○石岡市家庭相談員規則

平成17年10月1日

規則第89号

(設置)

第1条 石岡市福祉事務所(以下「福祉事務所」という。)の家庭児童福祉に関する相談指導業務を充実強化し,もって家庭における適正な児童養育その他家庭児童福祉の向上を図るため,福祉事務所に家庭相談員を置く。

(業務)

第2条 家庭相談員は,福祉事務所が行う家庭児童福祉に関する業務のうち,主として専門的技術を必要とする業務を行う。

2 家庭相談員は,査察指導を行う所員の指揮監督を受けその業務を行う。

(資格及び服務)

第3条 家庭相談員は,非常勤の職員とし,人格が円満で社会的信望があり健康で,家庭児童福祉の増進に熱意を持ち,児童心理学の学科又はこれに相当する課程を修めた者のうちから市長が任命する。

2 相談員は,原則として月13日勤務することとし,家庭児童相談が常時行われるような服務体制をとるものとする。

3 家庭相談員の任期は,1年ごとに更新することとする。ただし,再任は妨げない。

4 家庭相談員が,前項の要件を有しなくなったとき,又は次の各号のいずれかに該当する場合には解職するものとする。

(1) 勤務成績が特に悪いと認められるとき。

(2) 家庭児童相談制度が廃止されたとき。

(平19規則39・一部改正)

(報酬及び費用弁償)

第4条 家庭相談員の報酬及び費用弁償については,石岡市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成17年石岡市条例第49号)の定めるところによる。

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか,家庭相談員に関して必要な事項は,別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は,平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 施行日の前日において,合併前の石岡市家庭相談員規則(昭和44年石岡市規則第15号)の規定により家庭相談員に任命されている者は,第3条第1項の規定により委員に任命されたものとみなす。

附 則(平成19年3月27日規則第39号)

この規則は,平成19年4月1日から施行する。

石岡市家庭相談員規則

平成17年10月1日 規則第89号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童福祉
沿革情報
平成17年10月1日 規則第89号
平成19年3月27日 規則第39号