○常陸国衙跡調査指導委員会要綱

平成17年10月1日

教育委員会訓令第14号

(設置)

第1条 常陸国衙跡の発掘調査を円滑に行うため常陸国衙跡調査指導委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(任務)

第2条 委員会は,常陸国衙跡の発掘調査に関して,専門的分野から指導助言を行う。

(組織等)

第3条 委員会は,文化財保護審議会委員長及び学識経験者をもって組織する。

2 委員会に指導助言を受けるため,顧問を置くことができる。

(委嘱)

第4条 委員及び顧問は,教育委員会が委嘱する。

(任期)

第5条 委員の任期は,2年とし,再任は妨げない。

(委員長)

第6条 委員会に委員長を置き,委員の互選によって,これを定める。

2 委員長は,会務を総理し,委員会を代表する。

(会議)

第7条 委員会の会議は,委員長が招集し,委員長がその議長となる。

(庶務)

第8条 委員会の庶務は,教育長が総括し,教育委員会事務局において処理する。

(委任)

第9条 この訓令に定めるもののほか,運営に関し必要な事項は,委員会が別に定める。

附 則

この訓令は,平成17年10月1日から施行する。

常陸国衙跡調査指導委員会要綱

平成17年10月1日 教育委員会訓令第14号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第7編 育/第4章 文化財
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会訓令第14号