○石岡市証紙条例施行規則

平成17年10月1日

規則第109号

(趣旨)

第1条 この規則は,石岡市証紙条例(平成17年石岡市条例第122号。以下「条例」という。)第8条の規定に基づき,証紙の取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。

(証紙の形式)

第2条 条例第3条に規定する証紙の形式は,様式第1号のとおりとする。

(売りさばき人の指定申請)

第3条 条例第5条第1項の規定により売りさばき人の指定を受けようとする者は,売りさばき人指定申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

(売りさばき人の指定)

第4条 市長は,売りさばき人を指定しようとするときは,当該申請書に基づき審査を行うものとし,売りさばき人を指定したときは,収入証紙売りさばき人証(様式第3号。以下「売りさばき人証」という。)を交付するものとする。

(売りさばき所等の変更)

第5条 売りさばき人は,売りさばき所を変更しようとするときは,あらかじめ売りさばき所変更申請書(様式第4号)により売りさばき人証を添えて市長に提出しなければならない。

2 売りさばき人は,住所又は氏名(法人にあっては名称又は代表者の氏名)を変更したときは,速やかに住所又は氏名変更届(様式第4号)に売りさばき人証を添えて市長に提出しなければならない。

(売りさばきの廃止)

第6条 売りさばき人が証紙の売りさばきをやめようとするときは,やめようとする日の30日前までに売りさばき廃止届(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

2 売りさばき人は,前項の規定により売りさばきをやめたときは,直ちに売りさばき人証を市長に返還しなければならない。

(売りさばき人の継続)

第7条 売りさばき人が死亡したときは,売りさばき人指定申請書に届出者として記載された者は,直ちに売りさばき人死亡届(様式第6号)に売りさばき人証を添えて市長に提出しなければならない。

2 売りさばき人が死亡した場合において,当該売りさばき人の相続人であって,当該売りさばきを継続して行おうとする者は,売りさばき継続申請書(様式第7号)を市長に提出し,その承認を受けなければならない。

3 第4条の規定は,前項の承認の場合に準用する。

(指定の取消し)

第8条 市長は,売りさばき人が不適当であると認めるときは,その指定を取り消すことができる。

2 前項の規定により,指定を取り消された者は,速やかに売りさばき人証を市長に返還しなければならない。

(標識)

第9条 売りさばき人は,売りさばき所に様式第8号に定める標識を掲げておかなければならない。

(証紙の調整)

第10条 証紙を調整するときは,会計管理者が指定する職員(以下「職員」という。)2人を立合わせなければならない。

2 職員は,印刷の開始から終了まで原版及び印刷済の証紙の盗難その他の事故がないようにしなければならない。

(平19規則10・一部改正)

(原版の回収及び調製報告)

第11条 職員は,証紙の印刷が終了したときは遅滞なく証紙の原版を回収し,かつ,証紙調製報告書(様式第9号)により印刷した証紙とともに会計管理者に提出しなければならない。

2 会計管理者は,前項の規定による報告を受けたときは,証紙を照査し,証紙の原版及び証紙を保管するものとする。

(平19規則10・一部改正)

(証紙の出納)

第12条 会計管理者は,証紙出納簿(様式第10号)を備え,引渡しを受けた証紙を種類別に整理し記録しておかなければならない。

(平19規則10・一部改正)

(本市の証紙発売所)

第13条 条例第5条の規定により,本市は,次の定めるところ(以下「発売所」という。)において証紙を発売する。

(証紙の請求及び受付)

第14条 前条に規定する発売所で証紙を発売する出納員(以下「発売人」という。)が証紙の交付を受けようとするときは,収入証紙交付請求書(様式第11号)を会計管理者に提出して交付を受けなければならない。

(平19規則10・一部改正)

(発売人の備付帳簿)

第15条 発売人は,保管中の証紙の受払出納簿(様式第12号)を備えておかなければならない。

(証紙の返納)

第16条 発売人は,証紙のうちき損又は汚染等のため使用できないと認めるものが生じたときは,証紙返納書(様式第13号)により会計管理者に返納しなければならない。

(平19規則10・一部改正)

(検査)

第17条 会計管理者は,必要があると認めるときは,発売人の保管する証紙及び帳簿を検査することができる。

(平19規則10・一部改正)

(売りさばき手数料)

第18条 条例第5条第1項に規定する売りさばき人に対する証紙売りさばき手数料及び消費税は,証紙購入総額の100分の8.40とする。

2 前項に規定する証紙売りさばき手数料及び消費税は,証紙購入のときに支給する。

(焼却処分)

第19条 会計管理者は,保管中の証紙で使用できないと認めるものがあるときは,焼却処分することができる。

(平19規則10・一部改正)

(証紙のはり付け)

第20条 証紙は,し尿くみ取り報告伝票(様式第14号)にはり付けて使用しなければならない。

(証紙の検印)

第21条 証紙主管の課長は,証紙をはり付けたし尿くみ取り報告伝票の提出を受けたときは,そのつど検印(様式第15号)を押して処理しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は,平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに,合併前の石岡市証紙条例施行規則(昭和49年石岡市規則第2号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月16日規則第10号)

この規則は,平成19年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

(平19規則10・一部改正)

画像

画像

(平19規則10・一部改正)

画像

画像画像

(平19規則10・一部改正)

画像

画像画像画像

画像

石岡市証紙条例施行規則

平成17年10月1日 規則第109号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成17年10月1日 規則第109号
平成19年3月16日 規則第10号