○石岡市養鶏施設等の設置に伴う生活環境保全に関する要綱

平成17年10月1日

告示第81号

(目的)

第1条 この告示は,本市において養鶏施設,豚房施設又は牛房施設(以下「養鶏等施設」という。)を設置する事業者(以下「設置事業者」という。)が当該施設を設置する際に,周辺の生活環境に及ぼす影響を最小限にするため,設置事業者と市が相互に協力し,良好な生活環境を保全することを目的とする。

(対象施設)

第2条 この告示の対象となる養鶏等施設(以下「対象施設」という。)は,次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 養鶏施設であって,総飼養羽数が100,000羽以上のもの

(2) 豚房施設であって,総飼養頭数が7,000頭以上のもの

(3) 牛房施設であって,総飼養頭数が500頭以上のもの

2 前項の規定にかかわらず,次の各号のいずれかに該当する場合は,対象施設とする。

(1) 新設する養鶏等施設と既存の養鶏等施設が実質的に一体とみなされ,これらの施設の総飼養羽数又は総飼養頭数が前項各号のいずれかに該当することとなるとき。

(2) 既存の養鶏等施設において,生活環境の保全に関し被害又は苦情が発生したとき。

(協定書の締結)

第3条 市長は,設置事業者が対象施設を設置しようとすることが判明したとき,又は既存施設が対象施設となったときは,設置事業者に生活環境保全に係る協定書の締結を申し入れるものとする。

2 前項の協定書は,別記様式のとおりとする。

3 市長は,設置事業者が本市以外の自治体に養鶏等施設を設置しようとしている又は設置している場合において,本市以外の自治体と共同し,設置事業者と協定書を締結することができる。

(担当)

第4条 この告示に係る事務は,生活環境部生活環境課が担当する。ただし,前条の協定書の締結及び運用については,経済部農政課と連携し,処理するものとする。

(平24告示157・一部改正)

附 則

(施行期日)

1 この告示は,平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに,合併前の石岡市養鶏施設等の設置に伴う生活環境保全に関する要綱(平成16年石岡市告示第58号)の規定により締結された協定書は,この告示の規定により締結された協定書とみなす。

附 則(平成24年4月20日告示第157号)

この告示は,公布の日から施行する。

画像画像

石岡市養鶏施設等の設置に伴う生活環境保全に関する要綱

平成17年10月1日 告示第81号

(平成24年4月20日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成17年10月1日 告示第81号
平成24年4月20日 告示第157号