○石岡市農村資料館条例

平成17年10月1日

条例第95号

(設置)

第1条 郷土の特色を示す民俗文化財又は市の歴史の流れを裏付ける民俗資料等の収集,保存及び展示並びにその活用を図り,郷土の歴史と文化に対する市民の知識と理解を深め,もって文化の振興に資するため,石岡市農村資料館(以下「資料館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 資料館の名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

石岡市農村資料館

石岡市大増1519番地

(管理)

第3条 資料館は,教育委員会がこれを管理する。

(入館料)

第4条 資料館の入館料は,無料とする。

(職員)

第5条 資料館に館長その他必要な職員を置く。

2 前項の職員は,教育委員会がこれを任命する。

3 第1項の職員は,非常勤とすることができる。この場合において,その任期は,2年とする。

(資料館協議会)

第6条 資料館の適正な運営を図るため,石岡市農村資料館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

2 協議会の委員(以下「委員」という。)の定数は,6人以内とする。

3 委員は,学校教育及び社会教育の関係者並びに学識経験のある者の中から教育委員会が任命する。

(任期)

第7条 委員の任期は,2年とする。ただし,補欠により就任した委員の任期は,前任者の残任期間とする。

2 委員は,再任することができる。

(会長及び副会長)

第8条 協議会に会長及び副会長各1人を置く。

2 会長及び副会長は,委員の互選による。

3 会長は,協議会を代表し,会務を総括する。

4 副会長は,会長を補佐し,会長に事故があるとき,又は会長が欠けたときは,その職務を代理する。

(会議)

第9条 協議会の会議(以下「会議」という。)は,必要に応じて会長が招集し,会長は,会議の議長となる。

2 会議は,委員の過半数が出席しなければ,これを開くことができない。

3 会議の議事は,出席委員の過半数で決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は,教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は,平成17年10月1日から施行する。

石岡市農村資料館条例

平成17年10月1日 条例第95号

(平成17年10月1日施行)