○石岡市公民館規則

平成17年10月1日

教育委員会規則第34号

(趣旨)

第1条 この規則は,石岡市公民館条例(平成17年石岡市条例第81号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(分館の設置)

第2条 条例第3条の規定により,石岡市中央公民館に分館を設置する。

2 前項に規定する分館の名称及び位置は,別表第1のとおりとする。

(館長及び分館長)

第3条 館長及び分館長は,上司の命を受け,館の事務をつかさどり,所属職員を指揮監督する。

(職員)

第4条 公民館に,前条に規定する職のほか,次の表の左欄に掲げる職のうち必要な職を置く。

職務

副館長

館長を補佐し,館の事務を整理し,館長に事故があるときは,その職務を代理する。

副分館長

分館長を補佐し,館の事務を整理し,分館長に事故があるときは,その職務を代理する。

係長

係員を指揮し,事務を処理する。

主任

上司を補佐し,分担事務を処理する。

主幹

係長の職務を補助し,分担事務を処理する。

主事

一般事務

主事補

一般事務の補助

用務手

公民館の管守及び清掃

2 前項の職にある者は,上司の命を受け,主として同項の右欄に掲げる職務を行うものとする。

(平20教委規則5・一部改正)

(事務分掌)

第5条 公民館の分掌事務は次のとおりとする。

(1) 公民館の運営及び広報に関すること。

(2) 公印の保管に関すること。

(3) 文書の収受,発送,整理及び保存に関すること。

(4) 予算,経理に関すること。

(5) 物品の購入及び出納保管に関すること。

(6) 施設,設備の維持,管理に関すること。

(7) 各種講座,学級等の開催に関すること。

(8) 地区公民館の管理及び連絡調整に関すること。

(9) 公民館運営審議会に関すること。

(10) 公民館施設の利用に関すること。

(11) その他公民館に関すること。

(平27教委規則2・追加)

(運営委員)

第6条 地区公民館に,第3条及び第4条に規定する職のほか,運営委員15人以内を置くことができる。

2 運営委員は,地区公民館の企画及び運営に当たる。

(平27教委規則2・旧第5条繰下・一部改正)

(使用時間)

第7条 公民館の使用時間は,次のとおりとする。ただし,館長及び分館長が必要とした場合は,これを変更することができる。

(1) 使用時間 午前9時から午後10時まで。

(平18教委規則5・一部改正,平27教委規則2・旧第6条繰下)

(休館日等)

第8条 公民館の休館日は,次のとおりとする。ただし,教育委員会が特に必要と認めるときは,臨時に休館日又は開館日を定めることができる。

(1) 毎週月曜日(定期休館日)

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(その日が月曜日に当たるときはその翌日も含む。)

(3) 12月28日から翌年1月4日まで(年末年始)

2 教育委員会は,前項ただし書の規定による臨時の休館日又は開館日を定めるに当たっては,あらかじめこれを公示しなければならない。

(平19教委規則1・全改,平27教委規則2・旧第7条繰下)

(施設,設備の使用)

第9条 公民館の施設若しくは設備(図書を除く。)を使用しようとする者は,その5日前までに公民館(分館)使用申請書(様式第1号)を教育委員会に提出し,その許可を受けなければならない。

2 前項の申請は,使用しようとする日の属する月の前月の1日から行うことができる。ただし,大講堂にあっては3箇月前の1日から行うことができる。

3 教育委員会は,第1項に規定する申請書を審査し支障がないと認めたときは,公民館(分館)使用許可書(様式第2号)を当該申請者に交付するものとする。

(平27教委規則2・旧第8条繰下)

(施設,設備のき損又は亡失の届出等)

第10条 公民館の施設若しくは設備の使用者が,当該施設又は設備を汚損し,き損し,若しくは亡失したときは,速やかにその旨を教育委員会に届け出なければならない。

(平27教委規則2・旧第9条繰下)

(審議会の組織)

第11条 石岡市公民館運営審議会(以下「審議会」という。)に委員長及び副委員長各1人を置く。

2 委員長及び副委員長は委員の互選による。

3 委員長は,審議会の会議(以下「会議」という。)の議長となり,会務を総括する。

4 副委員長は,委員長を補佐し,委員長に事故があるとき,又は欠けたときは,その職務を行う。

(平27教委規則2・旧第10条繰下)

(審議会の会議)

第12条 審議会の会議(以下「会議」という。)は,館長の諮問により,委員長が招集する。

2 会議は,在任委員の半数以上の出席がなければ会議を開くことができない。

3 会議の議事は,出席委員の過半数で決し,可否同数のときは議長の決するところによる。

4 館長は,会議に出席し,意見を述べることができる。

(平27教委規則2・旧第11条繰下)

(使用料の減免)

第13条 条例第11条の規定により,使用料を減額し,又は免除することができる場合は,次のとおりとする。

(1) 使用料を免除できる場合

社会教育関係団体,社会福祉関係団体,官公署及びこれらに類する団体がそのために使用するとき。

(2) 使用料を2分の1減額できる場合

前号に掲げる団体以外の団体が社会教育又は福祉に関する事業を行うために使用するとき。

2 前項の規定にかかわらず,教育委員会が特別の理由があると認めるときは,使用料を免除し,又は減額することができる。

(平18教委規則19・一部改正,平27教委規則2・旧第12条繰下)

(使用料の返還)

第14条 条例第12条の規定により,使用料を返還することができる場合は,次のとおりとする。

(1) 非常災害その他使用者の責めに帰することができない理由により,使用できなくなったとき。

(2) 使用開始前2日前までに使用の取消しを申し出たとき。

(3) 教育長がその他相当の理由があると認めたとき。

(平27教委規則2・旧第13条繰下)

(その他)

第15条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,教育長の承認を受けて中央公民館長が定める。

(平27教委規則2・旧第14条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この規則は,平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに,合併前の石岡市公民館の設置及び管理に関する条例施行規則(昭和55年石岡市教育委員会規則第2号)又は八郷町立公民館管理規則(昭和51年八郷町教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年1月19日教委規則第5号)

この規則は,平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年4月1日教委規則第15号)

この規則は,平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年5月18日教委規則第19号)

この規則は,平成18年6月1日から施行する。

附 則(平成19年2月22日教委規則第1号)

この規則は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月27日教委規則第5号)

この規則は,平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月18日教委規則第2号)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

名称

位置

備考

石岡市中央公民館東大橋分館

石岡市東大橋1623番地2

独立

〃       高浜分館

石岡市高浜794番地1

独立

(平20教委規則5・全改)

画像

(平20教委規則5・全改)

画像

石岡市公民館規則

平成17年10月1日 教育委員会規則第34号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育/第2節 社会教育施設
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会規則第34号
平成18年1月19日 教育委員会規則第5号
平成18年4月1日 教育委員会規則第15号
平成18年5月18日 教育委員会規則第19号
平成19年2月22日 教育委員会規則第1号
平成20年3月27日 教育委員会規則第5号
平成27年3月18日 教育委員会規則第2号