○石岡市難病患者福祉見舞金支給要綱

平成17年10月1日

告示第71号

(目的)

第1条 この告示は,難病にり患した者(以下「難病患者」という。)に対し,難病患者福祉見舞金(以下「見舞金」という。)を支給することにより,難病患者とその家族の福祉の増進を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において「難病患者」とは,難病の患者に対する医療等に関する法律(平成26年法律第50号)第5条第1項における指定難病にり患し,かつ,継続して治療を要する者をいう。

2 この告示において「保護者」とは,難病患者の親権者,後見人その他の者で当該難病患者を現に監督保護又は介護しているものをいう。

(平22告示47・平27告示322・一部改正)

(受給資格)

第3条 見舞金の支給を受けることができる者(以下「受給資格者」という。)は,次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 毎年10月1日現在において,市内に住所を有する者

(2) 難病患者に該当する者

(平25告示314・全改)

(見舞金の額)

第4条 見舞金の額は,難病患者1人につき,年額3万円とする。

(支給時期)

第5条 見舞金の支給時期は,毎年1月からとする。

(平22告示47・平25告示314・一部改正)

(申請)

第6条 見舞金の支給を受けようとする者は,毎年10月1日から翌年3月31日までに難病患者福祉見舞金支給認定申請書(様式第1号)に,次に掲げる書類を添えて,市長に提出しなければならない。

(1) 指定難病特定医療費受給者証(写し)又は当該疾病について継続して治療を要することを証する医師の診断書

(2) 申請者が保護者のときは,保護者であることを証明できるもの

(3) その他市長が必要と認める書類

(平22告示47・平25告示314・平27告示322・一部改正)

(認定及び通知)

第7条 市長は,前条の申請があったときは,内容を審査し,難病患者福祉見舞金支給認定(却下)通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(平22告示47・一部改正)

(届出の義務)

第8条 認定を受けた受給資格者又は同居の保護者は,次に掲げる事項について変更があったときは,難病患者福祉見舞金受給資格等内容変更(消滅)(様式第3号)を速やかに届け出なければならない。

(1) 受給資格に関する事項

(2) 住所

(3) 氏名

(4) 支払希望金融機関名等

(見舞金の返還)

第9条 市長は,偽りその他不正の行為により見舞金を受けたときは,見舞金の全部又は一部を返還させることができる。

(平22告示47・旧第10条繰上)

(その他)

第10条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

(平22告示47・旧第11条繰上)

附 則

(施行期日)

1 この告示は,平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに,合併前の石岡市難病患者福祉見舞金支給要綱(平成11年石岡市告示第67号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成22年3月2日告示第47号)

この告示は,公布の日から施行する。

附 則(平成25年6月13日告示第314号)

この告示は,公布の日から施行する。

附 則(平成27年9月15日告示第322号)

この告示は,平成27年10月1日から施行する。

(平25告示314・全改,平27告示322・一部改正)

画像

(平22告示47・全改)

画像

画像

石岡市難病患者福祉見舞金支給要綱

平成17年10月1日 告示第71号

(平成27年10月1日施行)