○石岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例

平成17年10月1日

条例第121号

(趣旨)

第1条 この条例は,廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「法」という。)及び浄化槽法(昭和58年法律第43号)その他別に定めのあるもののほか,石岡市における一般廃棄物等の収集,運搬及び処分等並びに浄化槽清掃業に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例における用語の意義は,法及び浄化槽法の例による。

(一般廃棄物処理計画の告示)

第3条 市が,法第6条第1項の規定により定める一般廃棄物の処理計画は,市長が,区域,種類並びに収集及び処分の方法を定めて告示する。

(市民の協力義務)

第4条 前条に規定する区域内の土地又は建物の占有者(占有者がいない場合は管理者とする。)は,その占有し,又は管理する土地若しくは建物の清潔保持に努めるとともに,生活環境の保全上支障のない方法で処分できる一般廃棄物は,自ら処分するよう努めなければならない。

2 前項の処分の基準は,法第6条の2第2項の規定に準じて処理しなければならない。

3 自ら処分することが困難な一般廃棄物については,市が定める計画に従い,可燃物,不燃物等を別々に区分し,所定の場所に集めるなど,市長の指示する方法に従わなければならない。

(資源物の所有権)

第5条 前条第3項の規定により,所定の場所に排出された資源物の所有権は,市に帰属する。

2 市又は市長が指定する事業者以外の者は,当該資源物を収集し,又は運搬してはならない。

(多量排出の範囲)

第6条 法第6条の2第5項の規定により,運搬すべき場所及び方法等を指示することができる多量の廃棄物の範囲は,1日平均排出量20キログラム以上とする。

2 市長は,一般廃棄物について,事業者に自らの責任において処理させることが必要と認めた場合は,前項の規定にかかわらず事業者に自ら処分をさせることができる。

(手数料)

第7条 市が徴収する一般廃棄物の収集,運搬及び処理手数料(以下「手数料」という。)は,次の各号に掲げる区分に応じ,当該各号に定める額とする。

(1) し尿収集及び犬,猫の死体処理 別表第1に掲げる額

(2) 市が戸別訪問収集する生活系粗大ごみ 別表第2に掲げる額

(3) 市が戸別訪問収集する特定家庭用機器再商品化法(平成10年法律第97号)に定める特定家庭用機器廃棄物 別表第3に掲げる額

2 前項第1号に規定するし尿収集の手数料の基礎となる数量及び人員は,市長の認定するところによる。

(一般廃棄物処理業の許可)

第8条 法第7条第1項及び第6項の規定による一般廃棄物処理業の許可を受けようとする者又は法第7条の2第1項の規定による一般廃棄物処理業の事業の範囲の変更の許可を受けようとする者は,別に定める申請書を市長に提出しなければならない。

2 前項の許可を受けようとする者は,処理場及び車庫等の施設並びに収集用運搬器機その他について,市長の検査を受けなければならない。

3 市長は,一般廃棄物の収集及び運搬の業務を廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令(昭和46年政令第300号)第4条第1号から第4号までに規定する基準に基づき,取扱業者に委託することができる。

(平25条例45・一部改正)

(浄化槽清掃業の許可)

第9条 浄化槽法第35条第1項の規定により浄化槽清掃業の許可を受けようとする者は,別に定める申請書を市長に提出しなければならない。

(許可証の交付)

第10条 市長は,第8条第1項又は前条の許可をしたときは,当該申請者に許可証を交付する。

2 許可の有効期間は2年とし,4月1日から翌々年の3月31日までとする。ただし,年の中途で許可をする場合は,2年間の有効期間の範囲内で市長が定める期間とする。

3 前項の期間満了後引き続き一般廃棄物処理業又は浄化槽清掃業を営もうとする者は,当該期間満了の前に許可の更新の手続を行わなければならない。

4 第8条第1項又は前条の許可を受けた者(以下「許可業者」という。)は,第1項の許可証を亡失し,又はき損したときは,その再交付を受けなければならない。

(許可申請手数料)

第11条 前条に規定する許可又は許可証の再交付を受けようとする者は,次に定める額の手数料を市長に納入しなければならない。

(1) 法第7条第1項及び第6項の規定による一般廃棄物処理業の許可申請又は法第7条の2第1項の規定による一般廃棄物処理業の事業の範囲の変更の許可申請 3,000円

(2) 浄化槽法第35条第1項の規定による浄化槽清掃業の許可申請 3,000円

(3) 前条第4項の規定による許可証の再交付申請 1,500円

(平25条例45・一部改正)

(報告)

第12条 許可業者は,別に定めるところにより,一般廃棄物の収集,運搬若しくは処分又は浄化槽の清掃に関し,市長に必要な事項を報告しなければならない。

(手数料及び費用の減免)

第13条 市長は,天災その他やむを得ない事情があると認める者に対しては,第7条及び第11条の規定による手数料及び費用の減免をすることができる。

(委任)

第14条 この条例に定めるもののほか,この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は,平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに,合併前の石岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例(昭和48年石岡市条例第28号),石岡市浄化槽法施行細則(平成元年石岡市訓令第10号)又は八郷町廃棄物の処理及び清掃に関する規則(昭和52年八郷町規則第29号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成25年9月11日条例第45号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成25年12月18日条例第65号)

この条例は,平成26年4月1日から施行する。

別表第1(第7条関係)

(平25条例65・全改)

1 石岡地区料金表

(単位:円)

種別

区分

単位

金額

し尿収集

定額制料金(一般家庭)

普通便槽

基本料金

1回につき

1便槽

130

人数割額

1月につき

1人

220

特殊便槽(無臭簡易水洗式クリーン便槽等)

基本料金

1回につき

1便槽

130

人数割額

1月につき

1人

220

特別加算料金

1月につき

1人~5人

520

6人以上

620

従量制料金

一般家庭以外で,旅館,病院,工場,事業所等不特定多数の人が出入りするものその他定額料金の算定基準によることが実状に添わないと市長が認めるもの

18l

130

困難地区特別加算料金

1家庭

180

犬及び猫の死体処理

1体

570

備考

1 この料金表は,石岡地区(平成17年9月30日現在の石岡市の区域をいう。)から排出される一般廃棄物について適用する。

2 1月のうち2回目からの基本料金については,1律300円とする。

3 「従量制料金」については,18lに満たない場合は,18lの料金とする。

4 「困難地区特別加算料金」とは,し尿収集車が40mのホースを超えてし尿を収集する場合における加算料金とする。

2 八郷地区料金表

(単位:円)

種別

区分

単位

金額

し尿収集

基本料金

100l以下

1,540

100lを超えた分

10l当たり

100

犬及び猫の死体処理

1体

570

備考 この料金表は,八郷地区(平成17年9月30日現在の八郷町の区域をいう。)から排出される一般廃棄物について適用する。

別表第2(第7条関係)

(平25条例65・全改)

生活系粗大ごみ戸別訪問収集運搬処理手数料

(単位:円)

収集品目

金額

生活系粗大ごみ

1点につき 大 1,020

1点につき 中 510

1点につき 小 300

備考 大,中,小の分類については,別に定める。

別表第3(第7条関係)

(平25条例65・全改)

特定家庭用機器廃棄物戸別訪問収集運搬手数料

(単位:円)

収集品目

金額

特定家庭用機器廃棄物

1点につき 1,540

石岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例

平成17年10月1日 条例第121号

(平成26年4月1日施行)