 教育委員会規則第31号

(平成27年6月17日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会規則第31号
平成19年4月12日 教育委員会規則第11号
平成27年6月17日 教育委員会規則第6号