○石岡市高齢者等生活管理指導短期宿泊事業実施要綱

平成17年10月1日

告示第35号

(目的)

第1条 この告示は,基本的な生活習慣が欠如している等日常生活に困難が生じている在宅の高齢者等に対し,特別養護老人ホーム等(以下「実施施設」という。)への短期間の宿泊による体調の調整や生活習慣等の改善指導を行い,もって,当該高齢者等が健全な在宅生活を営めるよう支援することを目的とする。

(対象者)

第2条 この告示による高齢者等生活管理指導短期宿泊事業(以下「事業」という。)の対象者は,市内に居住し,かつ,本市の住民基本台帳に登録されている者で,介護保険法(平成9年法律第123号)第19条に規定する要介護又は要支援の認定を受けていない,次の各号のいずれかに該当する者とする。ただし,感染症を有し他の者に感染させるおそれがある者又は精神に障害がある者で介護が困難なものを除く。

(1) おおむね65歳以上の高齢者等で,基本的生活習慣が欠如し,又は対人関係が成立しない等,社会的適応が居宅において困難となったもの

(2) おおむね65歳以上の高齢者世帯の高齢者又はひとり暮らし高齢者で,体調不良により居宅における日常生活が一時的に困難となったもの

(平28告示147・一部改正)

(実施施設等)

第3条 この事業を実施する施設は,あらかじめ市長と事業について,委託契約を締結した施設とする。

2 この事業の利用期間は,原則として,年間20日以内とする。ただし,市長が特別の理由があると認める場合は,この限りでない。

(平20告示138・一部改正)

(利用の申請)

第4条 この事業を利用しようとする者は,高齢者等生活管理指導短期宿泊事業利用申請書(様式第1号)に所要事項を記載し,市長に提出しなければならない。

(利用の決定等)

第5条 市長は,前条に規定する申請があったときは,速やかにこれを審査し,利用承認の可否を決定し,高齢者等生活管理指導短期宿泊事業利用決定(却下・変更)通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

2 市長は,前項の規定により利用の決定をしたときは,高齢者等生活管理指導短期宿泊事業依頼書(様式第3号)により実施施設の長へ依頼するものとする。

(平18告示515・一部改正)

(利用の変更)

第6条 前条第1項の規定により利用の決定を受けた申請者(以下「利用者」という。)は,申請書の記載事項に変更が生じたときは,速やかに高齢者等生活管理指導短期宿泊事業利用変更申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

2 前条の規定は,前項の規定による変更の申請について準用する。この場合において,前条第1項中「前条に」とあるのは,「次条に」と,「利用承認の」とあるのは,「利用変更の」と読み替え,同条第2項中「利用の」とあるのは「変更の」と読み替えるものとする。

(平18告示515・追加)

(利用の解除)

第7条 利用者は,利用の期間中において,利用の事由が消滅したときは,速やかに市長に申し出なければならない。

2 市長は,前項の申出により利用の解除を決定したときは,利用者の引き取り期日を定め,利用者及び実施施設の長に通知するものとする。

3 市長は,実施施設の長の申請により,利用の期間中に利用者の容体の変化又は利用者の起因による施設の運営上の支障が生じたときは,速やかに,実施施設の長と協議し,利用を解除できるものとする。

(平18告示515・旧第6条繰下・一部改正)

(利用料)

第8条 市長は,実施施設に利用者に要する経費のうち,基本利用料及び送迎料を支弁するものとする。

2 前項に定める経費のうち,基本利用料及び送迎料は,別表の利用料により算定した金額とする。

3 実施施設は,前項の経費のうち,基本利用料及び送迎料を各月ごとに集計し,翌月10日までに高齢者等生活管理指導短期宿泊事業利用料請求書(様式第5号)により市長に請求するものとする。

(平18告示515・旧第7条繰下・一部改正,平20告示138・一部改正)

(利用者負担)

第9条 利用者は,別表の利用者負担金を負担するものとし,市長が発行する納入通知書により納入するものとする。ただし,実施施設が市との委託契約に基づき利用者負担金を徴収する場合は,この限りでない。

2 利用者は,前項の利用者負担金のほか,食費,居住費等の実費を実施施設に支払うものとする。

(平18告示515・旧第8条繰下,平20告示138・一部改正)

(利用者負担の減免)

第10条 市長は,利用者が次の各号のいずれかに該当する場合は,前条に規定する費用を減額し,又は免除することができる。

(1) 生活保護世帯である者

(2) 過去1年以内に震災,風水害,火災その他の災害を受けた者

(3) その他市長が特別の理由があると認める者

2 前項に規定する費用の減額又は免除を受けようとする利用者は,高齢者等生活管理指導短期宿泊事業利用者負担額減免申請書(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

3 市長は,前項の申請があったときは,減免の適否を決定し,高齢者等生活管理指導短期宿泊事業利用者負担額減免決定(却下)通知書(様式第7号)により利用者に通知するものとする。

(平18告示515・旧第9条繰下・一部改正)

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

(平18告示515・旧第10条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この告示は,平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに,合併前の石岡市高齢者等生活管理指導短期宿泊事業実施要綱(平成12年石岡市告示第248号)又は八郷町生活管理指導短期宿泊事業実施要項(平成4年八郷町告示第75号)の規定によりなされた処分,手続,その他行為は,それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月31日告示第212号)

この告示は,公布の日から施行する。

附 則(平成18年10月27日告示第515号)

1 この告示は,公布の日から施行する。

2 この告示による改正後の石岡市高齢者等生活管理指導短期宿泊事業実施要綱の規定は,施行の日(以下「施行日」という。)以後の利用について適用し,施行日前の利用については,なお従前の例による。

附 則(平成20年3月31日告示第138号)

この告示は,平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月30日告示第147号)

この告示は,平成28年4月1日から施行する。

別表(第8条,第9条関係)

(平20告示138・全改)

1日当たりの利用料

利用者負担金

基本利用料

6,570円

657円

送迎料(片道)

1,840円

184円

(平20告示138・一部改正)

画像

(平18告示515・全改,平20告示138・一部改正)

画像

(平18告示515・全改,平20告示138・一部改正)

画像

(平18告示515・全改)

画像

(平18告示515・全改,平20告示138・一部改正)

画像

(平18告示515・全改)

画像

(平18告示515・追加)

画像

石岡市高齢者等生活管理指導短期宿泊事業実施要綱

平成17年10月1日 告示第35号

(平成28年4月1日施行)